福祉の仕事で転職に成功し年収アップを確実にする方法

介護や福祉の仕事は楽しくてやりがいがあるものです!

【今すぐ】『理想の職場』を見つけたい方へ

【介護・福祉】1つだけ身につけよう!仕事を長く続けたい人は必見!

ネガティブなものを避けることは、仕事の「適応」に大切なことでもあります!



たとえ良い職場を見つけたとしても、「ストレスがゼロな職場」はおそらく難しいでしょう。

「ストレスゼロの職場を探し出すことが無理だ!」とは言いませんが、「人間は環境に慣れる」ものです。

 

いくら良い環境の中で働くことができたとしても、時間が経てばストレスに感じることもあるでしょう。

 

それが「許容できる範囲」であれば全く問題ありません。

 

許容できないから「心身の不調がでる」のです。

その許容できないまでに「働かなければならない」ことが、ブラックな職場です。

ブラックな職場は転職しましょう。

 

適応できないほど「劣悪な職場の場合」は、すぐさま転職をしたほうがいいですが、ある程度しっかりした職場なら、自身を適応させるスキルも必要になってきます。

 

今回は「介護・福祉職を勤める方が、長く勤めるために身につけたほうが良いスキル」をお伝えします。

 

こんな方にオススメ♪

・良い職場を見つけたが、長く働くことが苦手な方へ

・神経質でストレスを抱えやすいへ

・長く働くことに自信がない方へ

 

 

結論

・「スルースキル」を身につけよう!

・真に受けない!

・職場と心理的距離を置こう!

・苦手な人とは距離を置こう!

・人間関係の優先順位をつけよう!

 

介護・福祉の人材の特徴

結論から述べますが、身につけなければいけないスキルは「スルースキル」です。

 

スルースキルとは「ネガティブな言動を向けられたときに、真に受けず、うまく受け流す(スルーする)スキル」です。

 

スルースキルについては後ほど述べます。

 

介護・福祉の人材の特徴として、ポジティブな面でいうと「明るく・優しい人格の良い人」が多い印象があります。

 

基本的な人格としては「人のために、尽くすことができる人たち」です。

人格はいい人たちが多いです。

 

ネガティブな面でいうと「神経質」な方が多い印象があります。

気を張って仕事をしていることが多く、常に利用者の方の動向を見守っていく必要があったり、安心・安全のために気を遣うことも多いと思います。

そのため神経質な傾向になることが多いと思います。

 

 

ストレスが少ない職場であると、職員のほとんどの人たちが「明るく・優しい性格の人材」であることが影響し、職場の雰囲気もそのようになる傾向が強いと思います。

 

ただ劣悪な職場環境であると、神経質な方が増えるような気がします。

ストレスによって、明るく・優しい性格から気難しくなることも経験としてあります。

 

 

ストレスが少なく働ける職場を見つけることが基本です。

そして、許容範囲内で自身を適応させることも必要になってきます。

 

スルースキルを身につけよう!

自分を職場に適応させることで、身につけて欲しいスキルは、スルースキルです。

これは何も難しいことではないと思います。

簡単には「気にしないスキル」のことなんですが、基本的にどんな人でも「気にしない」ということはできるのです。

 

例えば

小さい子どもから「バカだ!」といわれた。

上記のように言われたとします。

 

あなたは激昂しますか?

もし激昂するのであれば、別の問題が考えられると思います。

 

基本的に大人である以上、小さな子どもからバカにされたとしてもスルーができるのです。

「ハイハイ」って感じですね。

 

なぜかというと、まだ「子どもが未熟なことを知っている」から、大人の対応として、それを「どうでも良いこと」と思ってしまいます。

 

つまりこの「スルースキル」を身につければ良いのです。

 

これが別に信頼もしていない大人から言われたらどうでしょう?

 

信頼もしていない大人から「バカだ!」と言われた。

おそらく激昂するでしょう。

ほとんどの人がそうだと思います。

 

それが普通だと思います。

スルースキルを身につけられておられる方は、それでも基本的には気にしません。

 

ほとんどの方が激昂する理由は、「相手を対等の立場」だと思ってしまうから、「バカにされた」と尊厳を傷つけたと思い激昂するのです。

 

真に受けない

スルースキルを身につけるためには、真に受けないことが大事です。

 

介護・福祉業界の人の特徴として「真面目な人」も多いような気がします。

 

真面目な性格は、実に誠実で素晴らしい傾向ではあるのですが、真面目すぎるがゆえにストレスを抱えやすいという面もあります。

 

つまり「真に受ける」ことは「ネガティブな言動・発言」をされた時に、それを引きずってしまうという傾向になります。

 

そうなってくると、自分が「いつまでもイライラしたままで、ストレスを抱えながら働く」ことになってしまいがちなのです。

 

もちろんスルースキルにも限度がありますが、真に受けないことは「自分自身を守るため」に必要なことなのです。

 

職場と心理的距離を置く

職場と心理的な距離が「近すぎる」こともあまり良くありません。

職場とあまり心理的な距離が近すぎると、上司などに利用されることになりかねません。

 

もちろん自身が納得しているのであればその限りではありません。

 

「愛社精神」として、よく美化された言葉を聞きますが、愛社精神というのは「その職場のために尽くすこと」を意味します。

 

愛社精神として、「無理」を求められることもあります。

典型的に都合の良い言葉として「自己成長」があります。

 

全ての企業・施設・事業所に当てはまるわけではありませんが、「成長」という言葉を悪質に使っているところもあります。

 

確かに人材資源を効率的に活用していくためには、「個人の成長」は重要な経営要素です。

ただし、「成長」は組織から機会を与えられるものであって、「求められる」ことではありません。

それに応えられるかは職員次第となります。

 

成長を求められる=無理を求められる

 

このように解釈することもできるのです。

 

「愛社精神」は、自らが感じるものです。

求められるものではないのです。

求めるのであれば、労働者と雇用者という関係から、賃金等の発生を要求しても良い案件になるのです。

 

職場に尽くすことによって、何かしら得るものがあるのであれば、「労働」として考えることができます。

ですので、愛社精神を「求めること」は少し話が違ってくるのです。

 

愛社精神を求められるのであれば、無理を求められるのでは?と考えて「心理的な距離」を置くことも必要になってきます。

 

苦手な人とは距離を置こう

苦手な人は必ず距離を置くべきです。

つまり「あまり話さない」ことです。

 

無視をすることは難しいのかもしれませんが、「明らかに苦手な態度」を出すことは私はアリだと思っています。

ただそういったオーラを出していても「敬遠できる」というわけではありません。

 

その時には、上司等に相談するほうがいいでしょう。

相談して何も解決しない場合は転職をお勧めします。

 

人間関係の優先順位をつける

職場である以上、仕事をしなければいけません。

ですので、人間関係には優先順位をつけるべきだと思います。

 

その優先順位の基本的なものは、「自分自身の感情」で良いと思います。

つまり好き嫌いです。

 

次に判断すべきことは、組織としての規律を守らなければいけませんので、「指示系統の順位」で決めていけばいいと思います。

 

つまり「その人物が嫌いで、指示系統の順位も低い人物」であれば付き合う必要がありません。

 

全ての人と仲良くなる必要は全くありません。

 

「仲良く仕事できること」は良いことですが、仕事としてうまくやっていく必要があります。

 

まとめ

今回は長く勤めるためのスキルである、「スルースキル」について説明をしましたが、

スルースキルを身につけたとしても基本的には限度があります。

 

身に付けたからといって、長く続けられるというわけでは絶対にありません。

 

あくまでも適応するための一つの方法です。

そのため基本的にはブラックな職場であれば、適応できないことが普通なので、転職をした方がいいのです。

 

転職は勇気がいることですが、エージェントと一緒に考えていけばいいのです。

 

運命は必ず良い方向に変わります♪★介護や福祉の仕事で幸せな未来をつかもう!

 

 

いくらは自分自身にとって非常に良い職場があっても、仕事で疲れることはあるでしょう。

イライラしている同僚の嫌事を聞くことも少しはあるでしょう。

利用者やその家族からクレームを言われる時もあるでしょう。

そのような時に、気にしないで「スルースキル」をもって対応すると、とても便利です。

 

ご参考になれば幸いです