福祉の仕事で転職に成功し年収アップを確実にする方法

福祉の仕事は楽しくてやりがいがあるものです!

介護や福祉は絶対に転職前に必ず確認すべき事項がある!?

ポジティブって転職にも重要!

絶対に感情で判断しないで!!!

転職活動を本格化する前に大事なことがあります!

 

それは

今働いているその職場が本当に「悪い」職場なのかどうかは考えなければなりません

 

あなたの感情だけで「悪く」写っている時があります

それは注意しなければなりません

 

何か転職を決めるような出来事も

一旦落ち着いて考えましょう

 

せっかく優良企業に勤めているのにその職場を辞めるというのは

相当もったいないですよね?

もしかしたら今現在あなたに評価が直接見えないだけであって

実は将来的に期待しているのかもしれませんよ

 

私がこのようにいるのは理由があります

ある若い職員がいて

その職員もとても優秀でした

 

ですので上司である管理者は

数年間経験させたら主任のポジションに任命しようとしていたそうです

ただしその上司も厳しい人でしたので

期待があったがゆえに熱がある業務指導をしまったそうです

 

それに耐え切れずその若い職員は退職とになってしまいました

しかし

転職先では新しい上司とそりが合わないというのがあったようで

3か月後にまたさらに転職をしてしまったようです

 

一旦落ち着いて考えましょう

自分の感情とその職場の事実というのをきちんと整理する必要があります

それがない限り転職活動するということは

大きな決断と勇気が必要なことです

 

転職活動は体力も消費します

次が必ず成功するという保証もありません

ですのでこの行為というのは絶対に必要なのです

 

自己分析をする

あなたはその職場の一体何が嫌なのか?

あなたの職場はその嫌なことに対して何もアクションを取ってくれないのか?

その職場に相談相手がいないのか?

様々な面から検討しなければなりません

 

 

もし比較的採用募集をして早く求職者が来ているような職場

もしくは随時採用の問い合わせがあっているような職場の場合は

優良の職場の可能性が高いです

 

注目度が高いということは

何かしら繋がりがあるのではないかなと思いますし

採用の露出度が高いということは入り口を広い事を指しますが

ただ単に入り口だけを大きくするのではなく

離職率も下げようと言うセットで考えることは人事の定石です

 

福祉業界というのはそのエリアでは

情報が早いと言うことも往々にしてあるのではないかなと思います

 

ですので働く側から評判の「悪い」職場や施設は

その地域で有名に悪い意味で有名になることだって多くあります

 

また改善の活動に積極的に取り組んでいるような事業所であれば

そこも優良な部分だと思います

 

その取り組み姿勢だけあるだけでも

組織改善を前向きにやっていこうという表れでもあります

 

改善には時間がかかる

ただし

その組織改善は長く時間がかかるのです

もし急いで解決してほしいものであるのであれば

なかなかすぐには改善ができるということはないでしょう

 

ただ改善姿勢だけは評価してあげた方が宜しいかなと思います

 

なかなか職場の風土を改善しようという簡単そうに見えてもものすごくパワーがいることです

 

ポジティブ重視

転職を考えることがあまりネガティブでないことがいいです

 

転職というのはあくまでも

  • 自分の環境を変えようとする行為
  • キャリアアップする行為

だと思います

「合わないから転職」ということも

あってもいいと思いますが

雇用する側の事情も考えることが重要なんではないかなと思います

 

「自分の評価が低すぎる!」

もしくは

「上司に何言っても聞いてもらえない!」

そういった感情があったとします

 

全然あっていいんです!

 

ものすごく苦しいという感情はあると思います

ただし冷静に考えましょう

 

それがあなたに否がないことであれば自信を持って面接で答えてください

 

多くの面接官はあなたの退職理由・転職理由に興味を出して聞いてくると思います

その時に強い熱意を感じるさせることが大切です

 

「自分を評価してもらえない」と答えるよりも

「自分をが持っている能力をもっと引き出して活かしてもらうような職場と出会いたい」

そうやって答えた方がなんとなくポジティブに聞こえませんか?

 

ネガティブは危険

あまりネガティブに物事を捉えてしまうと

転職に成功しようと努力してもネガティブな人材というのは

やはり採用する側からすれば評価が高くないということにもあり得ます

 

 

ポジティブに物事を考え

本当に転職ということをしたいのか?

どうなのか?

退職する前に考えたほうがよろしいかと思います

 

 

そうやって決意や覚悟をした退職・転職行動というのは非常に活力をが出てきます

幸運を引き寄せ次の転職先が運命的な出会いの職場になることもあります

まとめ

勢いで転職活動しようとするのは

できるだけ避けて

自分が転職で成功して

福祉の職場で楽しく働いていることをイメージしてください

 

もし今その職場が楽しく働けるイメージが

できなくなっているのであれば

退職・転職活動はしていいのかなと思います

 

自分の夢のために転職をするということもあって良いかと思いますが

 

その職場で

「その夢というのは叶えられないのか?」ということはしっかりと考えてください

 

例えば福祉公務員を目指すために

「とりあえず高齢者施設で働いている」とかいう方もおられるかもしれません

 

福祉公務員になって何がやりたいのか?

そういうことまできちんと考えていかないと

なっても転職先で楽しめないと言うことがありますよ

 

福祉公務員もすごく大変ですからね

ケースワーカーを記事にしています♪

 

 

welfare-industry.com

 

 

きちんと転職前に確認とイメージをしましょうね

退職を決意し

良い職場を見つけたときの志望動機の書き方を記事にしています♪

 

 

welfare-industry.com

 

Copyright © 2022 fugaku29