福祉の仕事で転職に成功し年収アップを確実にする方法

福祉の仕事は楽しくてやりがいがあるものです!

入社3年以内での転職は不利か?介護・福祉業界の傾向

「3年は続けろ!」は「絶対」ではない。

 

世間では「転職は3年働いてから!」「3年は辛抱しろ!」という言葉をよく耳にします。

実際に3年間同じ職場で勤務することが、キャリア的に関係するのか?

 

今回は「3年以内の早期退職による転職が不利に作用するのか?」をテーマに伝えしようと思います。

こんな方にオススメ♪
  • 転職はすぐしたいけど「3年間は耐えたい」と頑張っている方!
  • 「3年間」頑張ればキャリア的に問題ないと思っている方!

 

 

 

結論
  • ポジティブな内容の転職なら全く問題ない!
  • 次は転職成功させると強い気持ちを持とう!
  • 心身の健康的に難しいなら健康を最優先!

 

3年間の転職についてのメリット・デメリット

 

3年以内の退職を「早期退職」とココでは定義してお伝えします。

この期間をどのように捉えたら良いのか考えてみましょう。

3年以内の転職についてのデメリット

まずはメリットよりも先にデメリットから考察してみましょう。

 

忍耐力がないと思われる

仕事は、楽(ラク)なものではありません。

どんな仕事でも大変なことはあります。

3年も勤務を続けない方は、長年勤務しているから見れば、「忍耐力がない」と評価される傾向にあると思います。

 

仕事には、忍耐力が必要になってきます。

ですので、「忍耐力がないと評価される」と転職に不利に作用することはあるでしょう。

ただし、「忍耐力がある・なし」の判断は、採用面接の際などの受け答えの仕方で印象が変わってきます。

あくまでも、履歴書上の表面的な印象ですので、対策を行えば印象が悪くなることは回避できる可能性があります。

採用試験対策については、関連の記事がありますのでご参考ください。

 

信用度が落ちる

前提条件として、介護・福祉事業所の採用(採用面接官)の「ねらい」は、「長く働いてもらい、組織に貢献してもらいたい」との思惑があります。

ですので、早期退職をした方に関しては、「長期間勤務をする」ことについての信用度がどうしても落ちるのです。

 

採用されても「様子見採用」が多い

採用に至ったとしても、早期退職した経歴は消せません。

しばらくは「様子見で採用」して、重要な仕事は任せずルーティン的な仕事などの、「引き継ぎが発生しない」仕事を任せて様子を見ることがありえます。

 

ただし、これは「我慢できる」のであれば、時間が経てば、組織の信用を勝ち取っていくことは可能です。

働きぶりによっては、早期に信用を勝ち取ることもできますので、心構えしだいで良くも悪くもかわります。

 

もし採用された当初から、「責任ある仕事を任せてもらいたい」と考えているのであれば、早期退職をする事はデメリットがあるでしょう。

ただし、「様子見で採用」をされても我慢できるのであればあまりデメリットに感じることもありません。

 

早期退職をする癖がつく可能性がある

退職することを、簡単に考えてしまう傾向になればよろしくありません。

 

仕事を選ぶことは権利として当然であるのですが、信用できる人材かどうかを見るためにある程度のキャリア構築は必要です。

 

退職を簡単に考えてしまうと、後々の職業人生に影響を与える可能性があります。

早期退職を繰り返していくことについては、可能な限り控えるほうがよろしいと思います。

ですので、退職・転職については慎重に選ぶことが鉄則です。

3年以内の転職についてのメリット

次は3年以内の転職についてのメリットを考えてみましょう。

早期退職はあまり良くないとされていますが、メリットもあります。

 

自分にマッチングする職場の出会いは可能

例えば、新卒の方や未経験で採用された方などは、介護や福祉の業界の実態を知らないことが多いです。

そもそも介護・福祉業界の就職に関するノウハウをあまり知らないことが多いです。

そのため「就職したは良いが、自分に合わない職場であった」ことは比較的多いのです。

新卒者に関しては3人に1人(31.2%)が3年以内に退職します。(参考:厚労省報道発表資料令和3年10月22日)

 

3年以内に退職に至り、転職活動を始めたからといってネガティブに考える必要はありません。

業界の情報を得た上でそのノウハウを次に活かせば、良い職場と出会う可能性は当然高くなります。

 

待遇改善につながる

現職より待遇が良い職場はある可能性は高いです。

給与だけで良い職場かどうかは判断できませんが、転職をすることによって、今の待遇よりも向上させることは可能です。

 

3年以内での勤務期間であれば、現職の給料がそこまで高くないということは考えられます。

待遇改善は十分に可能だと思います。

 

未経験の分野にも転職できる

例えば、高齢福祉のサービス事業所で働いておられた方が、「もっと視点を広げて勉強をしたい!」と考えたとして、児童福祉サービスや障害福祉サービスの事業所に入社することも可能です。

 

他業界に移る場合は、「年齢的な若さ」が必要になってくきますが、介護や福祉業界に限っていえば共通する資格が多いです。

資格を持っておけば他分野での転職も全然可能なのです。

 

例えば、介護福祉士の資格は高齢サービスだけでなく、障害福祉サービスでも活用できます。

 

心身のストレスが原因なら自分の健康を最優先

「とりあえず3年間は我慢しよう!」そのように強い気持ちがあっても、その職場にいて健康被害を受けそうなのであれば、我慢せず退職することをお勧めします。

 

体を壊してまで、仕事をするのは生活そのものを壊してしまうことにも繋がります。

無理する必要は全くありません。

 

仕事が健康的なもので、まともに出来なくなる前に次のステップを目指すべきです。

 

少し休憩して、その経験をもとに「ツラい思い」をしないような職場選びをおすすめします。

その際は、ノウハウを持つ相談相手などに、相談しながら進めていくと良いです。

ノウハウをもつ相談相手がいないと、再び失敗する可能性があります。

 

まとめ

個人的には「3年以内の退職が転職に不利になるわけではない」と思っています。

 

採用面接の際の伝え方でだいぶ印象を変えることは可能です。

関連記事短期退職をした際の採用面接対策についての記事です

 

決して不利に働くわけではないので、「健康被害を受けそうな職場」であったら退職を検討された方が宜しいかと思います。

3年はとりあえずの目安です。

それに翻弄される必要はありません。

 

自分の将来的なキャリアを考えた時に、短期退職を繰り返すことはあまりよろしくはありませんが、できれば「長く勤める場所をみつけたい!」と考えている方がほとんどだと思います。

 

退職・転職を慎重に選択して、転職に成功しましょう。

もしノウハウがないのであれば、当ブログが参考になればとても嬉しく思いますし、ノウハウを持つ相談相手を見つけ進めていくとよろしいかと思います。

 

参考になれば幸いです。
(お体だけは大事にしてください。)

 

Copyright © 2022 fugaku29