FUKUTEN blog

介護や福祉の仕事は楽しくてやりがいがあるものです!実体験に基づく記事にしています。

MENU

【必見】転職前に不安や後悔しないため確認すべき事項【介護・福祉】

転職前に不安や後悔しない!確認すべき事を押さえれば安心できますよ♪

「転職を考えているけど不安だ!」

「転職は後悔をするかもしれないので踏み切れない」

 

そのようなことを考えませんか?

転職前に不安を抱えることは、当然です。

 

「転職に後悔をしないか?」を心配して、踏み切れないこともあると思います。

転職活動を行うことによって、現状を良い方向に変える可能性があることも確かです 。

今回は、「転職前に不安や後悔をしないために確認すべき事項」をテーマにお伝えします。

 

こんな方にオススメ♪

・今まさに「転職」をお考えの方へ

・転職の方向性をお考えの方へ

・退職をお考えの方へ

 

結論

・転職は「感情」で判断しない

・転職は「決意」が重要

・転職は「ポジティブ」に考えよう

\ あなたにとって理想の職場/

転職前に不安や後悔しないために「転職をしたい理由」を冷静に考えよう

転職は「絶対に感情で判断しない」ことが鉄則です。

 

転職活動を本格化する前に大事なことがあります。

転職理由を明確にすることです。

 

「上司が気に入らないから」

「待遇が良くないから」

 

様々な理由により転職を考えるのだろうと思いますが、その理由が他者から見ても正当性があるように伝わることが重要になってきます。

「感情的になって判断している」と他者が感じた場合は、「不適応」にうつることもあります。

今回のテーマには下記の記事もオススメです♪

★前職の退職理由は方針に不信!?介護・福祉の面接試験での対処方法

 

★介護・福祉の面接試験で前職の給与に不満があったら場合の伝え方

 

★前職の退職は人間関係?介護・福祉の面接で勘違いされない方法

 

★介護・福祉の面接試験で前職を短期退職した場合の上手な伝え方

 

上記に実際に採用面接をした際の、「悪い印象」の回避方法を記事にしていますが、これを有効にするためにも、「冷静」に退職理由を決意することは極めて重要なのです。

転職前に不安や後悔しないために「見極める時間をもつ」

今働いているその職場が本当に「自分にとって悪い職場なのか?」を考えなければなりません。

 

一過性の感情だけで「悪く」写っている時があります。

それには注意しなければなりません。

 

「退職を決めるような出来事」があったとしても、一旦落ち着いて考えましょう。

 

せっかく優良企業に勤めているのに、その職場を辞めることは相当もったいないですよね?

 

負の感情によって「職場の真の評価が見えない」ことが危険なのです。

実は将来性も非常に高い職場なのかもしれません。

 

経験として以下のこともありえます。

ある若い職員がいて、その職員もとても優秀でした。

ですので、上司である管理者は、数年間経験させたら主任のポジションに任命しようとしていたそうです。

 

ただしその管理者も厳しい人でしたので、期待があったがゆえに熱がある業務指導をしていたそうです。

 

それに耐え切れずその若い職員は退職となってしまいました。

 

しかし、転職先では新しい職場と合わなかったようで、3か月後にまたさらに転職をしてしまったようです。

 

転職が感情的なものになった場合は、悪い方向に連鎖することもありえますので注意しましょう。

 

転職前に不安や後悔しないために「一旦落ち着いて」考えよう

自分の感情とその職場の事実をきちんと整理する必要があります。

 

それがない限り転職活動することは、大きな決断と勇気が必要なことです。

転職活動は体力も消費します。

 

転職が必ず成功するという保証もありません。

ですので「冷静に考えて、退職理由を明確にする」ことは絶対に必要なのです。

 

転職前に不安や後悔しないために退職理由に「決意」が大事

「その職場の一体何が嫌なのか?」

「その職場は改善に対してアクションを取ってくれないのか?」

「その職場に相談相手がいないのか?」

様々な面から検討しなければなりません。

もし比較的採用募集をして早く求職者が来ているような職場、もしくは随時採用の問い合わせがあっているような職場の場合は、優良の職場の可能性が高いです。

注目度が高いということは、何かしら「業界への影響力がある」こともありえます。

 

採用の露出度が高いことは「入り口」が広い事を指しますが、ただ単に入り口だけを大きくするのではなく、職場環境を改善させ、離職率も下げようとセットで考えることは人事の定石です。

介護・福祉業界は「事業展開するエリア」では、情報が早い特徴もあります。

 

ですので、働く側から評判の「悪い」職場や施設は、その地域で有名に悪い意味で有名になることだって多くあります。

業務改善に積極的に取り組んでいる事業所であれば、優良ともいえます。

その取り組み姿勢だけあるだけでも、組織改善を前向きにやっていこうという表れでもあります。

 

ただし、その組織改善には「テクニック」も必要ですし、長く時間がかかるのです。

「急いで解決してほしい!」と現場職員から声が上がっても、管理者自身の能力によっては「すぐに改善ができる」ともいえません。

 

ただ、改善姿勢を管理者および職場がみせているのであれば、「変化する」ことでさえ一般企業のようにはいかないことが、介護・福祉業界の特徴でもありますので、評価はできます。

 

今回のテーマには下記の記事もオススメです♪★変化を求める職場が転職候補に「おすすめ」である理由【介護・福祉】

★介護・福祉施設で業務改善・効率化が進まない5つの理由

 

職場の風土と業務改善しようとすることは、簡単そうに見えてとてつもなくパワーがいることです。

 

転職前に不安や後悔しないために「ポジティブに転職」を考えよう

 

転職はあまりネガティブに考えないようにしましょう。

 

転職はあくまでも、自分の環境を変えようとする行為、キャリアアップする行為です。

 

転職先に失敗さえしないでいれば、「あの時転職を決断して良かった!」と思うことは必ずあります。

 

ポジティブな考え方は介護・福祉業界で必須です。

その理由は下記の記事に述べています。

 

今回のテーマには下記の記事もオススメです♪★介護職や福祉職のネガティブイメージを変えるのは「自分」と言える理由

 

「職場に合わないから転職」ということも、あってもいいと思いますが、雇用する側の事情も考えることが重要でもあります。

 

「自分の評価が低すぎる!」もしくは、「上司に何言っても聞いてもらえない!」そういった感情があったとします。

そのような感情が全然あっていいのです。

 

ものすごく苦しいという感情はあると思います。

ただし「冷静に考えられるか?」このことで「差」がでます。

他者から判断できる明確な退職理由であれば、自信を持って採用面接で答えてください。

 

多くの採用面接官は、退職理由・転職理由に興味を持って聞いてくると思います。

その時に強い熱意を感じさせることが大切です。

「自分を評価してもらえない」と答えるよりも、「自分が持っている能力をもっと引き出して活かしてもらうような職場と出会いたい」そうやって答えた方がなんとなくポジティブに聞こえませんか?

 

あまりネガティブに物事を捉えてしまうと、「転職に成功しよう!」と努力してもネガティブな人材は、採用する側からすれば評価が高くないということにもなり得ます。

 

ポジティブに物事を考え、「本当に転職をしたいのか?」退職する前に考えたほうがよろしいかと思います。

そうやって決意や覚悟をした退職・転職行動というのは非常に活力が出てきます。

 

ポジティブな考え方は、幸運を引き寄せ次の転職先が運命的な出会いの職場になることもあります。

まとめ:介護や福祉の転職前に不安や後悔しないため確認すべき事項

「勢い」で転職活動しようとするのは、できるだけ避けましょう。

 

転職で成功して、介護・福祉の職場で楽しく働いていることをイメージしてください。

 

もし、その職場が楽しく働けるイメージができなくなっているのであれば、すぐに転職活動の準備を始めましょう。

介護・福祉の業界は常に多くの求人票があります。

その中から「理想の職場」「ホワイトな職場」を見つけることは至難の技です。

下記のノウハウで「理想の職場」を探すことが、『驚くほど簡単』になります。

運命は必ず良い方向に変わります♪

ハローワーク等の公共機関であれば求人票の量は多いですが、ノウハウがなく選んでしまうことは危険です。

 

目標のために転職をすることもあって良いかと思いますが、その職場で「目標が達成できないか?」ということもしっかりと考えるとさらに良いかと思います。

退職を決意し、良い職場を見つけたときの志望動機の書き方を記事にしています。

今回のテーマには下記の記事もオススメです♪

★【必見】人事も唸る!履歴書の書き方!介護・福祉の仕事

★【必見のノウハウ】職務経歴書の書き方!介護・福祉の仕事

参考になれば幸いです。