福祉の仕事で転職に成功し年収アップを確実にする方法

福祉の仕事は楽しくてやりがいがあるものです!

介護や福祉の採用試験を乗り切る基本的で効果的な方法

内定通知をもらいたい!よね!


転職を決められて

働きたいという職場に巡り会って

求人募集に申し込んだと仮定します

 

 

welfare-industry.com

 

採用試験が始ます

 

採用試験の在り方に関しては

注意点を記事にしたことがあります

 

 

welfare-industry.com

 

 

今回は内定までに続く全過程

気を付けた方がいいことをお伝えしようと思います

 

 

必ずマナーに最大限に気をつける事

1つ目です

募集に応募すると決め

その事業所に連絡した時点より

「人事担当者に関わる」ことになります

 

その人事担当者に

誠心誠意の礼儀を尽くすことと思います

 

ポイントは

その人事担当者だけではないということです

 

その職場で

出会う人・話す人

全員にきちんと礼儀を守りましょう

 

礼儀を全員に尽くす理由

これは何故か?

あなたが他職員に礼儀・マナーを守らなかった場合

 

事務職員から

人事担当者に「この人はこういう人間性もありますよ?」と

報告にされる場合があります

 

つまり

いくら人事担当者の前で

礼儀・マナーを守ったとしても

他の職員から

ネガティブな報告をされればアウトになる可能性があります

 

だから

採用試験において

その職場に赴く時には

しっかりと全員に礼儀を尽くしましょう

 

そうしないと

いくら採用試験で

ポイントが高くても

ネガティブな報告をされたら内定まで結びつかない可能性があります

 

実際に人気の事業所は

合否の決定は「窓口となった事務員」の意見も聴く事業所も実際にあります

 

また

内定をもらって

実際に働くようになったら

印象が良いほうが得です

 

 

時間を守ろう

2つ目です

社会人として当たり前の事ですが

気をつけるポイントがあります

 

職場によって時間の流れ方が違います

 

例えば

早すぎて嫌がられることもありますし

早く到着することが当たり前だと考える職場風土もあります

 

ですので

「時間」については曖昧な部分が多く

根拠なく

「5分前には到着しておいた方がいいだろう」という考え方になる方が多いです

 

悪くはありませんが

あたりまえのことなので

普通の印象です

 

良い印象はもてません

これもこれで

「もったいない」部分があります

 

具体的な方法

私の感覚では15分前には

「着いていますよ」と

アピールをした方が宜しいかと思います

 

具体的に言うと

受付窓口に行って

 

「本日採用試験を受けに来た〇〇と申します」

「少し早く着いてしまいました」

「お邪魔になるようでしたら車の中で待機しておきますがいかがでしょうか?」

 

そのように

その職場に申し付けられとよろしいかと思います

 

人事担当者がそれを聞いたら

「報告・連絡・相談ができる人」だと

良好な印象も与えられます

 

 

複数応募を悟られないように

3つめ

「他の事業所と検討している」ことを悟られないように努力することです

 

転職活動にを始めると

一つに絞るということはやめたほうがいいかなと思います

複数申し込んでも全然構わないです

 

複数から検討することは

リスク管理としては正しいと思います

 

一部「採用結果が出てから次の応募を検討する」ことが

良い転職方法とする考え方もありますが

生活もあることですし

転職活動を急ぐ人には適切ではありません

 

ですので

複数から応募する考え方は

全然間違ってないです

 

その理由

複数に申し込んでもらって全然構いません

間違ってはいませんが

 

なぜ「複数の申込みをしていることを悟られないようにするのか?」

雇う側からの考えをイメージしましょう

 

おそらく

転職条件を明確にし

合致した職場というのは

おそらく人気の職場です

 

ですので

複数の職場から選んでいる=

「この職場に絶対入りたいという意思のない人を雇うメリットがない」

雇用する側は判断してしまう可能性があります

 

つまり「悪いイメージ」を人事担当者はし易いのです

 

だから

悟られないように

あえて複数の申し込みを言う必要はありません

 

あなたのスキルが

希少性があり自信があるものであれば

「他の職場にも申し込んでいます」と

交渉するということもあるのかもしれませんが

基本的にそれはしない方がいいかなと思います

 

 

採用試験関係では

他と申込みが重複していることは悟られないようにしましょう

人事担当者でなく連絡を取る方が全てです

 

もし聞かれたら

もし聞かれたら

ウソはいけませんよ!

聞かれたら応えましょう

 

「他の職場にも採用申し込みされてますか?」

「してます」

 

これは信頼関係として必要です

ウソはいけません!

 

「もし内定がウチと他の2つ出たらどちらを選びますか?」

こう聞かれたら

  • 「改善志向が強いと感じる職場を求めています」
  • 「利用者主体を感じる職場を選びます」

 

このようにあなたが選ぶ基準を伝えましょう

ここでポイントは

  • 「待遇で選んでいない」
  • 「自分中心でない」
  • 「組織優先の考え方である」

こんな感じが良いかと思います

 

その理由は

雇用側に

自己中心的な考え方であると思われないようにするためです

 

福祉の仕事はチームワークです

組織優先の考え方が必要になるため

自己的な考えと思われないことは必要です

 

内定を複数もらえた場合

内定を断る職場については説明をすればいいだけです

 

「内定をいただきありがとうございました」

「他の職場からも内定をいただきました」

「検討した結果他社での内定を承諾することにしました」

「ご縁を頂戴したのに失礼にあたるような行為なり申し訳ありません」

「貴社の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます」

 

みたいなことを

電話でもメールでも言えばいいのではないかなと思います

 

 

まとめ

福祉業界は人材不足が顕著ですが

どこでも選べば良いというわけではありません

 

見極めること

見極めたらその良い職場に入社すること

 

それにつきます

 

「礼儀・マナー」と「時間」

そして

「複数の転職先から選ぶことを悟られない」

についてお話をしました

参考にしていただければ嬉しいです

 

 

Copyright © 2022 fugaku29