福祉の仕事で転職に成功し年収アップを確実にする方法

介護や福祉の仕事は楽しくてやりがいがあるものです!

【今すぐ】『理想の職場』を見つけたい方へ

介護・福祉職員に向いている「自発的な行動ができる」人材になる方法

介護・福祉職員が「自発的な行動ができる」人材になる方法は「ある経験」です!

「言われたことしかしない!と評価されがち・・・」

「そんなつもりないのに『指示待ちの人材』と言われたことがある・・・」

特に経験の浅い人材や、年代が動かない人材に関しては、「指示待ち人材」として評価されることが多くあります。

介護や福祉の仕事は「チームワーク」で動きます。

そのため機転が利いたり、臨機応変な対応力がある職員は重宝されます。

 

「自分の仕事だけ」をしていたら、周りの人に負担がかかります。

しかし「自発的に行動する」ことは、案外に難しく介護・福祉の業界だけではありませんが、「答えがない仕事」を行う仕事は、上司によって指示が違うことや、「最初に言っていたこと違う」というダブルバインドと呼ばれる現象も起きます

 

そのようになってくると、自発的な行動をしたいと思っても、心理的に難しい状況になります。

「介護・福祉の仕事に向いている!」と自信をもっていえるよう、今回は「自発的な行動」をテーマにお伝えします。

こんな方にオススメ♪

・指示待ちの人材と評価されがちの方へ

・介護や福祉の仕事に自信を失っている方へ

・自発的な行動ができるように目指している方へ

 

 

結論
・自発的な行動は「経験と時間」で解決することが多い

「自発的な行動ができる」ことが、福祉・介護職員に向いているといえる理由

介護・福祉関係の多くの事業所は、人員が余っている状況ではありません。

多くの事業所は、人員配置基準を保つのがやっとであったり、急な退職のために少し多めに人材を配置しておく程度です。

つまり、「人余りの状態」で活動をしている事業所は少ないと思います。

 

人口の多い都市部であったら比較的人員的な余裕もあるのかもしれませんが、地方に行くと運営のための人員水準を満たすだけで精一杯というところは多いです。

そのため、人材ひとりひとりが、非常に効率よく回す必要があります。

効率よく人材に働いてもらうためには、自発的な行動を求め、 能動的に仕事を行っていく必要がありますが、その反面、チームワークとしての仕事のために「勝手なことをされると、組織的な仕事ができなくなる」という考え方もあります。

 

そのため矛盾的な考え方にもなりますが、「自発的に動いて欲しいけども、勝手なことはされたくない」という状況になっていることがあります。

このような状況は、比較的組織自体が若い職場にありがちです。

しかし基本的には、矛盾しているような考え方ではなく、その職場のルールを守っていることが前提にはなりますが、組織的な風土を理解できさえすれば、自発的な行動を取りながら組織的な順応をした仕事は可能になります。

仕事をある程度スムーズにこなすことがポイントです。

自分のペースで仕事をすることは大事ですが、職場のペースとあまりにかけ離れるとチームワークが乱れることが多くなってきます。

 

新人のうちであれば、上司やリーダーの指示に「とりあえず従っておけば」良いのですが、それがずっと続けば、それだけ上司やリーダーの負担にもなってきます。

上司やリーダーが負担を感じるようになれば、その時点から「指示待ちの人材」という評価になります。

基本的に教えてくれる職員は、自分の仕事もあります。

一時的でも「教える」仕事が増える状況にあります。

教える器量・精神的余裕がない上司等の指導者であれば、熱心に教えてくれない可能性もあります。

指導者の立場にいる職員は「早く新人には自立してほしい」と思いながら、新人に接していることが多いです。

だから新人は「自立してほしい」という願いに応えていかなければなりません。

それなのにずっと「指示待ちの人材・職員」で「考えることをしない」のであれば、積極性ややる気のない「仕事のできない職員」だと思われる可能性があります。

介護・福祉職員に向いている「自発的な行動ができる」人材になる方法:仕事に積極性をみせる

  • 「仕事が遅い」
  • 「仕事に対するスキル不足」

このような仕事術的な課題であれば、練習したり工夫することで改善はできます。

「自発的に動く」ことは、自分の意思が強く必要になります。

「勝手に動いたら迷惑がかかるかもしれない」

「怒られたら嫌だ」

そのように思う方もいるでしょう。

「動かなくて」怒られるより「動いて」怒られたほうが学びは多いはずです。

ポジティブに考えて、仕事を進めるべきです。

具体策としては、報告・連絡・相談の中で、特に相談を丁寧に先輩や上司に行うことが必要です。

「手が空いてますから、何かすることないですか?」

「手伝いましょうか?」

「代わりに私がします!」

この一言で仕事に、前向きで積極的な自分を見せることができます。

 

「周りが忙しそうで聞くことができない!」と思う方もいるかもしれませんが、周りの責任にすることはよくありません。

新人職員には教えてもらう権利があります。

そして、「仕事を早く習得する」義務があります。

ですので周りに聞くことに二の足を踏まなくて良いのです。

全く気にしなくていいです。

 

もし「教えてください」といって、怒ってくるような上司と先輩がいるのであれば別の要因や別の問題があるはずです。

その場合「もっと上のポジションにいる人材」に相談すると良いです。

多くの方は忙しそうでも、仕事を回していくために指示や、アドバイスをくれるはずです。

周りの人はあなたが「わからない状態であること」や「手が空いてること」はわからないのです。

「言ってもらわないとわからない!」は、お互い様であると思いコミュニケーションを取っていくべきです。

可能であれば、きちんと自分から発信をする心構えがよいでしょう。

介護・福祉職員に向いている「自発的な行動ができる」人材になる方法:経験を積み重ねる

仕事に積極性を見せていると、周囲の職員がその仕事に対して信頼をしてくれるようになります。

それを続けていくと、職場の雰囲気などもわかるようになってきます。

ですので「何を職場が求めているのか?」がわかりやすくなってきます。

つまり「何を職場が求めているのかがわかる」という状況が、自発的な行動に繋がっていくと言えます。

 

言い換えると、自発的な行動ができないことに関して、「職場が何を求めているのか」わかっていない状況といえます

つまり、自発的な行動ができるようになるためには、その職場で働く時間が長ければ長いほどしやすいといえるのです。

自発的な行動ができない人材が、介護や福祉の人材に向いていないというわけではなく、そこまで出来るまでに経験年数が足りていないといえます。

 

同じ介護や福祉業界で働いていたとしても、職場が変わればやり方も変わってきます。

必要なことは、その職場での「経験年数」といえます。

まとめ介護・福祉職員に向いている「自発的な行動ができる」人材になる方法

「仕事ができない職員」と思われないように、まずは積極性が大事です。

積極性を見せながら仕事を覚えていくことで、「自発的な行動ができる」きっかけになります。

言われたことしかしない「指示待ち」、基本的に本人にとっては「仕事している」と考えるかもしれませんが周りの人から見れば不十分なのです。

 

理不尽からかもしれませんが「もっと考えて働いてほしい」という注文があなたに来ます。

自信を持って積極的に働く姿勢をみせることで、仕事ができないと思われないはずです。

仕事を一通り覚えることができれば、「自分の職場での位置・立場」を獲得しやすくなりますので、働きやすい職場に感じることができるはずです。

 

今回「自発的な行動」についてテーマにしましたが、前提として教育体制が整っている職場ということがあります。

そのような職場を、まずは見つけることが重要です。

ですので、まず転職をされる際には、そのような職場を多くの求人票から見つける必要があります。

下記のノウハウを使うことによって、理想的な職場は『驚くほど簡単に見つける』ことができます。

運命は必ず良い方向に変わります♪

参考になれば幸いです。