FUKUTEN blog

介護や福祉の仕事は楽しくてやりがいがあるものです!実体験に基づく記事にしています。

MENU

【例文つき】転職理由に「やりがい」を求めた時|志望動機3つの書き方

この記事では、転職理由として「やりがい」を焦点として志望動機を書く際の注意点を詳しく解説しています。「やりがい」をPRすることはあまり効果が高いわけではありません。求める「やりがい」と職場の方針がずれている場合は、ミスマッチングの可能性も出…

【例文つき】転職理由が「成長したい!」志望動機の3つの書き方

この記事では、転職において志望動機として成長意欲をどのようにPRするかについて、例文を踏まえて詳しく解説しています。成長意欲をPRすることは、伝え方によってメリットにもデメリットにもなり得るため、能力が不足していると意識高い系と見られる可能性…

介護職は送迎業務がきつい:5つの視点から解説

この記事では、介護職や福祉職として施設や事業所で働く際に、基本的に送迎業務が発生し、これが業務負担として感じられることについて、経験から5つの視点で解説しています。

介護・福祉職で「正社員」はきつい?【経験から3つあり】

この記事では、介護・福祉業界の「正社員がきつい」というイメージについて、経験から3つのポイントを説明しています。基本的に正社員は立場上恵まれていると判断できますが、職場によっては責任が重いことも多く、職場選びが重要な視点となります。

介護職の「仕事探し」:ポイントは【介護度】にあり

この記事では、介護の仕事の転職活動について、「介護度」に着目し詳しく解説しています。介護や福祉の仕事をする際には「職場環境の働きやすさ」という視点も重要ですが、「介護度」に焦点を当てることで仕事のしやすさも感じやすくなります。

【介護の仕事】「資格なし」でもおすすめの転職先は?【経験談】

この記事では、介護福祉系の資格がなくても転職がおすすめな場所について、経験をもとに詳しく説明しています。考え方には個人差がありますが、基本的には介護度が低い施設が無資格の方にとって働く上でおすすめです。

介護事務は未経験は難しい?転職条件に選ぶポイント【2選】

この記事では、介護事務を目指す方に焦点を当てています。介護事務員としての職務には未経験者にとって難しいイメージがありますが、職場により異なるため、選び方に注意すれば未経験の方でも十分に活躍できる職種でもあります。

介護事務の仕事は楽しい?資格は転職にも役立つ?【将来性あり】

この記事では、介護福祉業界で必要な職種の一つである「介護事務員」について、その仕事や楽しさ、やりがい、将来性などについて詳しく解説しています。現場感覚から見ると、今後も介護事務員はAIなどの技術が進歩しても「残る職業」として将来性があると考…

介護職場での楽な仕事と職場の見つけ方【3選】

この記事では、介護・福祉業界がきつい仕事とイメージされている部分に焦点を当て、楽な仕事や職場の選び方を詳しく解説しています。職場の選び方さえ気をつければ、楽な仕事も存在します。ポイントを押さえて、理想とする楽な仕事を見つけましょう。

【必見】介護の管理職の求人の選び方|仕事と年収はどのくらい?

この記事では、一般的に割に合わないとイメージされる介護の管理職に焦点を当て、仕事の実態や年収などに詳しく解説しています。管理職の厳しさは職場によって大きく異なりますが、働きやすい職場に勤めることで、管理者としての労働環境も向上する可能性が…

介護や福祉の職場で円満退職するための2つのポイント

この記事では、介護職・福祉職の方が次のステップを気持ちよく目指すため、「円満退職をするための2つの重要なポイント」を解説します。「引き止め交渉まで発展させない」ことが重要です。気持ち良い転職活動のために、円満退職を成功させましょう。

【将来性あり】就労継続支援事業A型・B型で就労支援員として働く

この記事では、就労継続支援事業のA型やB型で働く就労支援員などの職員に焦点を当て、その将来性や仕事が「きつい」とされる部分について詳しく解説しています。障害福祉の中でも注目されている事業の一つであり、特に経営感覚がある方にはおすすめです。

【例文つき】障害者福祉施設の志望動機の書き方!5つのポイント!

介護・福祉業界、特に障害福祉分野での転職や就職を考える方に向けて、障害者福祉施設の志望動機の書き方について例文つきで解説します。5つのポイントを通じて、具体的な例文を交えながら、志望動機を明確かつ魅力的に表現する方法を提供します。ポイントに…

職業指導員/就労支援員とは?『働く』を目指す人をサポートする仕事

この記事では、障害者の就労を支援する仕事の職種として、就労支援員と職業指導員に焦点を当て、詳しく解説しています。障害福祉において就労は重要なテーマとなり、将来性は抜群ですが、時には職場の方針と合わないときにはきついと感じることもあるでしょ…

障がい者支援施設での仕事はきつい?実体験から考察

この記事では、実体験に基づいて障害者支援施設で働くことが「きついか?」について解説しています。「脱施設化」の動きもある中で、障害者支援施設は今後も必要な存在であることは変わりません。ただし、経験によって職場ごとに大きく異なることがあります。