福祉の仕事で転職に成功し年収アップを確実にする方法

福祉の仕事は楽しくてやりがいがあるものです!

資格なし・未経験でも安心して良し!介護や福祉の仕事は多い!

運転免許証しかない・・・大丈夫です!ただし、「損しない行動」をしましょう。

介護・福祉の職場の求人票を見ると「未経験可・無資格可」と書かれている求人票を目にすることがあると思います。

 

基本的に「未経験可・無資格可」と書かれていても心配する必要はありません。

 

心配する必要はありませんが、前提条件が必要になります。

 

その前提条件については後述しますが、介護や福祉の職場でも未経験可・無資格可とされている職場がブラックな職場であるというわけではありません。

 

良い職場でも、未経験可・無資格可の方を、積極的に採用する理由があります。

 

その理由を理解した上で転職活動を始めると非常に有利になると思います。

今回は「資格なし未経験でも安心」をテーマにお伝えしようと思います。

 

こんな方にオススメ♪

・未経験で介護・福祉職を目指している方へ

・無資格で介護・福祉職を目指している方へ

・無資格・未経験でも安心してできる職場を求めている方へ

 

 

結論

・自分に何ができるかが重要!

・資格より重要なことがある!

・管理スキルがあると評価はされやすい傾向がある!

・福祉以外の専門職だったらもっといい!

 

介護・福祉職の転職に関しては未経験・無資格でもよい

介護・福祉職の転職に有利な資格というのは存在しますが、無資格でも全く困りません。

 

困りませんが、転職活動を有利にするためには、介護・福祉系の資格をとってあってこしたことはないです。

 

介護・福祉系の資格を取っていた方が、もちろん幅が広がります。

幅が広がるということは、それだけ良い職場に巡り合うことができるということです。

 

その場合は、下記で最短・格安で資格を取ることができます。

一度ご検討されることをお勧めします。

 

 

資格は採用した後に考えて、今現在は「無資格で採用試験を受けたい!」ということもあると思います。

 

その場合は、「自身に何ができるか?」というのが重要です。

 

自身に何ができるかが重要!

介護や福祉の業務に特化しなくても、今まで培ってきたキャリアを活かしながら働く選択肢ももちろんあります。

 

そういう選択を提示してくれる職場は、基本的には積極的に挑戦をしようとしている職場と考えてよいかもしれません。

 

転職したいと考えている人は、福祉・介護の資格を取って転職活動をすることを考えられるのではないでしょうか?

 

それは間違っていません。

そちらのほうが本来は良いです。

 

後から資格を取得しようとしても、働きながら資格を取得することは大変なことです。

ですが、キャリアが十分であれば、良い職場を見つけるチャンスはあると考えてください。

 

介護・福祉の職場も「良い職場」なら、持っているキャリアを活かしながら、活躍できる方法を提示してくれます。

 

資格より重要なことがある!

介護・福祉経験:未経験

資格     :なし

経歴     :営業経験 20年

 

このような方が介護・福祉の職に就きたいと考えているとします。

 

経歴だけで判断すると、「営業スキル」という非常に良いスキルを持っています

 

良い職場(先見の明がある職場)であれば「介護・福祉の現場職員のみで活躍してもらうことは、もったいない!」と考えます。

 

介護・福祉職というのは、利用者を介護や福祉的支援をするという仕事ばかりではありません。

経営にとって言えば、利用者の方を増やすという活動も重要なのです。

 

介護や支援等の福祉的な勉強を専門でしてきた方が、そのような営業スキルを持っていることは少ないのです。

つまり営業スキルを持っている人材は、介護・福祉の資格がなくても、その職場にとって有効なスキルを持っていると判断される可能性があります。

 

そして営業職だったノウハウを取り入れることができれば、その職場の営業能力が総合的に上がります。

 

営業職を経験してきたノウハウを、既存の職員に広げてもらえれば、なおさら良い刺激があると良い職場は考えるでしょう。

 

つまり「適性を判断でき、なおかつ職務を提供できる転職先」であれば、比較的簡単に採用されることは可能です。

 

管理スキルがあると評価はされやすい傾向がある!

管理職を経験された方は、特に介護・福祉業界でも有利に働く傾向があります。

 

「どんな管理業務をしていたか?」ということも重要になりますが、管理をするスキルは基本的には、福祉専門職の管理者と同じようなことをしていると思います。

 

予算の管理や人材管理など運営管理の業務です。

 

ただし決定的に違う部分があります。

 

それは業務効率を上げるという視点です。

ただ単に福祉専門職の資格を持つという以上に、「業務効率」に貢献する視点は大切なのです。

 

無資格・未経験の方でも、介護・福祉業界で「価値があるスキル」をすでに手にしている可能性はあります。

 

キャリアの活かし方を考えてくれる職場であれば、良い職場だと思います。

 

逆にブラックな職場であれば、現場の職員としても活用します。

そのようにしないと現場が回らないからです。

 

もしくは、現場職員もしながらキャリアを活かした仕事をするように配置をします。

ですので「常にオーバーワークで仕事をしなければいけない」という状況になりやすく、過剰な労働になりやすいことが典型的です。

 

ブラックな職場は人材不足を、長時間労働で補おうとします。

 

そのような職場で働いた場合は、残念ながら「長く働くこと」は諦めたほうがよろしいかと思います。

 

福祉以外の専門職だったらもっといい!

未経験・無資格で全く構わないのです。

むしろ「まともな職場」だったり、積極的な変化を求めている施設・事業所は「通常の事業運営では身につかない能力」を欲しています。

 

例えば、施設内で「広告を作ろう」とプロジェクトを開始しても、福祉専門職がこれをやろうとした時は素人同然なのです。

 

だから専門業者の人達に頼みます。

そうするとある程度、まとまった金額が必要になり、予算捻出というのを考えなければいけません。

そうなると事業費が大きくなってしまいます。

 

そこで、「広告業界に勤めていた人材や、カメラマンをしていた人材」が職員の中にいた場合はどうでしょうか?

もしくは、採用の際そのような介護・福祉業界以外のキャリアを持つ人が来たらどうでしょうか?

 

自前で用意すれば、安価で高品質なものになります。

そうなると、合理的に経営判断をすれば、他分野の人たちを雇ってしまうほうがいいのです。

経営感覚がある職場であったら、他分野での知識・技術も「介護・福祉業界で価値があるスキル」と判断します。

 

まとめ

未経験・無資格者の方には転職先の選び方があります。

 

ここで大事なのは 、「積極的に業務改善にチャレンジしようとしている職場」でないとなりません。

 

もちろん現場の介護・福祉専門職の人たちを雇う事も、非常に大事なことなのですが 、未経験・無資格でも構わないというのが理解できたと思います 。

さらに資格の習得をしたいと思われる方は、こちらを参考にされると良いかと思います。

 

転職先を選ぶ際の見極め方が重要です。

 

未経験・無資格の方は、この選び方のノウハウがないために失敗しやすい傾向にあります。

そうならないために、当ブログの不要な記事を参考にしていただければ幸いです。

今回のテーマには下記の記事もオススメです♪★【経験】ブラック介護・福祉施設の4つの具体的な見分け方!

 

 

もし転職先選びに自信がない場合は、民間の職業紹介会社にエージェントをついてもらうことをお勧めします。

 

運命は必ず良い方向に変わります♪★介護や福祉の仕事で幸せな未来をつかもう!

 

参考になれば幸いです。

Copyright © 2022 fugaku29