福祉の仕事で転職に成功し年収アップを確実にする方法

介護や福祉の仕事は楽しくてやりがいがあるものです!

【今すぐ】『理想の職場』を見つけたい方へ

介護・福祉職への転職は40代未経験が最も良いと断言する理由

介護・福祉転職は40代が最高!「若かさ」「実力」「実績」が一番あるとき!

「40代で他業界への転職は厳しいんじゃないか?」

全然そんなことありません!

介護・福祉職は幅広く活躍できます。

一般的に転職適齢期は、20代後半が良いとされています。

転職できる年齢に「リミット」はありませんが、組織的にみると「若いとキャリア育成が長く」できます。

ですので、若い人材は「若い」だけで価値があります。

40代に関して「もう他業界への転職は厳しい」と考える必要はありません、

今回は介護や福祉職における「40代の転職」をテーマにお話しします。

今回のテーマには下記の記事もオススメです♪
こんな方にオススメ♪

・40代の方で、介護職・福祉職を考えておられる方へ

・介護・福祉業界への転職を考えておられる方へ

 

結論
・介護・福祉は社会的需要の増加から転職しやすい!

介護・福祉職への転職は40代で未経験が最も良い理由

40代は培ったキャリアを活かせる可能性が十分にあります。

若い人材より、人生経験が豊かなことが武器になることも多いです。

やる気さえあれば資格取得はまだまだ可能でもあります。

40代の転職については、介護・福祉業界では全く珍しいことではありません。

募集や採用による年齢制限は厚生労働省により禁止されています。

 

介護や福祉の仕事は、世間的には慢性的な人手不足であり、比較的年配の方でも多くの事業所は、採用に関して抵抗がないことが多いです。

むしろ職場環境の改善や、様々なチャレンジをしているサービス事業所は、他業界で経験がある人たちを積極的に雇用しようとしています。

介護の質のみならず、働きやすさも向上させようとしているからです。

また40代においては、一通りマネジメント経験をされている方も多く、いきなり未経験から福祉の仕事をマネジメントする側は難しいですが、今のマネジメントをする人たちを「フォローする役回り」もしやすいのです。

40代「未経験」で介護・福祉職への転職:待遇

待遇面に関しては、「未経験」ということで、前職がしっかりと正社員で働いておられたのであれば、勤めておられたところより下がる傾向にあると思います。

介護や福祉経験者の方であれば、経験を考慮することも可能ですが、未経験であれば初任給からということで、「様子を見る」事業所は多いと思います。

そして「貢献度」によって待遇を上げていくことになろうかと思います。

 

介護や福祉業界のメリットとして、「景気に左右される事が少ない」です。

安定した給与は確保できると思います。

また、給与に関する改善も少しずつ国の対策が整っているため、今後将来的にさらに改善していくことも期待できます。

40代「未経験」で介護・福祉職への転職:資格を習得しておけばさらに良い

職種によりますが、「内定に関する確率を少しでも上げておきたい!」とするのであれば、短期間で費用を抑えながら取得できる介護職員初任者研修を修了しておくことが最も良いです。

採用面接等で「自資格を習得しようと資料請求をしています。 」この一言だけでも良いイメージをもたれると思います。

介護初任者研修は、介護や福祉の仕事をする際に入口となる資格になります。

ここからステップアップする人たちは多いです。

先述しましたが、採用面接までに取得していなくても、「資料を請求しているので検討中」と採用面接官に伝えるだけでもかなり印象はいいです。

「この業界に真剣に入ろうとしてくれている」と長く働いてくれることを期待できるからです。

気をつけて選んだ方がいい施設未経験の方で、転職先の施設を選ぶ場合は、気をつけておいてほうがいいところがあります。

研修がどれだけ充実しているかということです。

研修が非常に充実している所は、「人材をしっかりと育てよう!」としている事業所と思ってもらって構わないと思います。

求人票に「未経験可」と記載されているのに、研修制度に関しては触れていない求人票がよくあります。

こういった事業所に関しては、少し気をつけた方が宜しいかと思います。

 

見学やホームページを閲覧する等して、研修制度に関する理解をしておきましょう。

未経験可としている理由を、きちんと明確に情報収集されると良いです。

研修制度に対する事業所のPRがない場合は、残念ながら「未経験」を育てようとする意識は低い可能性があります。

「人材を教育していく」ことについて、「コスト」と考えている職場も多いです。

若い人材には積極的に教育投資をするけども、年齢が高い職員に関しては積極的に教育投資しない職場もあります。

本来「教育投資」は「年齢」という判断基準より、その人材の個人に必要なスキルを見極めながら、それを補完するように支援していくことが職場の役割になります。

その方が結果として組織力も上がりやすいことがあるのですが、年齢を判断基準に考えてしまう職場であれば、40代の他業界からの転職してきた方はキャリアアップが難しい可能性があります。

そのため、「しっかりとした教育体制」を持っている事業所を転職先にすることが賢明です。

40代「未経験」で介護・福祉職への転職:転職先選びが超重要

個人的な意見ですが、40代の方の転職は全く難しいものではないと思っています。

ただし、「定年まで勤めることができる良い転職先を選ぼう!」とされると非常に難しいものがあります。

ですので、基本的には「たくさんの求人に申し込んだ方」が戦略的によろしいかと思います。

ただし、数打てば当たるというものではありません。

しっかりと吟味しないと意味がありません。

転職先を選ぶ理由を見つける際、比較的「人間関係を良好に保ちたい」とするのであれば、年齢層に関して意識しておけばよろしいと思います。

40代となって転職となった場合、「直属の上司が年下である」状況になる可能性があります。

 

それに抵抗がない場合は、特段意識する必要はありませんが、若い職員が多い事業所であると、働きにくいという側面が出てくる可能性はあります。

「上司が若いと仕事がしにくい」と考える40代未経験の方の転職については、年齢層が少し上の人が集まっているような事業所の方がよろしいかと思います。

年上の方からすれば、40代はまだまだ若い時期ですので、世代間のギャップに関してもそれほどなく対応できる可能性はあります。

どんな業界でも、30代は「自発的に働くために必要な力を完全に身につける年齢」になります。

ですので、40代の一番の強みは「自発的に現場で働きながら、ノウハウを後輩に伝えていくコーチングをしやすい年齢」でもあります。

介護や福祉職も同じように、たとえ未経験でも「40代は現場での力も発揮しながら、組織への貢献も一番できる年代」と考えてよいと思います。

まとめ:介護・福祉職への転職は40代で未経験が最も良い理由

40代の未経験の転職は、転職者にとってみれば、すごく勇気が必要なことだとは思います。

40代で新たな分野に挑戦することは、非常に体力も使います。

介護職・福祉職は、当サイトでもお伝えしているように、しっかりと選びさえすれば非常に働きやすい職場も多くなってきています。

介護や福祉の仕事の職場は、変化を苦手とする事業所もあり、労働環境がそれほど良くないところもあります。

反面、労働環境を良くすることに成功しているホワイトな職場もあります。

ですので、安易に転職先を選ぶことは、せっかく「介護や福祉の仕事をしよう!」とされても「やりがいを見つけられない」ことにもなりかねません。

 

ブラックな職場とホワイトな職場を見分けることが必要です。

未経験ということで、選ぶ基準が中々わからないこともあるかもしれません。 当サイトがお役に立てれば幸いです。

介護・福祉の業界は常に多くの求人票があります。その中から「理想の職場」「ホワイトな職場」を見つけることは至難の技です。

下記のノウハウで「理想の職場」を探すことが、『驚くほど簡単』になります。

運命は必ず良い方向に変わります♪

参考になれば幸いです。