福祉の仕事で転職に成功し年収アップを確実にする方法

福祉の仕事は楽しくてやりがいがあるものです!

資格取得で介護や福祉の仕事の給与があがるのか?

資格取得はスタートライン

給与を確実に上げる方法として

基本的には

  • 資格習得
  • スキルアップ
  • 出世

の3つがあります

 

【スキルアップ】

 

welfare-industry.com

 

welfare-industry.com

 

【出世(キャリアアップ)】

 

welfare-industry.com

 

今回は資格取得をお話します

 

資格取得はメリットがたくさん!

福祉の仕事をする職員の給与というのは見直しが続いています

需要に対しての慢性的な人手不足を解決したい!というのは国の方策でもあります

 

どうしても社会保障費として一人当たりの報酬が決まっている以上

給与が向上していくというのは「いち法人や事業所」だけでは無理なことがあります

 

ですので根本的に解決ために国が処遇改善加算を手当として支給しています

この処遇改善加算は国からの支給されるものですが

それが永続的に続くかどうかというのは不透明です

もしかしたら数年後には廃止するということだってあり得ます

 

ですが、経験年数も加味されますが有資格者には上乗せしてこの処遇改善加算を手当として支給しています

資格取得をしたあとのキャリアルート

今回は資格取得ということをお話ししたいと思います

資格取得というのはスキルアップと似ていますが

資格という目に見えるものを取得して給与所得あげようという方法になります

 

つまり資格取得というのは資格手当だったり

職務のポジションを上げるということにつながってきます

例えば介護福祉士からケアマネジャーの資格を取って

給与をあげるというのは道筋としては有名なルートです

 

他にも介護福祉士の上位の資格として認定介護福祉士などもあります

他にも社会福祉士や精神保健福祉士・介護福祉士などの

福祉国家資格を取ろうとされる方またその全てを取ろうとされる方もいらっしゃいます

資格取得などの勉強をしようとすると勉強時間の確保というのが必要になってきます

 

なかなか働きながら勉強していくというのは

非常に辛いものがあります

ましてや激務な職場に勤務しておられると

その時間はもはや無いに等しいということもあるのと思います

ただしこの資格取得というのは成功するともちろん転職にも役に立ってきます

苦労の甲斐はある!

「必要な資格を持っている人を採用したい!」というところをがあれば必然的に給与を高く設定している職場だってあります

また給与だけではなくてスタートが一般職員ではなくて比較的に高い役職から採用することだってあります

 

つまり今現在の給与を底上げするという意味もありますが

転職でズバッと年収を上げてしまうという方法も有効なのです

具体的には

福祉サービス事業を提供するような施設であれば

管理者の資格に施設長任用資格や

国家資格所持者をつかせたいという思惑があります

 

もちろん組織内で引き上げた方が効率がいいことは間違いありませんが

それをその立場にある人たちを採用募集をかけるということだってあり得ます

ですので資格を持っていることをはいろんな意味で自分のキャリアを上げることになります

不義理は避けましょうね!

施設長任用資格のような資格だったりサービス管理責任者や児童発達支援管理責任者などの資格取得に関して

その事業所で必要な資格になるので受験費用は職場が

負担したりすることもあるんですが

事業所が負担してくれるような職場に関しては

不義理を起こさないようにしましょうね

 

 

福祉の職場というのは需要がものすごくあるので

ものすごいスピードで設立していますが

それを支える人材というのは慢性的に不足している状態になります

 

人材不足で休止する事業所が出てくるほどです

転職に有利なのは間違いない

資格がなくてもどこでも転職できるチャンスはあるにはあるんですが

その中でも選べる職場を増やそうとすると

やはり資格取得というのは

自分の所得を上げるために重要なものです

 

サービス管理責任者の資格を取ったら

月収が5万ほどアップするケースは結構多いです

 

起業する人もいる

もし資格取得を進めてやる気があるのであれば起業することだって可能です

例えば介護初任者研修(旧ヘルパー2級)の資格を持っている方は

実務経験を積み上げるとサービス提供責任者という資格をもつ事が可能です

 

もちろん起業することは一人ですることはできませんが

管理者とサービス提供責任者を兼務することは可能です

 

訪問介護員を確保できれば事業所の経営に乗り出すことできます

こういったケースで開業した人は何か見てきましたが

何も顧客にはまったく困ってないけども

その要望に応えるための職員に非常に悩んでいるケースが多いです

 

起業・開業するということになれば

もちろん資格だけではなくて

色々なアイデアだったり営業力だったり

それ相応の経営スキルを身につけなければなりませんが

比較的下積みの経験があると

スムーズに事業を安定させることに可能だったりします

 

起業の仕方によっては

最初は小さな事務所から始めて

どんどん大きな事業所にして行くことだって可能です

 

資格取得なら事業経営という大きな目標に辿り着くのは並大抵の努力では難しいかもしれませんが決して不可能なことではないのです

 

福祉の仕事というのはなかなかお金にならないことも多いんですが

システムをつくれば収益を伸ばすことは可能なのです

まとめ

少し資格習得から発展したような話になりましたが

資格取得をしてさらに

「その後に何がしたいか」というイメージまで持つと良いです

 

働きながら資格を習得するというのは必要になります

 

ただ働きながら資格を取ったとすればその経験というのは大きな自信になると思います

その自信を持って働くことはあなたのポテンシャルを上げることになります

 

資格習得はただ単に所得を伸ばすだけではなくて

未来をつくるためのものでもありますよ

Copyright © 2022 fugaku29