福祉の仕事で転職に成功し年収アップを確実にする方法

介護や福祉の仕事は楽しくてやりがいがあるものです!

【今すぐ】『理想の職場』を見つけたい方へ

20代転職の強みは?未経験でもいい?介護・福祉職の実情

介護職・福祉職は20代での転職は未経験でも通用します。

「20代のうちに転職したい!」

「介護・福祉業界に興味があるけど、未経験でも大丈夫?」

20代の方は求人が無数にあります。

無数にありますが、ただ単に「何も選ぶ基準を持たず」「感情だけ」で決めてしまうことは、衝動買いと同じで後から後悔することにもなりかねません。

仕事選びにおいては、アルバイトならまだしも、正社員を目指すのであれば「キャリア形成」と考えましょう!

転職に成功することは、20代は「待遇改善を目標にしがち」ですが、ただ単に年収だけをアップするのではなく、自分のキャリアや自分の価値を上げられるような転職先選びが成功のポイントです。

今回は20代の転職についてお伝えしたいと思います。

今回のテーマには下記の記事もオススメです♪
こんな方にオススメ♪

・20代で転職をお考えの方へ

・介護・福祉業界への転職をお考えの方へ

 

結論
・10年後・20年後の将来「どうなっていたいか?」を基準に考えよう!

介護・福祉職の20代転職は「未経験」でも大丈夫

20代の一番の価値は「若さ」です。

職場から見たら、教育投資するための一番の対象になります。

ですので、未経験・無資格でも全く問題ありません。

職場で行う業務における指導は「投資」です。

時間も費用もかかります。

そのため職場側も、「誰を重点的に育てるか?」選ばなくてはなりません。

その対象者が、短期間で退職してしまうと大損です。

20代は「長く勤めて欲しい」気持ちも含めて、教育投資されやすいのです。

そのため、良い職場に出会うと「キャリアを伸ばしやすい」といえます。

多くの分野・業界からすると、20代は若いだけで価値があります。

「転職しよう!」と行動することに関しては、それほど難しさはないと思います。

 

介護・福祉業界の実情としても、20代転職は難しくはなく、たとえ未経験でも「今後に期待できる」ことで内定・採用に至るケースはたくさんあります。

ですので、20代の転職については、「選べる」という認識でよろしいかと思います。

転職についての注意点20代の転職については、たくさんのチャンスがあります。

介護・福祉職の20代転職は「キャリア」をつくるために超重要

たくさんのチャンスはありますが、以下には気をつけましょう。

「転職先が納得いかなかったら辞めたらいい」そのような考えは抱かない方がよろしいかと思います。

「たくさんのチャンスがあるから大丈夫!」と油断しないほうがよろしいです。

20代はキャリアを築くための年齢です。

そのため頻繁に職場を変えるという状況になれば、後々苦労するということになりかねません。

20代で転職先を短期間でどんどん変えてしまうことになると、せっかくの若い価値が薄れていきます。

20代での転職は、今後の長い社会人人生を過ごしていくための重要な基礎となります。

例えば「介護業界で言えば、自発的に仕事ができる現場の技術を身につけること」が一つの目標にもなります。

30代に入っていくと出世をし、キャリアアップすることが視野に入ってきます。

そうなってくると業務指導する立場になりえます。

 

20代で転職をすることは全く問題ありませんが、最も重要なことは、「将来的に長く勤めることができるホワイトな職場」をみつけることです。

よく調べもせずにブラックな職場に勤めてしまうと、20代で転職を繰り返すことにもなりかねません。

そのようになると、デメリットの方が多くなってきます。

「信頼できない人材として評価されやすい」のです。

・組織に貢献するという社会人的な考え方が育っていない?

・継続することが難しい人材である?

そのように思われてしまうと、20代といえども、採用のリスクが高いと言わざるを得ません。

20代だからこそ、しっかりとした転職先の選び方は重要だと思います。

 

また、正社員として希望しているのであれば、アルバイト感覚の考え方は控えましょう。 正社員の感覚とは、「組織にどれだけ還元できるか?貢献できるか?」そのような考え方になります。

つまり、アルバイト感覚では「自分を主体とした考え方で良い」のですが、正社員を目指すとなると「組織を主体とした感覚」は必要なのです。

これを理解しているかどうかで、20代の転職は全く違います。

介護・福祉職の20代転職はポイントは「組織への貢献」を基準にする

具体的に、「組織への貢献」は「利益」を指します。

介護・福祉業界で言えば、利益は必ずしもお金に換算できるものではありません。

そのため数字で表しにくいところはありますが、組織の発展のためにアイデアを出し積極的にリーダーシップを発揮するそのような取り組みが、組織へ貢献している人材として 評価されやすいと思います。

もう少し言い換えると、「自分が経営者であればどう行動するか?」ということです。

 

経営者は、自分で好きな判断ができますが、全ての責任を取らなければなりません。

正社員だからといって、自分で好きな判断や全責任を取らなければいけないということではありませんが、そういう気概で勤務姿勢を保てるかどうかです。

明らかに組織がピンチの時に、それを挽回しようと率先して行動することは、経営者の仕事だけではありません。

正社員の人たちも同様なのです。

アルバイトやパートの職員にはそこまで求められません。

20代転職の方の採用面接のポイント

採用面接官に、「組織を第一に考え働いてくれる!」と印象を持ってもらえれば教育投資がしやすいと考えてもらっていいです。

介護・福祉業界に関しては、若い人材を積極的に採用したい気持ちがあります。

伸びる人材は多少のリスクがあっても、獲得したいという気持ちがあります。

介護・福祉の業界では、「実務経験」というものがあり、「働いて経験した期間」を条件に様々な資格を取得することができます。

 

事業所の運営に必要な資格であれば、当然事業所が負担してくれますが高額なものも多く、「信頼ある人材」を職場はつくりたいのです。

ですので、採用の時点で「信頼されること」はスタートラインで大きく差ができます。

 

20代の転職となれば正直、新卒の職員とさほど変わりません。

大きく違うところは、キャリアがあるかどうかです。

20代と言えばキャリアはまだまだ浅いです。

浅いですが、「そのキャリアをしっかりと PR 」しましょう。

どういう仕事をやってきたか?どういうことを任せられたのか?

その中でどういったことを意識して達成してきたか? こんなことをアピールされたらいいと思います。

まとめ:20代転職の強みは?未経験でもいい?介護・福祉職の実情

20代で築いてこられたことが、30代・40代そして定年までの社会人人生の基礎になります。

20代は、基礎を作る期間だと認識しましょう。

ただし構えずに、「これをしたい!」と強く思えばその目標に進んで良い年代です。

将来のことを考えなければいけませんが、若いうちに「長く勤められる職場を見つけられる」と、楽しく福祉の仕事を続けられると思います。

20代は転職に関する情報は多く合っても、判断基準をもつ方が少ない傾向があります。

しっかり情報を取得し、転職する職場を選びましょう。

そのために、このブログが役に立ってくれるとうれしいです。

介護・福祉の業界は常に多くの求人票があります。その中から「理想の職場」「ホワイトな職場」を見つけることは至難の技です。

下記のノウハウで「理想の職場」を探すことが、『驚くほど簡単』になります。

運命は必ず良い方向に変わります♪

参考になれば幸いです。

介護や福祉の職場で円満退職するための2つのポイント

円満退職は次のスタートにも良い影響あり!素晴らしい介護・福祉の職場が待ってます。

「スッキリと退職したい!」

「引き継ぎをうまくして退職したい」

退職するときに、「円満に退職したい!」それは普通の考えです。

せっかく人生の中で、「一緒に働くことになった職場」です。

できれば、「ケンカ別れ」しないで円満に別れたいものです。

今回は「介護や福祉の職場で円満退職するための2つのポイント」をお伝えしたいと思います。

こんな方にオススメ♪

・退職を考えている方へ

・「辞めさせてもらえるか」心配な方へ

 

結論
・職場の不満や不安を理由にしないで、個人的なものを退職理由にするしよう!

介護や福祉の職場で「円満退職する」とは?

介護や福祉の職場で「円満退職をする」ということは、イメージとして「職場が快く退職を認めてくれて、次のステップへの応援をしてくれる」ことです。

特段、揉め事がなく労働契約も解除することができ、「将来的に困ってしまう時があったら、戻ってきても良い」と承諾してくれるほど、不満なく退職できることを指します。

介護・福祉業界問わず円満退職をすることは、転職活動をしやすくするための必要なステップだとは思います。

しかしながら、人材不足の業界または職場であれば、「人材が流出する」ことは経営的に死活問題になることもあり、「退職させてくれない」ということになりかねません。

世間的には「退職代行サービス」ができるほど、「労働契約に沿った退職の申し出」をしても辞めさせてくれない状況が一般的に多くなっています。

介護や福祉の職場で円満退職になるための全体的な戦略

GOALは円満退職となりますが、大きなポイントは「引き止め交渉まで発展させない」ことです。

引き止め交渉をされると、それを断るという形になりますので「決裂」になります。

円満退職になりづらいということになります。

つまりは、引き止め交渉をされる前に、引き止めは無理だと思ってもらうことが必要になります。

もし次の転職先が決まっているかどうかは、聞かれた時に嘘をつくのはやめたほうがよろしいと思います。

決まっている場合は、「決まってます」とはっきり言った方がいいです。

 

「次はどんな仕事か?」「次の職場はどこだ?」 と聞かれた時には、それに答えるかどうかは、ご自身の判断でよろしいかと思います。

しかし、あまり「次の職場がどこだ」という問いに関して、詳細を述べるのは避けた方がよろしいかと思います。

職場の上司によっては、「次の職場を平然と批判した言動」を行ったり、「次の職場にいらぬ情報を流すトラブル」も予測されます。

「転職先が決まっているか?」だけは、答えた方がよろしいかと思います。

理由として先に述べた通り、「引き止め交渉をしづらくさせる」ことが必要になってきます。

つまりは、転職先がもし決まっているのであれば、引き止め交渉は無理だと思ってもらうことができるのです。

退職は労働者の権利であるため、職場内の規則に沿っていれば基本的には問題ありません。

しかし「良い仕事をしてきた人材ほど手放したくない」ことは通常のことです。

ですので、「人材不足」である介護・福祉業界で勤めている状況では、「退職に対する引き止め」はありえると思った方がよろしいかと思います。

特に退職が相次いでいる職場は確実に引き止め交渉があると思います。

介護や福祉の職場で円満退職するためのポイント:不満を理由にしない

退職届けを出すとき、職場の不満や不安は言わないことが鉄則になります。

職場に対する不満や不安で、退職に至ったとしても、それを上司に述べることは印象が良くありませんので避けるべきです。

円満退職のためには、言わずに我慢しておくことが賢明です。

もし「対立」に発展してもよろしいのであれば、不満を伝えてもいいとは思いますが、去ることを決意した職場にあなたの意見を反映させる道理はありません。

「対立」に至らなかったとしても、その「不満の部分を解消する」ことを、上司が約束することによって引き止めの条件とすることもありえます。

例えば、人間関係に不満があって、「特定人物が嫌だ」との理由で退職に至ったとします。

その場合、上司が「苦手な特定人物」を人事異動等を考えることを条件に引き止め交渉をすることもありえます。

その説明に納得できるのであれば、応じることも一つあり得ると思いますが、満足のいく変化が生まれるとは限りませんし、「うやむやにする」ことも考えられます。

ですので、個人的なものを理由にしましょう。

介護や福祉の職場で円満退職するためのポイント:個人的事情を活用する

家庭の事情であれば、どうしようもないこともあり得るので、「引き止め交渉がしづらい」という印象を抱かせることは可能です。

ただし、育児や介護休暇に関する制度を取り入れているところであれば、まず「制度を利用して考えてみたら?」となると思いますので、家庭の事情に関しては言いづらい部分があります。

それよりも、個人的な目標として「こういことをやってみたい!」「こういう夢がある!」そのような理由がよろしいかと思います。

例えば、「今は高齢者分野での仕事をしているが、知識を深めるために障害分野でも働いてみたい!」こういった個人のキャリアに対する目標は、実際「引き止めづらい」のです。

その目標を、否定するような強引な引き止め交渉をせざるを得なくなります。

本人の目標を否定する方法を取るのであれば、そもそも「まともじゃない」可能性があります。

一般的な上司というのは、その目標に関して応援する立場に回ると思います。

ただし注意点として「常日頃こういうことを考えている」ということを、上司に話しておくことは必要だと思います。

個人的なものを理由にすることは、円満退職に有効なことではありますが、いきなり退職とセットに言われると上司の心証が良くありません。

そのために「円満退職をするために」は、準備期間があった方がよろしいかと思います。

「退職を考えている」といきなり言わずに、常日頃から上司とのコミュニケーションはあったほうがよろしいかと思います。

「前から言っていたから、強い決意なんだろう。仕方ない。」と、思わせれば「まともな職場」であれば、円満退職に繋がり「次のステップへの応援」をしてくれると思います。

まとめ:介護や福祉の職場で円満退職するための2つのポイント

円満退職に関しては、「時期」も絡んできます。

可能であれば、できるだけ繁忙期には避けた方がよろしいかと思います。

ただし、介護や福祉のサービスでは、繁忙期という概念があまりなく年間を通じて忙しいこともありえます。

タイミング的には、年末や年度末前が一般的です。

そこから就業規則に書いてある退職の申し出の時期を逆算すればよろしいかと思います。

多くは「1ヶ月前に退職の申し出をしなければならない」としていると思います。

ですので、会計年度が4月から3月までのところは年末と年度末の一か月前、つまり最低限のマナーとして11月か2月に申し出をすれば宜しいかと思います。

無事円満の退職ができたら、次のステップに向けて全力を尽くすべきだと思います。

介護・福祉の業界は常に多くの求人票があります。その中から「理想の職場」「ホワイトな職場」を見つけることは至難の技です。

下記のノウハウで「理想の職場」を探すことが、『驚くほど簡単』になります。

運命は必ず良い方向に変わります♪

ご参考になれば幸いです。

ワーク・ライフ・バランスができる介護・福祉職の3つの選び方

介護・福祉職はワーク・ライフ・バランスを支援してくれる職場を選ぼう!

「家庭を犠牲にする働き方はしたくない!」

近年働き方改革もあって、ワーク・ライフ・バランスの社会的な実現に向けて取り組みが盛んです。

反面、ワーク・ライフ・バランスの重要性が上がりながらも、まだまだ浸透していない部分もあります。

すでに家庭を持っている世代は、転職する際には必ず家庭との両立ができるかを考えた方がよいです。

プライベートが充実しているからこそ、素晴らしい仕事ができると考えると「人生を豊かにする福祉」という考え方を自分たち職員にもする必要があります。

今回は、「仕事と家庭の両立を支援してくれる職場の選び方」をお伝えします。

こんな方にオススメ♪

・仕事と家庭を両立したい方へ

・育児・介護も大切にしたい方へ

・必要な休みを気兼ねなく取れるようにしたい方へ

・次の転職先選びに失敗したくない方へ

 

結論

・その職場に制度があるかを確認しましょう

・その制度の運用実績を調べましょう

・実際に面接で聞いてみましょう

ワーク・ライフ・バランスができる介護・福祉職の選び方

ワーク・ライフ・バランスは、今「最も働く社会人に必要なもの」です。

特に介護や福祉は長時間労働が多い業界でもありました。

少しずつ介護・福祉の職場の改善も進んできましたが、あまり職場改善が進まないところもあります。

転職を考えておられるのであれば、変化に強い職場をお勧めします。

変化に強い職場は、ワーク・ライフ・バランスに力をいれている職場も多く、仕事と家庭の両立ができるため、長期間やりがいを持って仕事をしていくことも可能になるのです。

ワーク・ライフ・バランスができる介護・福祉の職場の選び方:社内制度を確認しよう

ワーク・ライフ・バランスには社内制度の充実が不可欠です。

ワーク・ライフ・バランスに強い職場の見抜き方として、代表的な二つの制度があります。

育児・介護休業法で規定されている「休業」に関しては労働者の権利とされています。 その上で、育児「休暇」・介護「休暇」を社内制度として取り入れている職場もあります。

育児休暇・育児休業は名前の通り子育て世代を応援するための制度です。

出産に関しては、女性の場合は「産前産後休業」があります。

育児休業としては、女性の場合は出産の57日目後から適用され、男性の場合は出産日より、育児休業を取ることができます。

基本的に上記から1年、延長して2年間になります。

育児休暇については、子どもの「急な体調不良」や「イベント」などで、「休みを取りたい!」場合があるときに、有給休暇を消化せずに対応できる社内制度です。

 

特に30代の人材は、年代的に家庭に時間をかけたいこともあると思います。

つまり、育児「休暇」という社内制度自体がワーク・ライフ・バランスを応援している制度だと言えるのです。

介護休暇・介護休業制度介護休業制度についても、育児休業と同じように考えてもらって構いませんが、期間が全く違います。

介護休業に関しては、通算で93日間まで休業できます。

基本的に、ご家族を介護をするための施設探しや身辺整理等で利用されることが多い制度です。

介護休暇についても、育児休暇と同様にスポット的な取得が可能です。

ワーク・ライフ・バランスができる介護・福祉職の選び方:求人票

制度についての確認育児・介護「休暇」に関しては、職場で取り入れていた場合は、職場のPRになります。

そのため、基本的には求人票に書いてあると思います。

求人票に、もし書いてなかったらその企業のホームページなどを見て、確認してみることをお勧めします。

どちらとも書いていない場合は、制度導入されていないか、もしくは制度導入しても職員へのワーク・ライフ・バランスを軽視している可能性があります。

ワーク・ライフ・バランスができる介護・福祉職の選び方:実績を確認する

必ずワーク・ライフ・バランスに関する実績を確認しましょう。

求人票やホームページに、「育児介護休暇制度」の有無が書かれていたと仮定します。

※育児介護休業に関しては労働者の権利になりますので、載せていないところが多い印象です。

もう少し踏み込んで、「運用実績が公表されているか?」を確認しましょう。

公表されている場合は、制度運用に積極的だと思ってよろしいかと思います。

もし運用実績が「ゼロ」だったとしても、「ゼロ」を公表していた時点で運用事業に積極的であることは明白です。

対象者がいなかったということも考えられます。

導入していても、運用実績を公表していないところは、制度だけあって運用していないことが考えられます。

 

基本的に、運用実績を公表していないところは、「ワーク・ライフ・バランス」に積極的ではないことを疑った方がよろしいかと思います。

ワークライフバランスのことだけではなく、様々な面で実績を公表しているところは、転職先として候補に入れておいた方がよろしいかと思います。

しっかりと責任を受けて事業所の実績を公表していることは、「嘘がない」ということになります。

そのため公表している内容と違いがあった場合は、問題になることが多いのです。

ですので「しっかりとした実績のもとに公表している」と考えることができます。

ワーク・ライフ・バランスができる介護・福祉職の選び方:面接で聞いてみよう

実際に面接で聞いてみることもありです。

制度の運用実績が見られなくても、職場を選ぶ際の他の条件が満たされていたら、選択を控えるというのはもったいないことでもあります。

ですので面接の際に、聞いてみればよろしいと思います。

ワーク・ライフ・バランスに積極的な事業所は、面接で聞かれると逆に「好感」をもつ採用面接官もいます。

 

多くの方は「休む」ことに関して罪悪感があるのか面接等で聞かない方がおられますが、全くの逆効果です。

むしろ、育児介護休暇があるかどうかを聞いて来られる方は、職場選びにきちんとライフステージを照らし合わせて考えてくれる=長く勤められる職場を選んでいる。

そのように解釈できます。

ですので、採用面接官のポイントが高いと思います。

むしろ逆に、そのことに対してネガティブな反応を起こす採用面接官は制度そのものに否定的なんだろうと思います。

ネガティブな反応を起こす採用面接官であったら、どれほど求人票でワーク・ライフ・バランスや働きやすさについてPR していても「信用はあり得ない」と思います。

「あるだけの制度になっている」と推察できます。

内定をとるためにも、面接で聞いてみるということが非常によろしいかと思います。

まとめ:ワーク・ライフ・バランスができる介護・福祉職の3つの選び方

・制度の有無を確認しよう

・運用実績を確認しよう

・面接の際に聞いてみよう

以上の3つのポイントをお伝えしました。

人材不足の組織にとっては、「育児や介護で休養をとる」ことに関して、人的な不足が生じます。

ですが、「人を大切にしたい」組織であれば復帰までしっかりと対応してくれます。

そのために、長期休暇・休業からの、復帰率を公表している事業所もあります。

情報を手に入れることが転職では必要です。

介護・福祉の業界は常に多くの求人票があります。その中から「理想の職場」「ホワイトな職場」を見つけることは至難の技です。

下記のノウハウで「理想の職場」を探すことが、『驚くほど簡単』になります。

運命は必ず良い方向に変わります♪

参考になれば幸いです。

30代で介護や福祉職への転職!成功に外せない2つのポイント

30代の介護や福祉転職の成功に外せない!「ワーク・ライフ・バランス」が大事!

「若いうちに転職をしたい」

「今の職場ではスキルアップできない」

30代の職員は、その組織の中では中核的な人材になっていることが多いです。

新卒から勤務をしている人になれば「10年近く」または「それ以上」働いてるわけですから、「若さ」と「仕事のやり方」が充実している年齢だと思います。

組織にとってみれば、一番重要な年齢層の人材です。

もし20代から現職に務めておられるのであれば、30代の職員は通常は「管理者など」への出世のキャリアアップが考えられますが、必ずしも出世に魅力があるような職場ばかりではありません。

ですので、出世に魅力がないのであれば、転職する理由にもなります。

30代はそのようなことが理由で、転職に至ることは通常のことです。

今回は「30代で介護や福祉職への転職!成功に外せない2つのポイント」についてお伝えします。

今回のテーマには下記の記事もオススメです♪
こんな方にオススメ♪
・介護・福祉業界で転職を考えておられる30代の方へ

 

結論

・退職と転職活動のタイミングをしっかり調整しよう

・自分が何をしたいかではなく、自分に「何ができるか」を考えよう

30代の介護や福祉転職の成功に外せない2つのポイント

「30代は実質的に最後のチャンスなのか?」

30代で転職をすることに関しては、未経験・経験者問わずチャンスはたくさんあります。

30代はそれだけ心身ともに充実している時期です。

転職活動するには、それほど年齢的な苦労はしないと思います。

また20代で転職を繰り返してきた方は、30代では可能な限り長く続けることを覚悟した職場を選んだ方がいいです。

20代では、ほとんどの事業所が、若さに価値をおいて採用に繋がっています。

年齢を重ねていくと、教育される機会はどんどん減っていきます。

 

20代・30代で培ったキャリアを発揮すべき、年齢に差し掛かってきます。

30代は、経験・未経験問わず、いろんな分野で「活躍できる可能性を秘めた」転職の実質的な最後のチャンスと考えてくれれば良いと思います。

経験から実質的に転職に一番いい年齢は、40代だと思います。

40代は、その人生経験からマネジメントもできる年齢ともいえるからです。

30代は様々な事を勉強ができる最も良い状態の年齢だと思います。

そのため、「30代で転職するための職場選び」は非常に重要なのです。

20代であれば就職に失敗しても、何度もチャンスはあります。

30代で介護や福祉職への転職成功に外せない職場を選ぶポイント

30代であれば、家庭を持った人も多くなってきます。

人生的なイベントがある方も多いと思われます。

仕事と家庭の両立を優先すべきです。

30代の転職で、実質転職先に求めることは、これ一択でもよろしいかと思います。

事業所によっては、仕事と家庭の両立を全く支援しないところもあります。

プライベートがうまくいかないと、仕事にも影響が出てくるのは当然のことです。

「どちらかに偏りすぎる」もあまり良くありません。

ワーク・ライフ・バランスと呼ばれるように、両立して必要な時に「やじろべえ」のように傾くことが必要なのです。

 

介護や福祉の業界は、慢性的な人材不足から、そういった「働きやすさ」をないがしろにしているところがありますので、選ぶ際は十分に気をつけてください。

求人票では、「残業がなし」と書かれていても、その根拠が全く書かれていない事業所もあります。

ですので、働いてみたら「定時で終われる」ような仕事の量でなかったりします。

見抜くための情報は必須です。

30代で経験することは、今後の社会人人生で最も基礎となる期間であると言えます。

そのためこの期間の中で良い職場で出会うことになれば、一番心身ともに充実している状況の中で人生を豊かに過ごすことができると言えます。

そのため重要な「人生の財産になる」ことは間違いありません。

30代で転職を成功させるために選ぶポイント:退職と転職活動のタイミングを調整しよう

前職で長年勤務された30代の方は、その組織において重要な業務を多く任せられている状況にあるかもしれません。

誠心誠意、後任者の方に「引き継ぎ」をすることが必要になってきます。

「引き継ぎをしない退職」はあまり良くありません。

今現在、個人情報保護の観点もあって、前職の「働きぶり」が「転職先が知ることはあまりない」と考えて良いですが、ゼロではありません。

偶然の人付き合いで、「どのような評価だったか聞いた」などはありえるかもしれません。

どの年代でも、一緒ですが特に30代は「円満退職」を意識される方がよろしいかと思います。

 

組織の重要な仕事をしてきたのであれば、それだけ期待も大きかったと思います。

トラブルにならないように、丁寧に対応していきましょう。

許せるのであれば、退職の意思を示した後に転職活動を始める方が宜しいかと思います。

引き止めにあった場合の注意点引き止めにあうことも、十分可能性としてはあります。

ただし、注意したい点としては「引き止め」に対して、待遇の向上・改善で解決しようとする上司の場合は、注意した方がよろしいかと思います。

それは「あなたの働きぶりを評価している」のではなく、人手としていて欲しいだけのことです。

もしそれで退職を思いとどまって継続したとしても、あなたが今後良い仕事をした場合すでに昇給は行われているので、それが昇給事由になることは、可能性として少ないと思います。

つまり退職の引き止め交渉で、待遇改善を「申出される」逆に「要求する」、どちらも「前借り」する状態ですので正当な評価ではありません。

30代で転職を成功させるために選ぶポイント:何ができるかを考えよう

30代で転職になれば、「自分が何がしたいか?」を考えることが多いかと思います。

それでも全然構いませんが、「自分が何ができるか?」とも考えましょう。

せっかくのキャリアを築いてきたのですから、全部それを捨ててしまうのはあまりにも勿体ないと思います。

例えば、あなたが広報に関する仕事を、前職でしていたとして、介護や福祉業界を目指されたとします。

そうであれば、職場見学などに行って、広報に関する仕事はないかを尋ねてみましょう。

介護や福祉の仕事が未経験でも、その事業所で別の役割ができるのであればすべきです。

実際に、多くの介護サービス事業所や福祉サービス事業所は、営業に関するチラシや広告を自前で用意しているところが多いです。

外注して広告やチラシを作る資金源が、捻出できないところはたくさんあります。

自前で用意してきた事業所に、広告やチラシを専門として働いて来られた方が応募して来られたら、その事業所は嬉しいと思いませんか?

一気に未経験でも内定に近づきます。

「何をしたいか?」も重要ですが、それプラス「何ができるか?」これも合わせると30代の転職は強いです。

まとめ:30代の介護や福祉転職の成功に外せない2つのポイント

転職活動は、どの年齢であっても可能です。

労働人口が減っていますので、今は仕事を選べる時代でもあります。

仕事を選べる時代ですが、その職場がいわゆるブラック企業なのか?ホワイト企業なのか?多くの方は「ホワイト企業に勤たい!」のではと思います。

そのための情報を持つことがなにより重要です。

介護や福祉の仕事にはたくさんの求人票があります。

その中から理想の職場・ホワイトな職場をみつけることは至難の技です。

下記のノウハウで、良い職場が驚くほど簡単に見つかると思います。

運命は必ず良い方向に変わります♪

ご参考になれば幸いです。

介護・福祉職への転職は40代未経験が最も良いと断言する理由

介護・福祉転職は40代が最高!「若かさ」「実力」「実績」が一番あるとき!

「40代で他業界への転職は厳しいんじゃないか?」

全然そんなことありません!

介護・福祉職は幅広く活躍できます。

一般的に転職適齢期は、20代後半が良いとされています。

転職できる年齢に「リミット」はありませんが、組織的にみると「若いとキャリア育成が長く」できます。

ですので、若い人材は「若い」だけで価値があります。

40代に関して「もう他業界への転職は厳しい」と考える必要はありません、

今回は介護や福祉職における「40代の転職」をテーマにお話しします。

今回のテーマには下記の記事もオススメです♪
こんな方にオススメ♪

・40代の方で、介護職・福祉職を考えておられる方へ

・介護・福祉業界への転職を考えておられる方へ

 

結論
・介護・福祉は社会的需要の増加から転職しやすい!

介護・福祉職への転職は40代で未経験が最も良い理由

40代は培ったキャリアを活かせる可能性が十分にあります。

若い人材より、人生経験が豊かなことが武器になることも多いです。

やる気さえあれば資格取得はまだまだ可能でもあります。

40代の転職については、介護・福祉業界では全く珍しいことではありません。

募集や採用による年齢制限は厚生労働省により禁止されています。

 

介護や福祉の仕事は、世間的には慢性的な人手不足であり、比較的年配の方でも多くの事業所は、採用に関して抵抗がないことが多いです。

むしろ職場環境の改善や、様々なチャレンジをしているサービス事業所は、他業界で経験がある人たちを積極的に雇用しようとしています。

介護の質のみならず、働きやすさも向上させようとしているからです。

また40代においては、一通りマネジメント経験をされている方も多く、いきなり未経験から福祉の仕事をマネジメントする側は難しいですが、今のマネジメントをする人たちを「フォローする役回り」もしやすいのです。

40代「未経験」で介護・福祉職への転職:待遇

待遇面に関しては、「未経験」ということで、前職がしっかりと正社員で働いておられたのであれば、勤めておられたところより下がる傾向にあると思います。

介護や福祉経験者の方であれば、経験を考慮することも可能ですが、未経験であれば初任給からということで、「様子を見る」事業所は多いと思います。

そして「貢献度」によって待遇を上げていくことになろうかと思います。

 

介護や福祉業界のメリットとして、「景気に左右される事が少ない」です。

安定した給与は確保できると思います。

また、給与に関する改善も少しずつ国の対策が整っているため、今後将来的にさらに改善していくことも期待できます。

40代「未経験」で介護・福祉職への転職:資格を習得しておけばさらに良い

職種によりますが、「内定に関する確率を少しでも上げておきたい!」とするのであれば、短期間で費用を抑えながら取得できる介護職員初任者研修を修了しておくことが最も良いです。

採用面接等で「自資格を習得しようと資料請求をしています。 」この一言だけでも良いイメージをもたれると思います。

介護初任者研修は、介護や福祉の仕事をする際に入口となる資格になります。

ここからステップアップする人たちは多いです。

先述しましたが、採用面接までに取得していなくても、「資料を請求しているので検討中」と採用面接官に伝えるだけでもかなり印象はいいです。

「この業界に真剣に入ろうとしてくれている」と長く働いてくれることを期待できるからです。

気をつけて選んだ方がいい施設未経験の方で、転職先の施設を選ぶ場合は、気をつけておいてほうがいいところがあります。

研修がどれだけ充実しているかということです。

研修が非常に充実している所は、「人材をしっかりと育てよう!」としている事業所と思ってもらって構わないと思います。

求人票に「未経験可」と記載されているのに、研修制度に関しては触れていない求人票がよくあります。

こういった事業所に関しては、少し気をつけた方が宜しいかと思います。

 

見学やホームページを閲覧する等して、研修制度に関する理解をしておきましょう。

未経験可としている理由を、きちんと明確に情報収集されると良いです。

研修制度に対する事業所のPRがない場合は、残念ながら「未経験」を育てようとする意識は低い可能性があります。

「人材を教育していく」ことについて、「コスト」と考えている職場も多いです。

若い人材には積極的に教育投資をするけども、年齢が高い職員に関しては積極的に教育投資しない職場もあります。

本来「教育投資」は「年齢」という判断基準より、その人材の個人に必要なスキルを見極めながら、それを補完するように支援していくことが職場の役割になります。

その方が結果として組織力も上がりやすいことがあるのですが、年齢を判断基準に考えてしまう職場であれば、40代の他業界からの転職してきた方はキャリアアップが難しい可能性があります。

そのため、「しっかりとした教育体制」を持っている事業所を転職先にすることが賢明です。

40代「未経験」で介護・福祉職への転職:転職先選びが超重要

個人的な意見ですが、40代の方の転職は全く難しいものではないと思っています。

ただし、「定年まで勤めることができる良い転職先を選ぼう!」とされると非常に難しいものがあります。

ですので、基本的には「たくさんの求人に申し込んだ方」が戦略的によろしいかと思います。

ただし、数打てば当たるというものではありません。

しっかりと吟味しないと意味がありません。

転職先を選ぶ理由を見つける際、比較的「人間関係を良好に保ちたい」とするのであれば、年齢層に関して意識しておけばよろしいと思います。

40代となって転職となった場合、「直属の上司が年下である」状況になる可能性があります。

 

それに抵抗がない場合は、特段意識する必要はありませんが、若い職員が多い事業所であると、働きにくいという側面が出てくる可能性はあります。

「上司が若いと仕事がしにくい」と考える40代未経験の方の転職については、年齢層が少し上の人が集まっているような事業所の方がよろしいかと思います。

年上の方からすれば、40代はまだまだ若い時期ですので、世代間のギャップに関してもそれほどなく対応できる可能性はあります。

どんな業界でも、30代は「自発的に働くために必要な力を完全に身につける年齢」になります。

ですので、40代の一番の強みは「自発的に現場で働きながら、ノウハウを後輩に伝えていくコーチングをしやすい年齢」でもあります。

介護や福祉職も同じように、たとえ未経験でも「40代は現場での力も発揮しながら、組織への貢献も一番できる年代」と考えてよいと思います。

まとめ:介護・福祉職への転職は40代で未経験が最も良い理由

40代の未経験の転職は、転職者にとってみれば、すごく勇気が必要なことだとは思います。

40代で新たな分野に挑戦することは、非常に体力も使います。

介護職・福祉職は、当サイトでもお伝えしているように、しっかりと選びさえすれば非常に働きやすい職場も多くなってきています。

介護や福祉の仕事の職場は、変化を苦手とする事業所もあり、労働環境がそれほど良くないところもあります。

反面、労働環境を良くすることに成功しているホワイトな職場もあります。

ですので、安易に転職先を選ぶことは、せっかく「介護や福祉の仕事をしよう!」とされても「やりがいを見つけられない」ことにもなりかねません。

 

ブラックな職場とホワイトな職場を見分けることが必要です。

未経験ということで、選ぶ基準が中々わからないこともあるかもしれません。 当サイトがお役に立てれば幸いです。

介護・福祉の業界は常に多くの求人票があります。その中から「理想の職場」「ホワイトな職場」を見つけることは至難の技です。

下記のノウハウで「理想の職場」を探すことが、『驚くほど簡単』になります。

運命は必ず良い方向に変わります♪

参考になれば幸いです。

有料老人ホームの仕事は「きつい?楽?」働く介護職の実態

有料老人ホームで働く介護職の仕事はきつい?楽?。

「近くに有料老人ホームができたので、働こうと思っている」

「有料老人ホームの方が待遇が良さそう」

高齢福祉サービスを利用するサービスの選択肢の一つに有料老人ホームがあります。

特別養護老人ホームは、公的機関からの資金が投入されているため、比較的安価で利用ができます。

ただし特別養護老人ホームは、地域によっては順番待ちという状況が多く、2・3年待たなければ「入所できない」ところも多いです。

そのため、有料老人ホームを事業展開しているところが多くなりました。

有料老人ホームで働きたいと思えば、数多くの事業所があります。

今回は「有料老人ホームで働く介護職の実態」をテーマにお伝えしようと思います。

こんな方にオススメ♪
・有料老人ホームへの転職をお考えの方へ
・有料老人ホームへ興味・関心がある方へ
 
結論
有料老人ホームだって転職に安心できない!転職する際は吟味しよう!

有料老人ホームの仕事は「きつい?楽?」介護職の実態

有料老人ホームには、いくつか種類があります。

・介護付有料老人ホーム

・住宅型有料老人ホーム

上記が比較的多いサービスです。

 

有料老人ホームといえば、高額なイメージがあります。

それは間違っているわけではありませんが、実際には差が激しく比較的安く利用できるところもあります。

しかし、それでも公的資金が投入されている高齢者サービス事業所と比べれば高額です。

「高いお金を払っているので質の良い介護をする・受けることができる!」

「快適な生活ができる!」

そう感じるかもしれませんが、利用する側も働く側も注意が必要です。

利用額では分からないことが多いのです。

有料老人ホームの仕事は「きつい?楽?」:無届けの有料老人ホームも増加?

老人福祉法 第29条有料老人ホーム

(老人を入居させ、入浴、排せつ若しくは食事の介護、食事の提供又はその他の日常生活上必要な便宜であつて厚生労働省令で定めるもの(以下「介護等」という。)の供与(他に委託して供与をする場合及び将来において供与をすることを約する場合を含む。)をする事業を行う施設であって、老人福祉施設、認知症対応型老人共同生活援助事業を行う住居その他厚生労働省令で定める施設でないものをいう。以下同じ。)を設置しようとする者は、あらかじめ、その施設を設置しようとする地の都道府県知事に、次の各号に掲げる事項を届け出なければならない。

上記のように「事業する」にあたって届け出をしないといけませんが、許可を得ず事業運営しているところも増加傾向にあります。

無届け=悪いイメージがありますが、善悪で判断できません。無届けでも罰則規定はありません。

届け出をしてしまうと、行政の色々な規定を反映しなければなりません。

この行政の基準は敷居が高く、行政の規定に従っていくと「設備基準」を全うするために、高額な費用を捻出していかなければなりません。

そうなると、利用する方へのサービス提供に支障が出て来る可能性もあります。

費用が捻出できず、やむを得ず「無届けを選択」しているところもあります。

有料老人ホームの仕事は「きつい?楽?」:選び方の気をつける点

利用料が高額になることから、人件費に関しての予算が潤沢にあるイメージが、有料老人ホームにはあります。

あながち間違ってはいません。

高齢者サービスを提供する介護施設の中でも、有料老人ホームの給与は高い部類に入ります。

有料老人ホーム介護職正社員の平均給料額(月給)は、 令和2年度で315,850円となっています。

参考:厚生労働省「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果 第80表 介護従事者等の平均給与額等(月給の者),職種別,勤務形態別」

比較的給与が高い部類に入りますが、実際に働くと全く割に合わないことは多いです。

利用者の方に、誠心誠意対応することはもちろん、場所によっては、ホテルマンのような接遇マナーをルールとして決めているところもあり、利用者の多くの要望に応えている事業所もあります。

有料老人ホームでも、安価にサービスを提供しているところは、全く割に合わない状況はあります。

経営上、有料老人ホームは、利用者に選んで利用してもらう必要があります。

有料老人ホームの仕事は「きつい?楽?」は経営状況による

資金投入になりやすいものが「目に見える建物内の外装や内装」になります。

具体的には、高級感あるものにすることが挙げられます。

そのため、事業費の予算が飛び抜けて大きいことがあり得るのです。

そうなってくると、人件費に回す余裕もなくなってきます。

有料老人ホームは、株式会社が母体になっていることも多く、介護保険や社会福祉に関する基礎的な考え方が全く異なっていることもありえます。

有料老人ホームの仕事は「きつい?楽?」:利用する側の目線から

利用者側は質の良いサービスを求められて有料老人ホームを選ぶ、または今現在は公的サービスが利用できないため時間的な「つなぎ」として、有料老人ホームを利用することが多いです。

利用する側の諸事情により、選ぶ基準として様々な理由があります。

先程も述べましたが、利用を検討するときに目に付きやすい判断材料は、「施設内がきれい・清潔」です。

そのため、有料老人ホームは、「清潔さと快適さ」に資金を投入していることが多いです。

ただし、もっとも肝心なスタッフの質については、実際に利用してみないとわかりません。

利用が開始され、しばらくして「どの程度の介護を提供してくれるか?」が分かってきます。

また利用開始の最初は、「親切丁寧に介護」をしていても、認知症やコミュニケーション能力が低下してくると、途端にその人に対しての「介護の質が低下」したりすることもあります。

「利用者が理解できるうちはクレームにならないように丁寧にして、利用者が理解できないレベルまで能力が下がったら雑にする」

適切な言い方ではないかもしれませんが、残念ながら実際にあり得るのです。

有料老人ホームの仕事は「きつい?楽?」:職場選びが大事

有料老人ホームへの転職を考えている場合は、事前に勉強しておきましょう。

職場選びをする際は、「近いから」「なんとなく」は絶対に避けましょう。

そして、未経験の方は「知識」をえましょう。

インターネットでの知識でもいいです。

自分自身の介護についての考え方でもいいです。

そして実際に職場見学に行きましょう。

 

見学に対応してくれたスタッフにきちんと質問しましょう。

・質問に誠心誠意答えられるか?

・質問に明確に答えてくれるか?

しっかりと聞いて、納得をして選ぶことが大事です。

ブラックな職場や、質の低いスタッフであれば答えることは難しいです。

表面だけの施設であれば、そういった質問が来ただけで慌てたりします。

様子で判断していくといいでしょう。

まとめ:有料老人ホームの仕事は「きつい?楽?」介護職の実態

無届けの施設かどうかについては、自治体のホームページを見るか、自治体職員に聞いてみると良いです。

先程も述べたように、「無届け」で善悪の判断はできません。

無届けだからこそ、有料老人ホームでも安価にサービスを提供できる側面もあるのです。

こういった介護に関しての知識であったり、福祉制度に関しては、業界の事情や少しばかりの知識がないと損をしないことは難しいです。

ですので、わからないから「任せる」という状況は「損する」「危ない」時代になってきています。

自己責任とまでは言いませんが働く側も利用する側も自分の身を守るために情報を集めて判断することは必ず必要です。

介護・福祉の業界は常に多くの求人票があります。その中から「理想の職場」「ホワイトな職場」を見つけることは至難の技です。

下記のノウハウで「理想の職場」を探すことが、『驚くほど簡単』になります。

運命は必ず良い方向に変わります♪

参考になれば幸いです。

【必見】転職の条件で株式会社を選ぶメリット【介護・福祉】

介護・福祉の仕事で「株式会社」の事業が増えています。転職先として選ぶメリットは?

「社会福祉法人は暗いイメージがあるから、株式会社の方が良さそう!」

「株式会社のほうが待遇が良いイメージがある」

「株式会社の方がクリエイティブな仕事ができそう」

介護・福祉の仕事を始めようと求人票を見た際に、そのような考えを持つことはありませんか?

 

介護・福祉事業は「社会的な需要の高まり」から、社会福祉法人だけでなく現在は株式会社等の営利企業に関しても、介護・福祉事業を展開することができるようになりました。

社会福祉法人のメリットについては、下記をご参考ください。

今回のテーマには下記の記事もオススメです♪

介護・福祉事業に関しては、社会福祉法人が専門としてありましたが、今現在働く側にとっても、株式会社で介護・福祉の仕事をすることも魅力的な選択肢の一つとなっています。

 

今回は「介護・福祉の仕事を選ぶ際の、株式会社のメリットをお伝えしたい」と思います。

こんな方にオススメ♪

・介護・福祉事業を行う株式会社とそれ以外の法人を知りたい方へ

・転職活動をお考えの方へ

・介護・福祉事業を行う株式会社を知りたい方へ

 

 

結論

・「経営志向」の方には「株式会社」が向いている

・実績において出世はしやすい

メリットを理解する前に介護・福祉事業を行う株式会社について知ろう

株式会社のような営利企業も介護・福祉事業に参入しやすくなり、求職する側の選択肢も増えました。

社会福祉法人が社会福祉サービスの中心的な法人格としてありますが、社会的な需要の高まりから、株式会社に関しても参入が増えている傾向にあります。

 

株式会社は事業の種類を決めることができるので、主な事業として「介護・福祉事業」を選ぶ必要はなく、「副」の事業として介護・福祉事業を展開している株式会社もあります。

 

そのため社会福祉法人の方が、「専門的なノウハウを持っている」といえますが、社会福祉法人経験者が、株式会社で活躍しながら、質の高いサービスを提供している事業所もあります。

ですので、株式会社も社会福祉法人と変わらないぐらいの「質の高いサービス」を提供している事業所も存在します。

メリットを理解する前に介護・福祉事業を行う株式会社の「特徴」を知ろう

介護・福祉事業を行う株式会社の特徴は、良い意味で「変化をしやすい」ことにあります。

変化を求め柔軟な考え方をすることは、介護・福祉業界ではプラスに働くことが多いです。

つまり、柔軟に経営状況を考え様々な取り組みを行うことが可能になります。

ただし悪い意味で言うと、「事業に失敗しそうになったら撤退をする」という選択が可能になるということです。

 

社会福祉法人は公益的な事業になりますので、「経営が厳しい」からといって簡単に撤退するという行動ができません。

株式会社はそういった意味では、経営状況によって活動の「縮小・停止」を判断することができることになります。

介護・福祉事業を行う株式会社の「待遇面」のメリット

社会福祉法人と、大きく待遇面が変わるということはないと思います。

あまりにも相場より「かけ離れた給与額を提示している場合」は、疑ったほうがいいと思いますが、通常は差が大きく開くわけではないと思います。

 

社会福祉法人と比べ、株式会社は「出世・昇進がしやすい傾向」にあります。

そのため待遇面が大きく向上することはあります。

社会福祉法人であると年功序列の傾向が強いと言えます。

理由は、社会福祉法人が長く事業活動をしている傾向にあるので、勤務年数も長い職員が多いからです。

 

そのため「出世・昇進」においては、年功序列になりやすいと言えます。

株式会社は基本的には、年功序列のような体制はなく、「実力主義になりやすい傾向」があります。

若い人材でも、管理職になることは社会福祉法人より可能といえます。

ただし株式会社は社会福祉法人と比べ、事業年数が若いことも多いですので、ノウハウ等の蓄積があまり進んでないことがあります。

 

そのため、たとえ「出世・昇進」をしたとしても、教育体制が整っていないことが多く自分で学んでいく必要があると言えます。

教育体制が整っていない職場で働くことは、マネジメントする人材も疲弊することが多く、出世・昇進に魅力を感じないこともあると思います。

介護・福祉事業を行う株式会社の「事業継続性」のメリット

社会福祉法人と比べ、、株式会社は撤退・縮小の選択肢があります。

そのため事業継続性は社会福祉法人より低いと言えます。

事業継続においては、社会福祉法人が有利です。

 

「明日から急に無職」ということは少ないと思いますが、可能性は「ゼロ」ではありません。

介護・福祉事業の職員として、勤めていたとしても「別事業の職員として、配置転換」をされる可能性はあります。

しかし、事業継続性に関しては、母体企業の大きさにもよることが多いです。

そのため、株式会社として大企業であれば、事業継続性は高いこともありえます。

 

株式会社は比較的先述したように変化もすることが得意と言えますので、経営が難しくなってくればそれを解決しようとする力も持っていることが多いです。

そのため事業展開を全国的に行うことも可能であり、事業継続性も高まってきます。

介護・福祉事業を行う株式会社の「キャリア構築」のメリット

社会福祉法人と比べ、「専門的な知識や技術・ノウハウ」としてのキャリア構築は、株式会社では、「自分で学ばない限り」はなかなか難しい傾向にあると思います。

その理由は、先述しましたが「事業活動の継続年数」が比較的株式会社は若い傾向にあることが挙げられます。

 

株式会社の介護・福祉は、教育体制が整っていないことも多いですので、自分で学ぶことが得意な方はオススメだと言えます。

専門的なノウハウを学ぼうとすれば、社会福祉法人の方が有利と言えます。

しかし、福祉系の研修を提供する外部の団体や自治体も増えてきていますので、人材への教育投資を積極的に行う法人であれば、職場内ではキャリア構築が出来ずとも、外部からのノウハウを習得することは可能です。

 

実力主義の傾向が、株式会社は強いですので、出世・昇進によるマネジメントのスキルなどは「株式会社の方が学びやすい」といえます。

まとめ:転職の条件で株式会社を選ぶメリット

「介護や福祉の業界で働こう!」と目指されたのであれば、社会福祉法人以外にも、株式会社の選択肢も候補にあがります。

株式会社は職員の教育体制が整っていない事業所も多いですので、自分で学ぶことができるのであれば「未経験」問わず、おすすめといえます。

 

また株式会社は、社会福祉法人よりも実力主義になりやすい傾向がありますので、「出世・昇進」を早い段階で達成することができ、待遇が向上することもありえます。

その場合は、「マネジメントする人材」としてキャリアアップすることを続けていく必要がありますが、出世に魅力を感じる職場であれば働きやすく、やりがいをもって続けることも可能と思います。

 

多くの求人票から理想の職場「ホワイトな職場」を見つけることは至難の技です。

下記のノウハウを使うことによって『驚くほど簡単になる』と思います

運命は必ず良い方向に変わります♪

働きやすく、社会福祉法人の「サービスの質と全く変わらない」どころか、「社会福祉法人のサービスよりも質が良い」という株式会社もあります。

そのような職場を見つけられると、さほど教育体制がないこともデメリットにはなりません。

参考になれば幸いです。

【必見】新規事業・オープニングスタッフのメリット【介護・福祉】

介護・福祉の仕事は新規事業多数!オープニングスタッフのメリットもたくさんあります。

「転職するなら、新規事業のオープニングスタッフがいい!」

「介護や福祉の新規事業の方が、なんとなく面白そう!」

このようなお考えはありませんか?

 

介護や福祉事業の事業は「社会的需要が凄まじい」ものがあり、新規事業が増える傾向にあります。

そのため「求人票」にも「新規事業のため、オープニングスタッフ募集」という文言で埋め尽くされることもあります。

 

新規事業でのメリットは「自分たちで作り上げることができる」ことが一つあげられますが、転職においては、新規事業で働くことの危険性も同時に考えておかなければなりません。

 

新規事業においては「本部」の存在が重要になります。

本部が「ある」新規事業においては、未経験の方でも候補にしてよいと思います。

その理由は「ある程度ノウハウがあることによる職員教育」が充実している可能性があるからです。

本部が「ない」新規事業においては、「1から作っていく必要」がありますので、「自主的に動くことができる方」が向いています。

そのため未経験の方よりも経験のある方が勤めやすいと思います。

 

今回は「新規事業・オープニングスタッフ募集のメリット」をテーマにお伝えしたいと思います。

こんな方にオススメ♪

・転職に「新規事業」をねらっている方へ

・転職活動をお考えの方へ

・新規事業についての実態を知りたい方へ

 

 

結論

・新規事業は「仕事をつくる」ことが必要になる

・新規事業のスタッフに「向き」「不向き」がある

メリットを理解する前に介護・福祉の「新規事業・オープニングスタッフ募集」の特徴を知ろう

介護や福祉の新規事業の特徴として、「比較的経営が軌道に乗りやすい」ことが挙げられます。

見込み顧客もつきやすいため、一般企業の新規事業よりも介護・福祉業界の新規事業は経営が比較的安定しやすいことが特徴としてあげられます。

 

基本的に介護・福祉のサービスは「顧客を満たすことができれば」財務数字としては問題ないことが多いと思います。

ただし介護・福祉経営の難しい問題点として、「既存事業・新規事業」ともに、働く側が集まらないことが多いです。

 

そのため求人において、職員スタッフを集められない限り、新規事業は頓挫しやすい傾向にあります。

介護・福祉の事業においては、「働く側をどう集めるか」がポイントになります。

そのため、新規事業においてはオープニングスタッフを集めることができるかがポイントになります。

 

一般企業においては、新規事業を開始する際は、事業戦略をうまく軌道に乗せられるかがポイントですが、職員は集まりやすい傾向にあります。

介護・福祉の事業と「全く逆のこと」が起きることが特徴になります。

本部が「ある」介護・福祉の新規事業のメリットとデメリット

本部が「ある」ことは、経営母体があることを示します。

そのため本部機能を持った事業所が存在し、次の拠点を作る新規事業です。

メリットとしては、新規事業となる場合、経営母体があることから「比較的職員の教育など、ノウハウも蓄積されている傾向」があります。

 

そのため職員を集めきれさえすれば、最もベーシックな新規事業の展開方法だと思います。

デメリットとしては、新規事業の働く側としての醍醐味である「仕事の自由度が制限されやすい傾向」にあります。

つまり新規事業といっても「今までやってきたノウハウ」をそのまま流用することが多いので、「新しいことを生み出す」ということにはなりません。

本部が「ない」介護・福祉の新規事業のメリットとデメリット

経営母体も何もなく「全く1からの新規事業の場合」は働く側からすれば、「自分のやりたいことが実現しやすい」ことになります。

このことが、新規事業のオープニングスタッフの醍醐味・メリットになるかと思います。

 

本部が「ない」新規事業は「起業する」ということも指します。

起業する方によっては、今までのキャリアから介護や福祉のノウハウがお持ちであれば、実際に運営することについては問題ないことが多いかと思いますが、実際に経営となると数字の把握や従業員の管理なども必要になってきます。

そこをうまく乗り越えることができるのかがポイントになります。

デメリットとしては、「職員教育やノウハウを貯めていくこと」を「1からする」必要があることです。

 

例え、個人としてのキャリアからのノウハウを持っていてたとしても、「組織」としては全くノウハウがない状態になります。

介護・福祉の事業の新規事業は「組織作り」が難しいことが特徴としてあります。

介護・福祉の新規事業・オープニングスタッフは「自主的に動ける人」が有利

本部が「ある・ない」に関わらず、新規事業に関しては「自主的に動ける人材」が有利です。

この自主的に動けることは、自分で考え・自分で判断できる人を指します。

そのため指示があった方が働きやすい人は、残念ながら新規事業には不向きだと思います。新規事業は、安定するまでは「上司からの指示がなく、職場の方針も定まりにくい」ことがあげられます。

 

実際には、新規事業と聞くと「キレイな職場で働くことができる!」「人間関係も新しいことからスタートできる」そのようなイメージがありますが、中古物件などを改修して、新規事業の拠点とすることも多く、決して新しい職場が「新築である」ことはありえません。

 

また「人間関係」についても、スタートは同じになりますが、徐々に変化してくることも考えられます。

よくありがちなパターンとしては、「自主的に動く人材」と「指示待ちの人材」が混在していることにより、新規事業の方向性が整わず人間関係が乱れることが多いです。

介護・福祉の新規事業・オープニングスタッフは「未経験者は避けたほう」が無難

新規事業においては、未経験の方は避けた方が無難だと思います。

理由は「教育体制が整っていない」ことが多いからです。

未経験の方は、介護・福祉の基本的なことを学ぶ事が重要になります。

そのため、新規事業がどうしてもいいという場合を除いて、未経験の方はノウハウを学べる事業を転職先として候補に考えるとよいかと思います。

 

どうしても、新規事業が良いと考えている場合は、母体がある新規事業へのオープニングスタッフに勤めることがおすすめです。

本部がある新規事業に関しては、「職員への教育」「ノウハウもたまっている」ことが多いですので、未経験の方で新規事業を狙っておられる方は、本部がある新規事業を選択すると働きやすい可能性があります。

まとめ:新規事業・オープニングスタッフ募集のメリット・デメリット

「新規事業のオープニングスタッフ募集!」と求人票に記載さえれていても、「本部のある・ない」の状況で、意味合いが大きく異なります。

新規事業の一番のメリットは、「1から自分のしたいことを作ることができる」「創造性を発揮できること」になります。

 

そのため本部が「ない」新規事業においては、「経験があって、なおかつ自主的に動くことができる方」が向いていると言えます。

 

本部が「ある」新規事業においては、「創造性を発揮できる」ことは、幾分少なくなりますが、「未経験の方でも教育を受けることが可能になる」といえますのでおすすめです。

新規事業においては、今から「ホワイトな職場」になるのか「ブラックな職場」になるのかが決まっていきます。

ですので、よく吟味することをおすすめします。

 

新規事業・オープニングスタッフも多くの求人票があります。

その中から、自分に合う職場を選ぶことは至難の技です。

下記のノウハウを活用することによって『驚くほど簡単』にみつけることが可能になります。

運命は必ず良い方向に変わります♪

参考になれば幸いです。

【必見】転職条件で社会福祉法人を選ぶメリット【介護・福祉】

転職するための条件に「社会福祉法人」を選ぶメリットはたくさんありますよ。

「介護・福祉の仕事に就きたいけど・・・株式会社と社会福祉法人はどう違うの?」

「社会福祉法人ってなんか暗いイメージがある」

「社会福祉法人って待遇が悪そうだけど・・・どうなの?」

転職して介護や福祉の仕事を始めようと思ったら、社会福祉法人が行う福祉事業の求人票にも興味を持たれるのではと思います。

 

特に未経験の方などは、株式会社はイメージがつくけども、社会福祉法人についてよくわからないこともあるでしょう。

興味を持った求人票を見つけた時、その法人の事業所規模で比較する方法をお伝えしました。

今回は「転職条件で社会福祉法人を選ぶメリット」をテーマにお伝えしようと思います。

こんな方にオススメ♪

・社会福祉法人とそれ以外の法人を知りたい方へ

・転職活動をお考えの方へ

・社会福祉法人を知りたい方へ

 

結論

・安定志向の方には「社会福祉法人」が向いている

・組織が安定している法人は多い

転職条件としてのメリットを理解する前に「社会福祉法人」を理解しよう

社会福祉法人は、社会福祉事業を行うことを目的とした、社会福祉法の規定に基づく認可を受けた法人です。

つまり社会福祉法人は、社会福祉サービスを行う介護・福祉事業の専門的な法人といえます。

 

社会福祉法人は株式会社や医療法人などの法人格の一種です。

よく社会福祉法人は「行政が母体」としてあると理解されていることが多いですが、実際には行政が母体としているわけではなく、民間の団体です。

転職条件としてのメリットを理解する前に「社会福祉法人と株式会社」の違いを理解しよう

社会福祉法人は「非営利団体」にあたります。

株式会社は「営利団体」になります。

株式会社とは違い、社会福祉法人は利益の分配などはありません。

厳密にいえば、「利益」という言葉すら存在しません。

 

非営利の組織ということが重要で、社会福祉法人は「公益事業」となります。

そのため、基本的には「公の利益になるような事業」を行って行く必要があります。

後述しますが、そのために税制上の優遇措置などが存在しています。

 

株式会社は「社会福祉事業」に特化せずとも、社会福祉事業を行いながら他の営利の事業も行うこともできますし、主とする事業が福祉サービスでなくても構わないことになります。

株式会社は「事業目的が自由」なため、現在では福祉事業に参入することも容易になります。

 

社会福祉法人の場合は、収益事業ができないこともないですが、基本的には公益事業を行わないといけません。そのため主の事業が必ず「福祉事業である」必要があります。

転職のメリットになる理由は「社会福祉法人が税制上有利」であるから

株式会社であれば、利益に対して税金がかかりますが、社会福祉法人の法人格を持つと支援・助成が受けられます。

「利益」という言葉が存在しないと先述しましたが、「稼ぐ」という目的がない以上、行政からの支援や助成で予算を確保していくことができます。

 

社会福祉施設等の施設を運営する事業の場合は、施設整備に関する補助が受けられることもあります。

また、社会福祉事業は公益性が必要になることから、法人税・固定資産税などの税制優遇措置があります。

つまり社会福祉法人は、税制上有利になることが多いといえます。

そのため社会福祉法人が営利的な目的に走らず、しっかりとした公益性を担保する事が必要になります。

社会福祉法人で就職する「待遇面」のメリット

社会福祉法人は株式会社のサービスと違って、業績による結果で給与が変動しないことが一番のメリットです。

つまり「給与が安定している」と言えます。

社会福祉法人の規模が大きくなると、福利厚生も整っていることが多く、実際には退職金制度なども準備されている法人がほとんどです。

「資格の取得支援制度」なども整備している社会福祉法人もあるので、資格の習得によるスキルアップもしやすいといえます。

社会福祉法人で就職する「事業継続性」のメリット

社会福祉法人は業績が安定することが多いので、事業の継続性においては「非常に高い」と言えます。

事業開始から「何十年も続いている社会福祉法人」は実に多いです。

社会福祉法人は過去「国から保護されて経営されてきた」経緯もあるので、事業年数が長いことが多いのは当然ではありますが、比較的現在でも「倒産・解散」することは少ないです。

 

株式会社が福祉事業に参入が本格的にできるようになったのは2010年代になります。

福祉事業を主な事業にしながら、継続できている株式会社は不明ですが、一般的に株式会社は景気によって倒産することが多いです。

つまり業績が悪いと福祉事業においても「撤退や倒産をする」可能性があるといえます。

 

株式会社は福祉事業のルールを守りながら、利益追求をすることが可能です。

そのため事業戦略がうまくいけば、株式会社でも「継続性がある」と言えますが、福祉事業は、経営と福祉的感覚のバランスが重要になります。

過度な利益追求した福祉事業活動は危険でもあります。

まともに福祉事業を行おうとすると、経営を考えていかないと、赤字になりやすい傾向があるので「事業継続性においては、社会福祉法人に有利さがある」といえます。

社会福祉法人で就職する「キャリア構築」のメリット

社会福祉法人で働くことになると、介護・福祉に関わる特定のスキル及び専門性を身につけることが可能になると思います。

社会福祉法人は「比較的長い歴史を持つ法人」が多く、ノウハウがしっかり溜まっている法人であれば、学ぶ機会は多いと思います。

しかし、スキル面に関しては学ぶことが多いものの、勤めながら出世・昇進によるキャリアを上げていくことは、社会福祉法人の規模にもよりますが、株式会社と比べ比較的難しいことが多いです。

 

社会福祉法人で出世・昇進をしようとすると、「勤務年数が長い職員がいる傾向にある」ので、実力主義よりも、「年功序列体制」になりやすいことが傾向としてあります。

しかし、社会福祉法人において、年功序列の体制が悪い側面ばかりではなく、勤務年数が長い職員が出世することにより、事業の安定性が生まれることが多いです。

 

職場の雰囲気も安定していることが多く、悪く言えば「刺激が足りない」と感じることもあるかもしれませんが、「ゆとり」をもって働くことも可能だといえます。

また、キャリア構築においては、転勤を必要としないこともメリットだと思います。

社会福祉法人は「地域に密着する傾向」にありますので、特定のエリアで活動している事が多いです。

「地域に根ざした働き方」をしたい方は、特に社会福祉法人がおすすめです。

まとめ:転職条件で社会福祉法人を選ぶメリット

介護や福祉の仕事に、「どっぷりとはまって」仕事をしたい方は、社会福祉法人の方がメリットがあると思います。

また「地域に根ざした働き方をしたい!」という方も社会福祉法人が向いています。

デメリットとしては、「出世などによる待遇向上がしにくいこと」があげられますが、この部分においては、行政主導による待遇改善の施策や、キャリアパス制度も普及してきていますので、明確なデメリットとはいえません。

 

また、実力主義というより年功序列になりやすい特徴がありますが、「出世をしたい」と考えればデメリットになりますが、経験がある職員が出世することにより、「働きやすい職場」になることはあります。

 

そのため、年功序列体制がデメリットになるかは、考え方次第のところがあります。

社会福祉法人は「比較的長い歴史がある事業所が多く、『昔ながら』の福祉の考え方をしている法人もあります。

事業年数が長いことにより、変化に乏しくアイデアも出しにくい傾向があります。

そのため社会福祉法人といえども、変化が苦手な「ブラックな職場」はあります。

そのような社会福祉法人に勤めると、「勤めるメリットは全くない」と考えて良いかと思います。

 

「社会福祉法人に勤めたい!」とお考えの際は「ホワイトな職場」を選ぶようにしましょう

数多くの求人票から「ホワイトで、理想の職場」を見つけることは至難の技です。

下記のノウハウを使うことによって、『驚くほど簡単に』見つけることが可能になると思います。

運命は必ず良い方向に変わります♪

参考になれば幸いです。

【転職】介護・福祉でブラック職場とホワイト職場の7つの違い

転職に成功するために介護・福祉でブラック職場とホワイト職場の違いを知ろう!

「今の職場でこのまま働いていいのか?」

「職場選びに失敗したくない!」

そのような悩みは、介護・福祉の仕事をするにあたって重要なポイントになります。

せっかく労力を使って転職したのに、「転職の失敗」は誰だってしたくないのです。

 

「働きやすい職場」で働くことは、自分のキャリアを上げることになります。

当然ながら「仕事が楽しい!」と「やりがい」をもって働くことができるからです。

多くの転職する方は「働くなら、「ホワイトな職場」で働きたい!」と考えるものです。

そのような職場で働くことになると、「ワーク・ライフ・バランス」を保ちながら、医療・福祉従事者としてスキルアップしやすいです。

 

今回は「『ブラックな職場』と『ホワイトな職場』の違い」をテーマにお伝えします。

こんな方にオススメ♪

・「ブラックな職場」での働き方を変えたい方へ

・「ホワイトな職場」への転職をお考えの方へ

・今の職場で不安な方へ

 

結論
・「違い」が明確にわかれば、転職成功しやすい!

介護・福祉の仕事での「ブラック職場とホワイト職場」の違い

私自身も経験がありますが、「ブラックな職場」とホワイトの職場は明確な違いがあるように思います。

私の経験から7つのポイントを紹介します。

介護・福祉の仕事での「ブラック職場とホワイト職場」の違いは「離職率」にある

「ブラックな職場」と「ホワイトな職場」は、当然ながら離職率が違います。

「ブラックな職場」の多い傾向として、勤続年数が比較的短い間に離職する傾向があるということです。

 

「ブラックな職場」に勤めると3年以上の職員が少ない傾向に気づくかもしれません。

「ブラックな職場」は、3年以上勤めることが難しいのです。

そのため組織内で「中間層が少ない」「3年以上5年未満勤務者が少ない」傾向にあると離職率が高いと言えます。

 

「ホワイトな職場」は働きやすさから自然と離職率が下がっている傾向にあるります。

中間層が比較的多いことがあります。

ただし、介護・福祉業界においては、女性も活躍しやすい状況であることから、人生的なイベントにより退職に至ることは、「ホワイトな職場」でも多い傾向にあります。

ですので、必ずしも「離職率が高い」ことが、「ホワイトな職場ではない」と断言することはできませんが、雰囲気が良い職場であれば、悪い離職率ではないと判断できると思います。

介護・福祉の仕事での「ブラック職場とホワイト職場」の違いは「労働時間」にある

「ブラックな職場」と「ホワイトの職場」では、労働時間の長さが明らかに違います。

これは残業時間も含みます。

サービス残業が多いから「ブラックな職場」というわけではありません。

残業代が支給されてるとしても「ブラックな職場」である可能性はあります。

その理由は「労働時間内で終える」ように、業務効率や改善をしないことが考えられるからです。

 

「ホワイトな職場」は、労働時間が短いことが多いです。

「ホワイトの職場」は、生産効率が高いことが多く、時間管理が厳密に行われている職場も多いです。

そのため介護・福祉業界の「ホワイトな職場」は、職員一人一人に与えられた職務が明確になっていることが多いです。

その結果「定められた労働時間」で必要な仕事が終わる工夫があるといえます。

 

また決められたルール等を職場内で徹底することにより、連携して業務が終わりやすいような工夫を取っていることが多いです。

そのため「人間関係」も良好で仕事することも可能になります。

介護・福祉の仕事での「ブラック職場とホワイト職場」の違いは「教育制度」にある

「ブラックな職場」は、職員への投資をあまりしません。

事業の将来性を高めていくためには、職員のスキルアップが欠かせません。

つまり「ブラックな職場」は、「やりがいの搾取になる」ことが多いです。

そのため、積極的に「職員の教育へ投資する職場」であれば、「職員の満足度も高くなりやすい」と言えます。

 

「ブラックな職場」は職員への貢献は求めますが、「人材への教育投資をする概念」はあまり持っていないことが多いです。

そのため即戦力になれる人材を求める傾向にあります。

「ホワイトな職場」は職員への投資を積極的に行い、それと同時に職員が貢献することも求めます。

介護・福祉の仕事での「ブラック職場とホワイト職場」の違いは「休暇制度」にある

「休暇制度」については、働き方改革もあり「ブラックな職場」「ホワイトな職場」どちらとも求人票などの表面上では、判断することが難しいです。

明確な違いは、「休みの取りやすさ」になります。

 

例えば「育児休暇」に関しても、「ホワイトな職場」であれば積極的な活用を推進する事が多いです。

育児に専念することが、結果として「長く勤めてもらえることになる」ことを「ホワイトな職場」は理解しているからです

「ブラックな職場」は、そのような制度をたとえ持っていたとしても、活用することに消極的です。

ですので、実際には「制度があるだけ」で、実態を職員そのものが知らないこともありえます。

介護・福祉の仕事での「ブラック職場とホワイト職場」の違いは「解決力」にある

「ホワイトな職場」は、マネジメントする側の人材が育っていることが多く、なおかつマネジメントする人材も「働きやすい」ことを感じているため、精神的なストレスを職場に影響を与えることなく、業務をしていることも多いです

 

そのため、職員も上司に対して「相談がしやすい状況」が生まれ、その都度職員が抱える困りごとを解決できることが多いです。

 

「ブラックな職場」ではマネジメントする人材が機能していないことが多く、精神的にも余裕がない状態でマネジメント業務をしていることがあります。

管理者の疲弊は、職場の雰囲気にも影響することがあり、精神的な面で働きにくい環境になることが多いです。

介護・福祉の仕事での「ブラック職場とホワイト職場」の違いは「方針浸透」にある

「ホワイトな職場」は、職員一人ひとりが「職場の方向性」や「事業戦略を理解している」ことが多く、それに沿って働いている職場が多いです。

介護・福祉業界の事業では、実際には「方向性」や「事業戦略」を職員ひとりひとりが理解しているというよりかは、ホワイトの職場は不満がない状態が多いように思います。

 

介護・福祉業界ではこの「不満がない」という状態が重要で、「介護・福祉業界の役割は福祉ニーズのある方々への為に対応する仕事」という不変の方針があります。

ですので、それに対して事業所の考え方に「不満がない」ことはとても重要なことです。

「ブラックな職場」は、利益優先の方向性や事業戦略があることが多いです。

そもそも事業戦略や方針が明確に存在しないこともありえます。

そのため、職員に説明をしていないこともありえますので、働く側と齟齬が出ている状況もあることから、組織的な統一感は生まれません。

介護・福祉の仕事での「ブラック職場とホワイト職場」の違いは「将来性」にある

その職場自体の将来性は、「組織として社会貢献が見えるカタチでできているか」になります。

介護・福祉業界の中で「ホワイトな職場」は、地域への社会貢献をPR していることも多いです。

「ブラックな職場」は自分の職場が優先的にあるので、社会貢献をする『ゆとり』がありません。

それが、ダイレクトに働く側に「響く」ことがあります。

まとめ:介護・福祉でブラック職場とホワイト職場の7つの違い

「ホワイトな職場」と「ブラックな職場」の違いを理解して、転職活動をすることは「転職を成功させる」ことに重要なことです。

福祉事業は多くの法人が参入するようになって、その社会的需要の高まりもありとても多くの求職票があります。

多くの情報の中から「理想の職場」を見つけることは非常に難しいことではありますが、下記の記事のノウハウを活用することによって、理想の職場を見つけることは驚くほど簡単になると思います。

運命は必ず良い方向に変わります♪

参考になれば幸いです。

採用試験・面接対策は内容より「その前」が大切!【介護・福祉】

内定をもらうために、採用試験・面接を乗り切りましょう!内容よりポイントをおさえましょう!

「退職して転職することを決めた!でも採用試験はどうしよう・・・」

「採用試験があるなら、応募することはやめようかな・・・」

採用試験があると面倒だと感じやすいですよね?

 

できれば簡略化して、面接だけで働くことをしたいと考えることは、自然なことです。

介護や福祉業界で「良い職場」は、採用試験をしっかりと行なっている傾向があります。

 

それについては下記の記事をご覧ください。

今回のテーマには下記の記事もオススメです♪

採用試験があるからと言って、「その職場に申し込みをしない」というのは「『損』をしている可能性の方が高い」ように思います。

ですので、採用試験があるからと言って見送る必要はありません。

今回は「採用試験・面接対策は内容より「その前」が大切!」をテーマにお伝えします。

こんな方にオススメ♪

・転職をお考えの方へ

・応募したい転職先に採用試験がある方へ

・近々採用試験を控えている方へ

 

 

結論
・ 「内定をもらうため」の採用試験に入る前のポイントをおさえよう!

介護・福祉で採用試験・面接対策は内容より「その前」が大切と言える理由

介護・福祉業界も、採用試験は様々な試験内容を取り入れている職場が多いです。

大規模法人は、まず間違いなく面接以外にも、筆記試験などを 取り入れ様々な角度から求職者を判断しようとしています。

中小規模の法人であれば、面接試験だけで内定を出す職場は多い傾向があります。

ただし中小規模法人でも、「しっかりと良い人材を見極めたい!」と考えている職場は、複数の面接試験を行う等で、判断することもあります。

そのため、「採用試験があることを前提」にして、転職活動をしておいた方が転職成功をしやすいといえます。

採用試験を通して、内定を得るための全過程でのポイントを紹介をしていきます。

介護・福祉で採用試験・面接対策は内容より「その前」:マナーは全職員に気をつけること 

マナーに最大限に気をつける事が1つ目です。

募集に応募すると決め、その事業所に連絡した時点より「人事担当者に関わる」ことになります。

その人事担当者に誠心誠意の礼儀を尽くすことだと思います。

ポイントは「その人事担当者だけではない」ということです。

その職場で出会う人・話す人全員にきちんと礼儀を守りましょう。

 

礼儀を全員に尽くす理由は、他職員に対して礼儀・マナーを守らなかった場合、事務職員から人事担当者に「この人はこういう人間性もありますよ?」と報告にされる場合があります。

つまり、いくら人事担当者の前『だけ』礼儀・マナーを守ったとしても、他の職員からネガティブな報告をされればアウトになる可能性があります。

 

採用試験において、その職場に赴く時には確実に会う人全員に礼儀を尽くしましょう。

そのようにしないと、採用試験でのポイントが高くても、ネガティブな報告をされたら内定まで結びつかない可能性があります。

実際に人気の事業所は、合否の決定は「窓口となった事務員」の意見も聴く事業所も実際にあります。

また内定をもらって、実際に働くようになったら同僚になります。

印象が良いほうが得です。

介護・福祉で採用試験・面接対策は内容より「その前」:時間の流れに対応すること

時間の流れに対応することが2つ目です。

社会人として「時間を守る」は、当たり前の事ですが、気をつけるポイントがあります。

職場によって「時間の流れ方」が違います。

例えば、早すぎて嫌がられることもありますし、早く到着することが当たり前だと考える職場風土もあります。

 

ですので「時間」については曖昧な部分が多く、根拠なく「5分前には到着しておいた方がいいだろう」という考え方になる方が多いです

そのような考えでも悪くはありませんが、「あたりまえのこと」なので印象が普通です。

採用担当社に良い印象は与えられません。

「時間」も意識して良い印象を与えましょう。

具体的な方法は、「15分前には、着いていました」とアピールをすることです。

具体的には、受付窓口に行って

「本日採用試験を受けに来た〇〇と申します」

「少し早く着いてしまいました」

「お邪魔になるようでしたら車の中で待機しておきますがいかがでしょうか?」

上記のようにその職場に伝達しておくとよろしいかと思います。

 

人事担当者がそれを聞いたら「報告・連絡・相談ができる人」だと良好な印象も与えられます。

介護・福祉で採用試験・面接対策は内容より「その前」:応募を複数していることを悟られないようにすること

複数応募を悟られないようにすることが、3つめです。

「他の事業所と検討している」ことを、悟られないように努力することです。

転職活動を始めると、一つに絞るということはやめたほうがいいと思います。

複数の応募先に申し込んでも、全然構わないです。

複数から検討することはリスク管理としては正しいといえます。

 

「採用結果が出てから、次の応募を検討する」ことが良い転職方法とする考え方もありますが、生活もあることですし、転職活動を急ぐ人には適切ではありません。

ですので、複数から応募する考え方は全然間違ってないです。

「なぜ複数の申込みをしていることを、悟られないようにするのか?」

雇う側からの考えをイメージしましょう。

 

おそらく転職条件を明確にし、合致した職場はおそらく人気の職場です。

ですので、複数の職場から選んでいる=「この職場に絶対入りたいという意思のない人を雇うメリットがない」と雇用する側は判断する可能性があります。

 

つまり、「悪いイメージ」を人事担当者を「し易い」のです。

だから「悟られないようにする」ことが、良いです。

あえて複数の申し込みをしていることを述べる必要はありません

持っているスキルに希少性があり、自信があるものであれば「他の職場にも申し込んでいます」と交渉することもあるのかもしれませんが、内定を得ることに注力する場合は「交渉」は、避けるべきです。

 

採用試験関係では、他と申込みが重複していることは悟られないようにしましょう。

人事担当者でなく、連絡を取る方が全てです。

もし「他の職場に応募していますか?」と聞かれたら、正直にお話しましょう。

このように人事担当者が聞くことは、「興味」をもっている証拠になります

つまり「他の応募している職場に行かれないように、採用しておきたい」という人事担当者の気持ちの現れになります。

 

ですので聞かれたら正直に答えましょう。

「もし内定がウチと他の2つ出たらどちらを選びますか?」

こう聞かれたら

「改善志向が強いと感じる職場を求めています」

「利用者主体を感じる職場を選びます」

このように選ぶ基準を伝えましょう。

そのため選ぶ基準を明確にしておく必要があります。

それについては下記の記事をオススメします。

今回のテーマには下記の記事もオススメです♪
採用試験・面接対策は内容より「その前」:内定を複数もらった場合の断り方についての例

内定を複数もらえた場合、内定を断る職場については説明をすればいいだけです。

「内定をいただきありがとうございました」

「他の職場からも内定をいただきました」

「検討した結果他社での内定を承諾することにしました」

「ご縁を頂戴したのに失礼にあたるような行為なり申し訳ありません」

「貴社の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます」

上記のようなことを、電話やメールで伝えるとよいです。

★複数の内定もらったけど内定辞退はいい?【介護・福祉の仕事】

まとめ:採用試験・面接対策は内容より「その前」が大切!

介護・福祉業界は、人材不足が顕著ですが「どこでも選べば良い」というわけではありません。

「応募先の職場を見極めること」

「見極めたら、その良い職場に入社すること」

上記が王道のルートです。

 

「採用試験がないことを条件」に、転職活動をする方がおられますが、基本的に採用試験のあるなしで応募先を選ばない方が宜しいかと思います。

しかしながら、「数ある求人票からどのように良い職場を選ぶのか?」そのノウハウも必要になってきます。

当ブログでは、「ホワイトで理想的な職場の探し方について」ノウハウを記事にしていますが、下記のノウハウを使うことによって「転職活動は『驚くほど簡単』になると思います。

そしてなおかつ、採用試験などの情報も事前に得られることも可能です。

運命は必ず良い方向に変わります♪

参考になれば幸いです。

【秘訣】転職成功!退職を決意した後の行動で差が出る!【介護・福祉】

転職成功のポイントは退職を決意した後の行動で差が出ます!

「転職しよう!明日退職届を出す!」

そのように決意した後に正しい行動をすると、後々の転職活動を有利にできることもあります。

介護・福祉の仕事に「つらい」と感じる部分があることは、このブログだけで様々な所で「つらい」情報が流れています。

介護・福祉の全ての職場が「つらい」わけではありませんが、残念ながらブラックな職場に勤めてしまうと、「介護の仕事はつらい」「福祉の仕事はつらい」と感じると思います。

実際に私もそのような経験をしてきました。

 

「退職」を決意をしたのであれば、次は「楽しい職場をみつけるため」に行動するべきです。

「退職はしたくなかったけども、家庭の事情で退職された方」も次も楽しい職場をみつけるための行動が必要です。

今回は「転職成功をキーワードに、転職を決意した後の行動」をテーマにお伝えします。

こんな方にオススメ♪

・転職を近々考えておられる方へ

・退職を考えておられる方へ

・ブラックな職場に勤めておられる方へ

 

 

結論

・退職届けを出す前の「相談」が大事

・その相談で現職での「自分の価値」がわかる!

転職を成功させるために、退職を決意したら「退職届を出す前」に行動することがある

退職を考えようとすると、「退職する時期」や「退職届けを書くこと」を考えると思います。

退職を考えている時期に、「しなければならないこと」があります。

退職を決意する「前」は下記の記事でお伝えしています。

今回のテーマには下記の記事もオススメです♪

今回は、退職を決意した「後」になります。

「退職届け」「辞表」を提出することではありません。

上司に退職を切り出すことでもありません。

 

「転職をしよう!」と決意しても、すぐ次の仕事に移ることが出来なければ「貯蓄を減らして生活してしまう」ことになりかねません。

退職を決めた後は辞表を出す前に「転職活動」をした方が賢明だとおもいます。

そのまえに、転職活動を成功させるためにも、「退職を決意したら、次の転職先の「探し方」について」を明確にしておいた方がよいです。

 

転職を成功させるために退職を決意したら、次の転職先に「求める条件」を明確にする

退職を考えるときには、「退職すること」ではなく、「退職した後」を考えることです。

退職した後に考えることもいいのですが、それではスタートダッシュが遅れてしまうこともありますし、一旦止めてしまうと働くことへの気が抜けて判断力が落ちてしまう可能性もあります。

 

判断力が落ちている中で、転職先を見つけることは失敗を招き

ですので、勤めている時に「次の転職先への条件」を作っておいた方がいいのです。

転職を成功させるために「求める条件」を明確にする具体的方法

転職先に求めることは何でしょうか?

「自分の考え、欲求のまま」想像してみましょう。

自由に使える「お金」を増やしたい!だから次の転職では年収を上げたい!

人間関係が悪いと精神的にきついから、次の転職先では良好な人間関係が条件!

子どもと一緒に過ごす時間が欲しい!だから、ワーク・ライフ・バランスがとれるように、休みが多いことが条件!

様々な条件を職場に求めることがあるかもしれませんが、全てが揃った職場を見つけるということはかなり難しいです。

 

全て自分の要望通りの職場を見つけることは至難の業ですから、具体的にすることは「何が自分にとって、重要で絶対に外せない条件なのか?」を明確にすることです。

転職を成功させるため退職を決意したら「全ての条件」を書き出そう!

転職先に求める条件を全て書き出しましょう。

いくつでもいいのです。

10個でも20個でも書けるだけ書いてみましょう。

できればその中に「数字」が入っているといいです。

具体的にするためです。

例えば、

「年収は〇〇万円以上」

「休日日数〇〇日以上」

「職員人数は〇〇人以下(以上)」

このように数字を入れて書きましょう。

転職を成功させるため退職を決意したら、「条件を絞る作業」をしよう

その後に羅列した条件から、絶対に外せないことを、3つぐらい書き出すとよいです。

条件がありすぎると、「選べる」転職先が少なくなってしまいます。

妥協した選び方は、入社したとしても納得感がない状態からのスタートになりやすいです。

転職先に失敗している人は、「妥協して選ぶから、失敗する」のです。

もちろん、絶対外せない条件が3つとも合致したとしても「必ず良い職場だ」ということはありません。

しかし、転職先の選び方で重要なのは「絶対の条件が合致していて、その他の条件は転職先に合わせられる」ことがポイントです。

転職を成功させるため退職を決意したら、「なぜ条件を絞る」のか?

条件をすべて転職先に求めていたら、選ぶ転職先が少なくなっていくということがあります。

基本的に「働く」ことは、雇用側が採用しないと成立しません。

ですので、雇用側も「人材を採用する時の条件」が当然にあります。

求職者・転職者の方が条件ばかりを持っていても、雇用側の条件もあるため採用に結びつかないこともあります。

 

ですので多くの方は「転職活動を続ける中」で、理想の職場がないことに気づき、条件を妥協していきます。

それでは遅いのです。

転職活動を具体的に始める前から絶対に外せない条件を決めておくと、それが採用面接などで、雇用側と交渉しやすいことにも結びつきます。

転職を成功させるため退職を決意後の転職「条件を絞る」際の注意点

転職先の条件を絞る際に、「相反する条件を重ねること」は注意しておいた方がよろしいかと思います。

例えば「年収〇〇万円以上」という条件については、その「地域の相場給与」というものがあります。

特に社会保障で運営されている医療や福祉に関してはその地域の中で相場の給料が明らかに崩れるということはあまりありません。

 

ですので、その相場給料から明らかにかけ離れている状況になると、「なぜその給与を払えるのか?」疑問に感じることをしなくてはいけません。

株式会社等の法人格で「営利企業」であれば、営利的に福祉サービスを展開することは可能ではあります。

ですがその反面、経営的な考え方と福祉的な考え方のバランスがずれることを引き起こしやすいです。

ですので「年収〇〇万円以上」という条件を残す際には、その地域の相場を知っておくことが必要になると思います。

 

相場年収から、高い給与を提示されているのであれば、ワークライフバランスなどの休日休暇や、残業等の条件を求めると非常に難しいかと思います。

転職を成功させるため退職を決意後に「求人票」を見る時の注意点

条件を絞った後になりますが、実際に求人票を見てみると、求人票にはトラブルになることも多くありますので、注意して考えないといけません。

例えば先ほどの年収の例に換算すると、明らかに相場より高い月給を提示している事業所もあります。

実際にその高い月給に引かれて応募したとして実際に働いてみると年収ベースでみると、 相場より低いという状況もあります。

 

賞与や昇給コストを、月給に反映していることが多いからです。

働いてみてわかることはたくさんあります。

例えば「人間関係は良好ですよ!」とその職場でPRされて、それが事実だとしても人によって「良い人間関係」は違います。

転職先を選ぶにあたって「条件を絞る」ことは必要な工程になります。

まとめ:転職成功!退職を決意した後の行動で差が出る!

退職を決意した後「退職届」を出すと思いますが、実際に転職活動する前に「転職先に求める条件を整理」していくことが非常に重要なことになります。

「絶対に外せない条件」を明確にしておけば、応募先と交渉することも可能になります。

 

絶対的な条件を作っておかないと、転職活動中に妥協しながら探すことになります。

「良い職場を探しやすい具体的な行動」を今回ご紹介しましたが、さらに確実なものにするためには下記のノウハウを使って転職活動をすることです。

このことによって『驚くほど転職活動に成功することは可能』になると思います。

運命は必ず良い方向に変わります♪

実際に働き始めると、 転職活動に成功したかどうかは「仕事に対して楽しいと感じられるか」ということになります。

 

本来介護・福祉の仕事は「やりがいもあって、楽しいもの」です。

今では需要に合わせて、ブラックな職場も数多くあります。

そのようなブラックな職場に勤めることは、 自分の人生や健康にも影響を与える事が多いです。

ご参考になれば幸いです。

【未経験の方推奨】介護職の転職でも候補にした方が良い施設とは?

介護職・福祉職が未経験でも転職に成功して、その後自分の将来性を上げることが大切!

「介護職や福祉職に興味が出たけど、どんな職場についていいのかわからない!」

「施設の種類がありすぎてわからない!」

「未経験でも活躍できるのかを知りたい!」

そのようなことで困ったことはありませんか?

 

介護・福祉の仕事は未経験・無資格で働くことは可能です。

むしろ活躍できることが多いです。

活躍することに関しては、下記の記事がおすすめです。

今回のテーマには下記の記事もオススメです♪

介護初任者研修 を受けて、修了し「未経験だけど介護・福祉の仕事に就職したい!」そんな事も可能です。

むしろ、未経験でも介護初任者研修修了資格を持っているだけで優遇されたりします。

 

今回のテーマでお伝えしたいことは、未経験の場合は、どのような介護・福祉事業に勤める事がいいのか?ということです。

介護・福祉業界には様々なサービス種別があり、対象とする施設利用者も違ってきます。

現実には、未経験の方が「最初に勤めるべき職場のサービス種別」は、重要なポイントになってきます。

その職場で「長く勤める!」予定があるのであれば、もちろん希望とする事業を選択すればよろしいのですが、「別に事業にこだわりがない!とにかく経験できれば良い」のであれば、おすすめのサービス種別は存在します。

 

今回は「未経験・介護職の転職でも、候補にしたほうがいい施設」についてお伝えします。

こんな方にオススメ♪

・未経験での転職の方へ

・高齢者介護職への転職をお考えの方へ

・障がい福祉サービスに転職をお考えの方へ

 

 

結論

・特別養護老人ホーム(高齢)や生活介護事業(障がい)は技術取得がしやすい!

・技術を取得したら「どこでも通用する」

未経験者がまず重要視すること

未経験の方がまず重要視したほうがいいことは「技術の習得」です。

「介護技術の習得」または「支援技術の習得」そのような知識・技術の習得をまず重視した方がよろしいかと思います。

 

これには理由があります

今後もし「その職場から転職を考える」とした際に、経験者として見られることになります。

そのため技術に関する「ある一定の信頼感」は必要になってきます。

「この事業で勤めているのであれば、基本的な技術は習得しているであろう」そのような印象・予測を採用面接官にさせることが重要になってきます。

つまり未経験者の方が「今後の転職活動に有利」になるための「土台」にすることです。

「そのようなことを考えるのは、勤め先に失礼である」そのような考え方もあるかもしれませんが、「どのようなキッカケで、転職を決意するか?」はその時にならないとわかりません。

そのため未経験者の方は、将来的にも有利になれるように、「技術取得」を転職の条件として第一に考える必要があるのです。

 

残念ながら、未経験の状態で「給与に関する待遇」または「雇用側が譲歩しなければいけない条件」などを話し合うことは、非常に不利な状況になります。

自分の価値を付けるためにも、技術取得を最優先に考えた転職活動は自身の将来性を豊かにするはずです。

求められるスキルが高い環境で働く事の大切さ

まずは濃い経験を積むことが大事です。

介護初任者研修レベルの資格を習得されたのであればイメージしやすくなると思いますが、現場では教科書通りのケースは少ないと思います。

それよりも教科書に載っていないような経験をすることが非常に重要になります。

 

求められるスキルが高い環境で働くことは、周りの職員も必然的に高いレベルであるということが多いです。

その「高いレベルに未経験ながらでも合わせていく」ことは技術の取得を効率よくし、なおかつ「その施設の中で教えてもらいながら仕事ができる」ことになります。

 

そこで未経験の方にオススメな施設としては、下記になります。

高齢福祉サービス事業であれば「特別養護老人ホーム」

障がい福祉サービス事業であれば「生活介護事業所」

高齢福祉サービスでは「特別養護老人ホーム」がおすすめの理由

特別養護老人ホームであれば、日常的に「介護度が高い方を対応する」ことになります。

介護度の高い方を対応しなければならないことで、未経験や経験の浅い方は、特別養護老人ホームは転職候補先として考えない方もいるかもしれません。

しかし、介護職・福祉職として将来的に考えるのであれば、特別養護老人ホームで経験することは非常に貴重なことだと思います。

特別養護老人ホームで経験することは、大変なことも多いかもしれませんが、介護技術として「専門性の高いこと」を学べる可能性が非常に高いです。

しかも、特別養護老人ホームは24時間利用者の対応をする必要があります。

そのため、組織的に他専門職との介護ネットワークも優れていることが多く、現場でのチームワークも学べることが多いはずです。

ですので、未経験の方は「特に高齢者分野で働きたい!」とお考えであれば、特別養護老人ホームはおすすめです。

 

その他の事業所はなぜ適さないのか?

未経験の方が学ぶべきことは、先述した「技術取得」を重視した方がよろしいのですが、その中でチームワークの仕事も学んだほうが良いです。

もちろんチームワークの仕事は「人間性」によるものが大きいため、協調性に自信があるのであれば、他業界のチームワークの仕事と大きな違いがあるわけではありません。

「技術」と「チームワーク」の両方を学ぶことに適しているのが、高齢者分野では特別養護老人ホームになります。

他の高齢福祉サービス事業所が未経験の方に適さないわけではありませんが、今後の転職を考えた場合、特別養護老人ホームでの経験は「一定の信頼感」があるように思われる傾向にあります。

 

障がい福祉サービス事業所では「生活介護」がおすすめの理由

障がい福祉サービス事業所では、特別養護老人ホームなどと同じような入所施設もあります。

障がい者支援施設と呼ばれますが、障がいのある方が、その施設で生活する拠点となるということです。

そこで働くこともおすすめではあるのですが、障がいのある方の支援を考える場合は、「当事者家族への支援技術」も必要になってきます。

つまり、当事者家族への支援の技術を学ぶ必要があります。

そのため障がい福祉サービスの場合は、入所施設は、どちらかと言うと「家族から離れるケース」が多いので、家族支援というより、その方の支援メインになるかと思います。

 

障がい福祉サービスでは、就労型の事業所と違い、生活介護であれば生活支援・介護がメインになってきます。

つまり家族と連携を組みながら支援することが多くなると思います。

そのため障がいのある方への支援方法や介護技術の習得のみならず、家族への支援も学べることになると思います。

障がいのある方への支援の考え方として素晴らしい経験を重ねることができます。

 

その他の障害福祉サービス事業所はどうか

障がい福祉サービスの通所型においては、主に就労系と介護系に別かれます。

また、他にも入所型や在宅型などがあります。

障がい福祉サービスにおいては、どの事業所も未経験の方はどのサービス種別に勤めても「特別に差がある」とは思いません。

例えば、一般企業で働かれていた方も、その知識を就労系サービス事業所で発揮することは可能だと思います。

あくまでも「障がいのある方の介護や支援を基礎として学びたい」と思うのであれば生活介護事業はオススメです。

理由としては、就労系に勤められていた方が、生活介護系に転職すると支援技術を基礎から学んでいく必要があります。

逆に生活介護系を経験された方は、「就労系の事業に転職したい!」と考えた場合、「障がいのある利用者に対しての対応は基本的にできている」印象がありますので、採用面接官の印象は良いと思います。

まとめ

どの業界でも共通していることは、その業界の基本的な技術を正しく習得した場合は、「どこでも通用する」ということです。

それは介護・福祉業界でも同じことが言えます。

正しく基礎の知識と技術を習得し、経験をされたら、転職活動をしようとする場合には、どこでも通用するということになります。

どこでも通用するということになれば、後は選ぶだけです。

その選ぶ先が重要です。

 

未経験の方でも、経験して転職をしようとされる方でも、自分の将来を広げていくような就職先が必要になってきます。

自分の明るい未来を作っていくために、介護・福祉業界の転職や就職は、多くの求人票の中から「良い職場」を見つけなければなりませんが、それは至難の技です。

理由は、あまりにも需要が多くなりすぎて、介護・福祉業界の事業所は、職場の雰囲気やサービスに格差が起こっているためです。

下記の記事のノウハウで転職活動は驚くほど簡単になると思います。

運命は必ず良い方向に変わります♪

働いていて「楽しい!」と感じるような職場と巡り会えたら、介護や福祉業界で末永く活躍できると思います。

ご参考になれば幸いです。

【必見】大手の法人・企業が有利?介護・福祉の仕事の探し方!

大手の法人・企業の求人はいい?待遇は?メリット・デメリットを考えましょう!

「転職の候補先は、小規模な法人よりも大規模な法人の方がいい!」

「全国展開の法人・企業の方が待遇が良さそう!」

そのように考えたことはありますか?

 

転職活動で「法人規模を比較対象として、応募判断の基準にする方法」があります。

一般企業で言えば、この方法はメジャーだと思います。

経営的な体力面としては、大手の企業の方が優れていることが多いため、福利厚生などを考えた場合は、待遇面に焦点を当てれれば、「大企業の方が有利」といえます。

介護・福祉の業界で、この方法が通用するのか?

介護・福祉のサービスは、現在、株式会社などの様々な法人が参入しています。

その中でも、今回は福祉サービスを提供する代表的な『社会福祉法人』に焦点を当て、「介護・福祉業界における事業規模での判断の方法」をテーマにお伝えします。

(※社会福祉法人に焦点はあてますが、株式会社等の他の法人格でも、一般職員レベルでは、それほど大差ないと思います)

こんな方にオススメ♪

・転職の基準として法人の事業規模を考えておられる方へ

・法人の規模によるメリット・デメリットを知りたい方へ

・転職をお考えの方へ

 

 

結論

・大規模法人は、キャリア構築がしやすい!

・中小規模法人は、一体感を感じやすい!

大手の法人が有利なのか?法人規模での転職の考え方は?

介護・福祉業界の転職を考える時に、「法人の規模を基準にして、応募する判断の要素にする」ことはとても良い事だと思います。

法人規模によって、判断することは大規模法人、中小規模法人のメリット・デメリットを把握しながら、自身にあった職場を選ぶ必要があります。

法人規模によって、働くことにおいて「良い職場・悪い職場」がわかるわけではありません。

「実際の職場の雰囲気が良し悪し」は、決して法人規模ではわかりません。

今回は『社会福祉法人』に焦点を当ててお伝えします。
(※社会福祉法人に焦点はあてますが、株式会社等の他の法人格でも、一般職員レベルでは、それほど大差ないと思います)

 

大規模法人と中小規模法人の「待遇」については、基本的に「それほど差はない」と思って良いかと思います。

一般職員レベルになりますが、社会保障の中で事業活動しているので、収入に対する上限が決まっています。

ですので、規模が大きいと利用する方も多いので事業収入が多いことはありえますが、経費等も多くなってくるので、「待遇」に明確な差があるわけではないと思います。

ただし、大規模法人において前提条件として「経営的な体力があること」は、一般企業の大企業と同じだと思います。

大手の法人と中小規模法人とは?規模の定義

中小企業基本法で は下記のように規定されています。

「サービス業(福祉)にあたる中小企業の定義を従業員100人以下または、資本金5,000万円以下」

社会福祉法人には「資本金」という概念がありませんので、中小規模法人については、従業員100人以下と定義します。

また大規模法人については、従業員が100人以上と言えます。

介護・福祉業界での大手・大規模法人について

大規模法人の特徴的なものは「事業範囲が広い」ことです。

事業範囲が広いということは、対応する活動範囲も広いといえます。

「幅広い福祉ニーズに対応できる」ことが大規模法人の強みでもあります。

転職に関する介護・福祉の大手・大規模法人のメリット

大規模法人を選ぶ一番のメリットは「経営体力がある」ことに尽きます。

経営体力が強いことは、働く上で重要なことであって、将来的に社会保障制度が変化し、経営が難しくなる状況になっても、経営的な体力があれば「倒産しにくい」状況になるといえます。

「倒産しにくい」ことも、安心して働くために重要なことです。

ただし、株式会社など営利法人になると、「撤退」の判断があるため倒産はしなくても事業を廃止することは社会福祉法人より可能性があります。

社会福祉法人の場合は、廃止は容易ではありません。

 

経営的な体力があることについては、大手のメリットです。

また、それ以外にも数々のメリットがあります。

介護・福祉の大手・大規模法人は「福祉ニーズにおいて柔軟な事業展開」が可能

事業資金に「ゆとり」があることによって、新たなサービスを展開できることも可能になってきます。

展開するエリアにおいて、福祉ニーズに柔軟に対応することも可能になってきます。

このことは「チャレンジがしやすい雰囲気」に大規模企業はなりやすいといえます。

「チャレンジする情熱を、仕事の中で叶えていきたい!」という希望のある方は、大規模企業の方が向いていると思います。

介護・福祉の大手・大規模法人は「法人内の資金の融通が可能」になる

大規模法人であれば、ひとつの事業所が「赤字」を抱えても、黒字の他事業所がそれを補填したり、融通しあったりすることで、法人全体としては黒字を保つことも可能になってきます。

これが経営的なものだけではなく、職員一人一人にも安心して働ける材料になります。

 

本来、中小規模法人であれば赤字がある事業所は、職員に「プレッシャーがかかりやすい」といえます。

そのため中小規模法人は、職員一人ひとりの業務量も増えることが多いのですが、大規模法人は補填できる資金があるため、職員もゆとりを持って働けるというメリットがあります。

そのため安定して働きたいと方にとっては、大規模法人が向いていると言えます

介護・福祉の大手・大規模法人は「人事異動が可能となり、職員のキャリア形成」がしやすい

大規模法人は、様々な事業を持っていることが多いです。

例えば、高齢者分野に特化している事業所でも、障がい分野の事業所を持っていたり、様々な福祉ニーズを抱えている方に、対応できる事業所を持っていることが多いです。

そのため、一つのことを専門的に学ぶということでなく、様々な経験やキャリアを積むことが可能になると思います。

また事業規模が多いことは、出世のチャンスも増えるということです。

今回のテーマには下記の記事もオススメです♪

もちろん職員が多くなってくると、その出世のために「競争」も出てくると思いますが、事業が多いとそれだけチャンスは増えると言えます。

様々なことを学びたい方は、大規模法人の方が向いていると言えます。

介護・福祉の転職に関する大手・大規模法人のデメリット 

大規模法人のデメリットとして、代表的なものは「フットワークの重さ」と「人事異動」になると思います。

介護・福祉の大手・大規模法人は「意思決定に一定の時間を要する」場合がある

大規模法人は、基本的にフットワークが「重い」ことが多いです。

その理由としては、事業の権限が管理者といえども限定されていることが多いからです。

そのため、その都度「関連の部署」や「上層部で行動を決める」ことも多くなってきます。

フットワークが重くなりがちなので、「行動力を持って仕事をするタイプの方」は大規模法人は「仕事がやりにくい」と感じることも多いと思います。

 

ある程度、出世をしていけば裁量が増えるため、キャリアアップをしていくことで解決することはあろうかと思いますが、基本的に大規模法人は、行動力を持って仕事をするタイプにはデメリットになるかと思います。

介護・福祉の大手・大規模法人は「各事業サービスの統一的管理」が必要になる

大規模法人といえども、すべての事業所を「統一管理する」ことは難しいです。

もちろん大規模法人でも、サービスの統一性をしっかり管理していることもあると思いますが、通常は統一的な管理は、非常に難しい部分になってきます。

 

職員から見れば、同じ法人内の事業所でも働くにおいて「人気の事業所」や「配属されたくない事業所」などが出てくることが一般的です。

また、人事異動も頻繁に行われていることも多いため、定着して働きたいという方には不向きになります。

介護・福祉業界での中小規模法人について

中小規模法人については、「100人以下の従業員が働いている法人」です。

そのため大規模法人に比べ『小さい組織の強み』があるといえます。

介護・福祉の転職に関する中小規模法人のメリット

中小規模法人の一番のメリットは、特定のエリアにおいて「事業展開を鋭く深く展開している」ことが多いことです。

そのため「自宅付近の中小規模法人に転職した」ということになると、自身がもつネットワークを活用できたり、地域密着しやすいサービスを展開しやすいことはあります。

介護・福祉の中小規模法人は」意思決定が迅速」なことが多い

中小規模法人の『小さな組織の強み』です。

意思決定が迅速なことが多いので、職員に裁量が与えられていることも多いです。

そのため「行動力を強みとして仕事をする方」にとっても、働きやすいと思います。

意思決定が迅速なことは、「サービスをいち早く提供できる」ことや「チャンスを活かせる」ことになります。

介護・福祉の中小規模法人は「地域に特化したサービスをきめ細かく提供する」ことが可能

地域に密着している中小規模法人が多いので、地域に根付いた経営をしていけば、きめ細かいサービスを提供することが可能です。

そのため地域の中でパイプを増やしたり、ネットワークを作ることが可能になってきます。

人付き合いが好きな方にとっては、中小規模法人の方が転職のメリットがあるといえそうです。

介護・福祉の中小規模法人は「法人全体の一体感」が醸成されやすい

大規模法人は、「事業が別かれている」ため、法人全体で一体感を醸成する事は、なかなか難しいことです。

中小規模法人であれば、従業員が少ないこともありますが、全体での一体感は感じやすいといえます。

マネジメントする人材によりますが、大規模法人に比べ、中小規模法人の方が目が届きやすいこともあると思います。

そのため人間関係も、「中小規模の法人の方が、コントロールしやすい」といえます。

介護・福祉転職に関する中小規模法人のデメリット

中小規模法人のデメリットになる部分は、「サービスの展開において」と「キャリア形成」になります。

介護・福祉の中小規模法人は「サービスを多様に展開する際に制約」がある。

サービスを新しく展開しようとした時に、制約があることが多いです。

その制約で、代表的なものは「人員」になります。

新しいサービスを展開しようとした場合に、そこを管理する人材や新規で職員を確保しなければなりませんが、余剰人員を常に雇用している中小規模法人も少ないことが多いです。

 

新しくチャレンジしようとしたとしても、経営資金に限りもあり難しいこともあります。

そのため「チャレンジを積極的に行いたい!」と思いながら、働いている方については中小規模法人においては、デメリットになると思います。

介護・福祉の中小規模法人は「人事異動の幅が限られ、職員のキャリア形成に限界」がある。

サービスを新たに展開することが難しいことから、事業数もそれほど多くないです。

そのため、人事異動はあまりないといえますが、「新しいことを学びたい!」「キャリアを作っていきたい!」と考えている方にとっては、キャリア形成には限界があると言えます。

そのため、「仕事で学びたい!」成長意欲のある方に関して言えば、中小規模の法人はデメリットになることもあり得ます。

まとめ:大手の法人・企業が有利?介護・福祉の仕事の探し方!

法人規模を転職の判断基準にすることは、とても重要な事です。

しかし、「自分自身がどのような働き方をしたいのか?」「どのような強みや、力があるのか」 そのようなことを考えながら、向いている法人規模を考えた方が良いかと思います。

法人規模では、「待遇には差がない」ことが多いですが、経営体力においては、大規模法人の方が有利です。

しかし、「なにを優先するか?」をしっかり考えて、向いている職場を見つけた方がよろしいかと思います。

 

法人規模だけで「ホワイトな職場なのか」はわかりませんが、数多くある求人票から事業規模に問わず「良い職場を選ぶ」必要があります。

とても難しいことに感じるかもしれませんが、下記の記事のノウハウで良い職場を見つけることが『驚くほど』簡単になると思います。

運命は必ず良い方向に変わります♪

参考になれば幸いです。

残業代は?サービス残業当たり前?介護・福祉の仕事の実態

介護・福祉職は残業代が「しっかり」支給されるのか?サービス残業の実態は?

「介護・福祉の仕事はサービス残業は多い!」

「介護福祉の仕事は、サービス残業が多いと聞いたから不安・・・」

そのようなイメージはありませんか?

 

介護・福祉の仕事は、仕事内容の割には「給料が安い」と言われることもあります。

そのためサービス残業までしていたら、低賃金の上に長時間労働という過酷な状況に陥ってしまうこともあります。

介護・福祉の業界は「対人サービス」の仕事です。

その対象者も、「社会的に困っている方」を対象としますので、不測の事態というのもあり得ます。

不測の事態に対応していくと「残業」になることもあります。

他にも直接的な支援・介護だけではなく、事務的な作業も膨大にあります。

 

福祉系公務員であれば、残業をすれば「残業代は発生する」とは思いますが、民間の介護・福祉施設で働く職員の残業の実態はどうなのでしょうか?

今回は「『残業』をキーワードとして、介護・福祉の仕事の実態」をテーマにお伝えします。

こんな方にオススメ♪

・サービス残業が多い職場を避けたい方へ

・介護・福祉業界への転職を考えている方へ

・仕事した分の見返りを求める方へ

 

結論

・「サービス残業がある職場」に勤めること自体をおすすめしない!

・労働改善に成功している事業所に勤めるべき!!

介護・福祉業界の残業が多い?サービス残業の実態は?

サービス残業は「違法」になります。

本来サービス残業は、あってはいけないのです。

ただし、現実問題として介護・福祉業界だけではなく、他業界も「従業員の長時間労働」によって支えてきたケースはたくさんあると思います。

日本の働き方として「見返りを求める」というより、「会社へ貢献することが最優先」ということが重要視されてきたように思います。

残業を申請する人材は、「仕事ができない!」という低評価をする考え方もあるようです。

残業をすると「評価されない」のであれば、残業をしないことが通常の考え方になりますが、処理をしないと仕事は、どんどん溜まっていくことが普通です。

仕事を処理していくために「暗黙の了解」として、残業を行い、その「申請はしない・させない」ということが、サービス残業のプロセスになろうかと思います。

 

介護・福祉業界で「サービス残業の実態について調査をした資料」によると

4人に1人は「サービス残業をしている」
(出典:2019全労連介護労働実態調査報告書 ダイジェスト版

上記の調査結果になっているようです。

この調査はあくまで、「施設介護士と居宅介護のヘルパー」を対象に行なったものなので、全体的に介護・福祉業界へ「サービス残業が蔓延しているのか?」というと話は違ってくると思いますが、介護・福祉業界の中に「サービス残業の実態はある」と言えそうです。

 

残業代が支払えない理由としては、「自分から請求していない」という理由と「請求できる雰囲気にない」ということが上位に挙げられます。

「なぜこのようなことになるのか?」

経営の考え方として、利益主義的な考え方があるのではないかと考えられます。

 

介護・福祉業界の事業の中で、もっとも大きな支出は「人件費」になります。

おおよそ、その職場の総支出の60%〜80%は、「人件費である」と考えてよろしいかと思います。

その中から、事務経費や事業経費などの支出があるとさらに差額は少なくなります。

そのため「人件費を抑えたい!」ことが、経営的な手法として想像できます。

介護や福祉業務の性質上、対象者に対してのサービスが定時で終わらないこともあります。

 

例えば

サービスの利用中に体調が急変して、病院へ付き添いをした。

診察を終了した時には、定時を過ぎていた。

このような状況になると、病院へ付き添った時間が、労働時間外なら残業として申請するべきですが、それを「申請しない」ことになると「サービス残業」になってしまいます。

「申請させる雰囲気が職場にない」ことは「悪質な状況」になります。

「申請をしないのは、自分の責任である」ことなので、職場の責任を免れる可能性があります。

タイムカードを導入したとしても、タイムカードを押した後に残業をしてしまえば、「サービス残業」が可能ということになります。

 

ただし「多くの介護・福祉業界で、『サービス残業』が職場風土としてあるのか?」というと、そうではないと思います。

サービス残業を撤廃し、職場改善に成功する介護・福祉事業所は増えている

過去の介護・福祉業界は「奉仕精神」とも言える考え方で、仕事をしていたことがあります。

つまり対象者を「利用者や顧客」としているよりも、「社会的弱者」として捉え「かわいそう」という『慈悲の精神』に近い考え方がありました。

そのような対象者から、見返りを求める考え方が「NG」としてあったわけです。

自己犠牲により対象者等に対して、介護や支援を提供することが多くありました。

もちろん、そのような考え方が悪いわけではありませんし、福祉専門職としての倫理観を持つことは大切なことです。

ただし、その考え方は「サービス残業など長時間労働に繋がりやすい」ともいえます。

 

福祉的な考え方も大事にしながら、経営的な考え方を変えている職場が増えてきています。

介護・福祉事業は需要が高くても、倒産することもあり得ます。

倒産することを避けるために、経営的なものをしっかりと見据えて、事業活動していくことがとても重要なのです。

人材が不足すると事業の継続もできません。

そのため、職場改善に乗り出している事業所は、様々な変化を求めることもためらいません。

業務効率を改善し、サービス残業どころか、「残業自体を極力しなくてよい」ことを達成した職場も増えてきています。

そのような職場は、例え残業があったとしても、申請をすれば支給されると考えられていいと思います。

介護・福祉の職場でサービス残業が起こる理由

先述したように、介護・福祉業界の財務支出として大きいものが、人件費になります。

ただし、「残業を少数の職員が行った」としても、そんなに人件費が圧迫されるわけではありません。

つまりサービス残業が起こる本当の理由は、「多くの職員が残業をするような職場環境になっているために、残業代だけでも財務を圧迫するほどの『額』になっている」と予測できます。

残業があるような職場に関しては、業務効率化が進んでいないことを表していますので、業務効率のみならず、人間関係も雰囲気として悪いことが多いです。

 

「残業の申請をする事が、めんどくさい」などの理由で、残業申請しない方もおられるかと思いますが、基本的に「残業申請がめんどくさいように仕向けている職場に問題がある」のです。

サービス残業がいくら多くても、求人票には「残業少なめ」と書くことは可能です。

つまり求人票では実態がわからないといえます。

サービス残業がある介護・福祉の職場を回避する方法は?

サービス残業を明確に回避する方法は、職場と対立するぐらいの覚悟で望んだ方がよろしいかと思います。

例えば、労働基準監督署などの報告をするような発言があれば、職場としては残業を認める傾向になる可能性はあるかとは思いますが、多くの方は「他人に迷惑がかかる」こともあるために、そういった手段を取らない方もいます。

また、「自身の能力にも不安があるように、思いこんでしまう」方もおられます。

そのような職場で働くこと自体をおすすめしません。

 

苦肉の策として、上司に対して「サービス残業はしません!」ということを明言することは、誰にも影響せずできると思います。

サービス残業をしないことを明言することによって、 多少なりとも効果はあるかもしれません。

まとめ:残業代は?サービス残業当たり前?介護・福祉の仕事の実態

全労連介護労働実態調査報告書の調査では、4人に1人が、「サービス残業の実態がある」と示されています。

介護・福祉業界が全体的に、サービス残業の状態にあるとは思いませんが、ブラックな職場では、サービス残業の実態はあるといえます。

 

下記の記事では、サービス残業の実態について具体的なものを記事にしています。

今回のテーマには下記の記事もオススメです♪

「サービス残業が、当たり前にある!」とはいえませんが、職場を選ぶ際は「サービス残業がない職場を探し出すこと」が重要です。

 

求人票には、「残業少なめ・残業なし」と書かれていても、それが真実かわかりません。

もちろん真実を書いてある求人票もあると思います。

職場見学会は、ホームページを通して根拠を探すことが、必要になってくるかと思います。

多くの求人票の中から、サービス残業がないような理想的な職場を探すことは非常に難しいことです。

実際に転職活動をはじめる際は、下記の記事を参考にされると『驚くほど簡単になる』と思います。

運命は必ず良い方向に変わります♪

参考になれば幸いです。