福祉の仕事で転職に成功し年収アップを確実にする方法

介護や福祉の仕事は楽しくてやりがいがあるものです!

【今すぐ】『理想の職場』を見つけたい方へ

転職の成功方法は「選んでいる」職場を選ぶだけ!【介護・福祉】

人材不足の業界事情があるのに、「選んでいる」職場は、絶対的に「ねらい目」です。

「転職や就職に成功したい!」と思った時、何を基準に選びますか?

 

生活のこともあるので、待遇面は欠かせませんよね?

人間関係が良かったり、通勤が楽だったり、実際に働く時の条件も必要になってくるかもしれません。

求人票でそのような条件面は、色々と書いてあります。

しかし、実際に働いてみないとわからないことは多いです。

前提条件として、介護・福祉の業界は「慢性的な人手不足」があります。

「慢性的な人手不足」の業界事情があるにも関わらず「選んでいる職場」。

このような職場を見つけることが、実は転職・就職への成功の近道です。

 

今回は「転職・就職に成功するには、選んでいる職場を選ぶ」をテーマにお伝えします。

 

こんな方にオススメ♪

・転職に失敗したくないと思っている方へ

・転職の成功をしたい方へ

・長く勤めたいと思っている方へ

 

 

結論

・即戦力を求めている事業所は危険!

・教育力がない職場は危険!

・「選ぶ」職場は余裕がある

人材を「選んでいる」職場

今回のテーマには下記の記事もオススメです♪★介護や福祉の求人票をどう評価する?1つの材料として外せない見方

上記の記事では、採用試験についてのことをテーマにしています。

 

採用試験があることは、その職場は「人材やサービスの質を担保しようとしている」ことを説明しています。

つまり「質を担保しよう!」とする職場は、ホワイトな職場の確率があがると考えてもらって構いません。

 

「人手が足りないから、誰でも採用する」状況になってしまうと、人間関係や職務遂行レベルがバラバラになってしまいます。

 

介護や支援の内容も安定せず、人材も定着しない。

そして、教育やマネジメント・コントロールできる上司もいない。

そのような状態では、組織が崩壊する事が目に見える状況になってしまいます。

 

「誰でも採用をしよう!」とすると、ほぼ確実に離職率も上がります。

「面接試験を取り入れてあるから大丈夫!」という職場もあることはありますが、面接試験だけで人を判断する事は非常に難しいのです。

・面接を数度行う

・筆記試験等を行う

・グループ面接を行う

など

工夫を凝らして、良い人材を集めようとしている介護・福祉の職場もたくさんあります。

そのような職場は介護・福祉の事業にしっかりと取り組もうとしている表れでもあります。

ですので、働いてる側も安心なのです。

「選ばれた人材」が働いている職場ともいえます。

 

即戦力を求めている事業所は危険

「即戦力を求めている職場がなぜ危険なのか?」

 

即戦力が求めていることに関しては、給与・待遇も考慮されることが多く、転職を考えている方からすれば、魅力的なことが多いかもしれません。

ただし「即戦力を求めている」ことは、逆の意味を言えば「教育をする余裕がない」ともいえるのです。

「教育をする余裕がないから、即戦力を求める」このことは、非常に危険なことを表していることもあります。

あくまでも「急募」と「即戦力」は違います。

「急募」の求人票は、その職種に着目すると良いでしょう。

 

例えば、一般的な職務を募集している場合の「急募」であれば、単にその「職務役割を担っていた方が抜けた」という補充的な意味合いが強いと思います。

ですので、「教育体制がなっていない」ことはあまり考えなくてよろしいかと思います。

「急募」を行うことは、どんな職場でもありえることです。

 

「既存の職員が退職した」のならず、「病気をして勤務が難しくなった」「補助的な職務を頼みたい」そのような理由で、急募は活用されます。

 

「急募」に関しては、心配する必要はありません。

ただし、「即戦力を募集する」ことは気をつけた方がいいこともあります。

即戦力を募集することが悪いわけではありませんが、良いというわけでもありません。

基本的に良い職場は離職率が低い傾向にあることも多いので、即戦力を募集する必要があまりありません。

即戦力を必要としている職場は、「それ以外の職員が素人である」ことや「経験が浅い」ことも考えられます。

 

教育力がない職場は危険

「教育力がない職場」は危険です。

介護・福祉の業界は、ルーティンワークのように見えるところもありますが、トラブルや緊急時対応が必要なこともたくさん現場では起こります。

 

「それに対して、どのような対応をするのか?」

「どのようなことが必要なのか?」

そういったことを、日頃から教育を受けていないと、利用する方の生命や、事業継続活動に影響を及ぼすことも多いです。

 

教育体制が整っていることによって、防げるトラブルはたくさんあります。

また「教育体制をきちんと確立すること」によって、そのノウハウを職員同士で広め、伝統化することもできます。

 

つまり、教育力があることは、その職場のノウハウが溜まっているということも言えます。

基盤ができていると、発展していく業務も格段にしやすくなります。

 

教育力がある職場は、「良い職場である」ともいえますが、「将来性がある職場」ともいえます。

ですので、転職を考えようとした場合は「長く勤めたい」という気持ちもあると思います。

そう言った場合は、将来性がある職場に勤めることをオススメします。

そうでない職場であれば、自身のキャリアは伸びることはありません。

 

「選ぶ」職場は余裕がある

「人材不足」の業界事情で、「人材を選ぶ職場は余裕がある」といえます。

もちろん「余裕がある」ことは、「急いでいない」というわけではありません。

急いでいないのではなく、「人材を選ばないリスク」を理解しているといえます。

つまり、向いていない人材を入れることによって、トラブルになることを防いでいるのです。

その上、サービスの質を担保しています。

「採用試験を厳密にして選ぶことをしている施設・事業所は、良い職場である確率は高い」と言えることは、このような理由にあります。

余裕がある職場は強いのです。

 

自転車操業で、考える暇もなく走り続ける職場は、いつか限界がきます。

そして、無理をずっと続けていくことになってしまいます。

そのような無理な状態にならないように「良い職場」は、計画的に人材の補充や教育に真剣に取り組んでいます。

「組織的な新陳代謝を健全に続けていくことが、より強い経営状態にする」ことを知っているからです。

 

まとめ

介護・福祉業界は、今では社会福祉法人や非営利法人だけではなく、様々な法人が福祉事業を営んでいます。

このことは多種多様なサービスを展開できることや、サービス提供できる場所を増やすことができることに繋がりました。

その反面、「事業所によるサービスの質の差」も増大させました。

質の高いサービスを提供している事業所もありますが、質の低いサービス・劣悪なサービスを提供している事業所もあります。

質の高いサービスを提供していることは、福祉事業として当たり前のことですが、それが職員の慈善的な努力で提供されているのであれば、それは働きやすい職場とは言えません。

働きやすい職場で、なおかつサービスの質も担保される。

そんな職場を見つけることが重要です。

その一つの要因として絶対に外せないのが、今回のポイントである採用試験のあり方です。

「転職に成功したい!」とお考えであれば、このポイントは注目しておいた方がよろしいと思います。

 

たくさんある求人票の中から、「良い職場を選ぶ」ことは、非常に大変なことです。

しかし、驚くほど簡単に見つけることは可能です。

運命は必ず良い方向に変わります♪★【限定】介護や福祉の仕事で幸せな未来をつかもう!

 

上記の記事のノウハウで、転職に成功することは驚くほど簡単になると思います。

 

参考になれば幸いです。