福祉の仕事で転職に成功し年収アップを確実にする方法

福祉の仕事は楽しくてやりがいがあるものです!

【意外】介護や福祉の仕事の退職金の実態は!?

退職金あるとわかると素直にうれしいよね

 

住宅手当についても書きました

 

 

welfare-industry.com

 

退職金制度を導入しているところは良いところか

福祉の職員というのは

公務員以外は退職金をもらえないというイメージもあるのかもしれません

 

福祉の仕事で「退職金をもらえるか?」

疑問もたれる方も多いと思います

退職金に関して今回はお伝えいたします

 

民間の社会福祉施設・事業所の退職金については

勤め先の職場で変わってきます

 

退職金制度を導入していれば

その規定に沿って退職金を払うということになります

 

退職金制度を導入している全産業が80.5%に対して

退職金制度を導入している医療・福祉業界は87.3%となっています

出典:平成30年就労条件総合調査 結果の概況

 

一般的ではあるが?

結論を先に述べますが

福祉職の公務員以外にも

福祉の仕事は「退職金があることが一般的である」といって良いと思います

転職活動する時に

求人票をご覧になれるかと思います

 

その中で退職金の有無に関する記載がありますが

退職金制度の有無の記載に関しては任意の記載になっています

退職金制度があっても別にそれを書かなくて良いとなっています

 

退職金制度があるかないかは

働く側からすれば魅力を感じる部分ではあります

 

ただし

あえて記載しない雇用側がいます

経験的に比較的多いと思います

 

なぜそのような魅力と思えることを求人票に書かないのか

様々な事情にがあると思いますが

基本的には雇用する側は

  • 長く勤めて欲しい
  • 熱意を第一に働いてほしい

という考えがあります

雇用する側としては

退職金があるから「ここに応募する」ということが増えると

雇用側にメリットがありません

「退職金目当て」の人が来てもらっては困るのです

 

導入している退職金制度によって変わりますが

だいたい勤続1年ぐらいで

退職金支給の対象になるの事が多いと思います

長くても3年ぐらい経てば対象となるかもと思います

 

 

1年働いただけでは

仕事のことを

「何となく覚えた」ぐらいで

その職場に貢献してくれるような立場にはまだならないと思います

 

3年くらい続けると

「仕事の大体の流れ」がわかって「新しいことを提案できる」くらいになればいい人材です

 

7年くらい勤務すれば

「リーダーシップがその職場でとれる」ようになって

その職場に貢献できるようになると思います

 

人材育成とは時間がかかります

退職金はおまけと考えたほうが健全です

 

注意点

退職金制度でがあるから「ここに応募する」という方に関しては

それが雇用側からすぐ辞めるのではないか?という

疑惑を生んでしまうということもあります

 

ですので

退職金制度を導入していても

それをあえてPRしないということもあるのです

 

逆にそれを PR しているということは

支給条件が厳しいこと可能性もありますよ

 

ご注意ください

 

退職金制度がある職場はいい職場か

では話を元に戻しますが

退職金制度の導入している職場が良い職場かということについてです

 

良い職場かどうかはわかりませんが

「退職金制度を導入している職場」というのは

基本的には一般的です

 

退職金を導入していないところというのは少数派と考えてよいと思います

比較的経営が

大きな法人や施設というのは

ほぼ退職金制度を導入していると思われます

 

ただ退職金制度を導入していないところが

あったとしても

「給与に反映してない」ということはないかと思います

 

退職金制度を導入していない代わりに

「毎月の給与を増やしている」という事業所もあるとは思います

 

そのため

退職金制度を導入していない職場ならば

自分で貯蓄だったり資産運用をする方法が考えられます

決して退職金制度を導入していない職場が

良い職場か悪い職場かということは判断できないのです

 

どうしても気になるなら

求人票にはそういうことを「書かない」という職場もあると述べました

応募する際には

退職金制度が導入されているかどうか

可能であれば

人事担当者に聞くこともいいんじゃないかなと思います

 

でも気をつけてくださいね

 

聞き方によっては人事担当者が「不審」に思う可能性はあります

あくまで退職金制度というのは

わざわざ制度を構築して支給する義務はないものです

 

それを「目当てに働く」というのは勘違いされるとあまり良くないです

 

応募を決めたとしても

「退職金を気にしている」ということが

内定のマイナスポイントに働くかもしれません

 

また

退職金制度があるかないかは

職場内の情報なので

人事担当者があまりそこら辺を話してくれるとは思えません

話してくれたらラッキーぐらいでしょう

 

通常は

入社に至ってから就業規則等を確認していくことになります

 

退職金制度があっても安心できません

今現在良くても

「将来の業績が悪化した」などの

理由で退職金制度を撤廃することだってあり得ます

 

その際には退職金というのを

目当てにしていてもカットされたり

支給されたりということがなくなってしまいます

 

退職金制度をそもそも導入していない会社は

特段将来の退職金カットとかいうことは

最初からないのでありません

ですので

退職金があろうがなかろうが

自分で資産管理するというのは必要になってくるでしょう

 

基本的に

福祉の仕事も退職金制度が導入されているところが多いと考えて良いです

求人票でも記載されてないがためにわからないことが多いです

 

「退職金制度があるかどうかで応募する」

これはしない方が宜しいかと思いますよ

Copyright © 2022 fugaku29