福祉の仕事で転職に成功し年収アップを確実にする方法

福祉の仕事は楽しくてやりがいがあるものです!

何度も注意される無能な福祉・介護職員にならない方法

勉強する姿勢は好かれる
こんな人にオススメ
  • 「何回注意しても理解しない!」と周りに言われる・・・
  • やる気はあるのに「やる気がない」と評価されがち・・・

 

新人のうちは

先輩職員や上司等

周りの人に聞いて

仕事を覚えていくことが当たり前です

 

聞いたり

手本を見たりして

覚えていくのです

 

しかし

仕事がなかなか覚えきれなかったり

逆に指導する側の教え方が悪かったり

 

失敗は続き

何度も注意されるという状況

使えない職員と思われる可能性はあります

 

今回は

〈何度も注意をされる職員にならない〉

このテーマでお伝えしようと思います

 

 

 

結論
覚えたいという姿勢をきちんと周りに見せましょう!

 

背景

転職してきた人たちは

転職以前に身につけてきた

長年の習慣だったり

仕事姿勢があったりします

 

そのため

自分が常識であると思うことでも

「新しい職場では受け入れられない」

そのような事象も起きます

 

ですので

その転職先の職場文化に

「自分を合わせること」

「自分を修正をする」

ことが必要になってくるのです

 

その労力は大変なものです

「自分が譲れないもの」もあるでしょう

自己変革は難しい部分もあります

 

記事

そうならないために転職する前に「行動が必要」大事なのです!

以前転職する前に「条件を決めよう」とテーマにした記事です

 

転職先の職場文化に

「自分が受け入れきれなかった」

「その職場文化を軽視している」

 

全然仕事を覚えない人というレッテルを貼られることに繋がります

 

何度も同じことを

注意されるという人もいるでしょう

具体的な事例

例えば

利用者の方には

「必ず敬語で接しましょう」

そのような施設もありますし

「信頼関係のために少しはフランクな言葉を使いましょう」

そのような考えの施設だってあるのです

 

その職場の方針で

サービス提供の方法も様々です

 

理由

前の職場だったら

良かったけど

「今の職場では指導対象にされる」

 

その職場の文化に合わせなければいけません

これは重要なことです

 

事業方針があるのです

 

その方針を

理解しないで

「個人の判断で自分勝手に働くことは組織人として適応しない」ことにもなりますのでまずは組織に適用することから意識していきましよう

 

対策

教えられたことは

必ずメモを取るようにしましょう

 

「メモを取る」ことは

積極的に学ぼうとする姿勢でもあります

 

可能であればさらに

相手にから教えてもらった時に必ず質問をしましょう

 

質問は

その指導に誠心誠意「理解しよう」としている現れです

 

つまり覚えようと努力をすることが必要です

「覚えようとする努力を見せない」と

「やる気がない」と思われてしまいます

 

やる気がない職員には

誰にも教えたくないのです

 

教えたくないという感情がある上に

失敗まで繰り返されると注意すらしたくなりくなります

 

そうなると

「その職場に居づらい」と後悔してしまうことになります

 

まとめ

仕事ができない職員と

思われないようにするためには

「学ぶ姿勢」をしっかり見せましょう

 

学ぶ姿勢を見せた上で

「組織に合わせた仕事」をこなしていくことが重要です

 

長年働いてきてこられた方は

「自分のルール」があります

 

それは全然構いませんが

「組織に順応する」ことはポイントとして理解しておきましょう

 

勉強姿勢を見せるだけで

失敗に関する

周りの負の感情も

だいぶ抑えられると思います

Copyright © 2022 fugaku29