福祉の仕事で転職に成功し年収アップを確実にする方法

福祉の仕事は楽しくてやりがいがあるものです!

残業代はでる?介護・福祉の仕事の実情

今日も残業・・・・

公務員関係なら

「残業代」がしっかり出るんですが

 

民間の社会福祉施設

民間の福祉の職場の場合は

「残業代」というものが

微妙なところがあります

 

今回はそこのお話をしたいと思います

 

残業代はきちんと支給される?

結論を言えば

 

働き方改革の影響で

残業の管理

特に出退勤の関係もチェックが厳しくなりましたので

福祉の仕事の残業に関しても改善傾向にありはします

 

まず残業代についてですが

福祉の仕事は

業務が量が多いことは

いろんなとこでお伝えしています

 

その業務量が

定時に終わるものであればいいのですが

職場によっては「本人の能力によるものとして」

定時に終わるというシステムがないところは要注意ですよ

 

民間の福祉の仕事でも

残業代が

きちんと支給ところが多いです

 

支給されるかどうかは心配しなくてもいいかとは思います

 

気をつけたいポイント

気をつけたいポイントは

定時で終われる量の仕事を用意されているかというところです

 

福祉の仕事の

どの職場でもなかなか時間を取ることが難しい部分が

「記録」の業務です

 

例えば

現場での介助を行った後にその記録を取るということが通常です

もしくは

ルールを職場でつくり交代制で記録業務をすることでしょうか

 

高齢者関係の介護サービスだけではなくて

障がい者サービス事業所

児童関係又は行政の福祉関係すべてが

記録ということをきちんと行わなければなりません

 

これは基本的に社会保障という枠の中で

税金が投入されているので当たり前ではあります

 

 

ですが

この記録の業務というのは

その仕事の定時の中できちんとできるような

業務時間になっているか

これが微妙なところです

 

定時に終わる業務量?

記録はその職員の業務です

基本的には「業務内」で終えることができないのが困難な

部分に対しては残業代を支払うと言うことが多いと思います

 

ただそうではなく

「業務内に終えなかったのは

あなたの時間効率の責任だ」という

意味合いでサービス残業になる可能性は十分あります

 

残業代は

職場の考え方によります

 

つまりきちんと理由があることに関しては

民間でも残業代は出るのですが

ほとんどの場合はサービス残業としてしなければいけない

可能性はあります

 

この部分は働いてみないと分からないことが多いと思います

 

全く残業がない職場もある!

ただ相当に時間効率をきちんとシステム化しているところは

はっきり言って

ほとんど残業がないというところに成功しているところもあります

 

これは

残業代で稼いでいるというにとっては

あまりメリットがあることではないかもしれませんが

定時できちんと終わる仕事というのは

 

自分の体調管理だったり

ストレス管理もできるので

職場の雰囲気が非常に良いことが多いです

 

良い職場というのは

残業が少ないということは言えると思います

 

もしあなたが

人間関係だったり組織的な関係で悩みで

ストレスを抱えたくないのであれば

残業が少ないということは

転職のポイントに入れておいた方がいいのかなと思います

 

残業が多い職場の見抜き方は?

ここで残業が多いかどうかというのは

どのように見抜くかということになりますが

まず求人票を見て固定残業代と書いていないところを探すべきです

 

 

固定残業代が指定されているところは

まずもってその残業以上にある可能性を考えてよろしいかなと思います

 

固定残業代を出して

支給額を多く見せていることもありえます

 

警戒しておいた方がいいと思います

 

もう一つ

これは

求人票ではなく職場見学などに行って聞くことが必要になってきますが

「ICT機器の数」です

 

タブレットPC でも

普通のパソコンでも

何でもいいんですが

例えば

介護記録を書くことも

パソコンを使用します

 

これがある一定の数確保されているのであれば

順番を待ったり

空いた時間に

「記録を打てない」などが少なくなります

 

生産効率が高い職場だと言えると思います

ですので残業が少ない傾向にあるのではないでしょうか?

 

まとめ

「残業はありますか?」と聞くよりかは

「ICT に関して導入は積極的ですか?」というような言い方であれば

人事担当者に変に思われることはないと思います

 

 

むしろ「ICTの能力がある」「経営観がある」と評価されるかもしれませんよ

 

働き方改革により

働く時間を効率的にするということも必要になっています

 

そのことに積極的に取り組んでいる職場は良い職場だと言えます

ですので残業は少ない方がいいのです

Copyright © 2022 fugaku29