福祉の仕事で転職に成功し年収アップを確実にする方法

介護や福祉の仕事は楽しくてやりがいがあるものです!

【今すぐ】『理想の職場』を見つけたい方へ

介護・福祉の管理者がマネジメントのプロになる4つの方法

介護・福祉施設の管理者がもつ「悩み」への解決は「教育」と「実践」が必要です。

「管理者と相性が合わない!」そんなことありませんか?

「職場の方針が合わない!」ということで退職を考えたことはありませんか?

介護・福祉業界の職場改善を、国の施策として改善させる取り組みは継続して行われていますが、効果がなかなか現れない部分もあります。

 

介護・福祉業界の管理者の立場にある人材の管理能力に対する課題は、「しばしば」指摘されることがあります。

介護・福祉サービス事業所の職場環境を良くしようとしても、その職場の管理者がある程度の能力を持っていないと、職場改善は一向に進まないケースもあります。

今回は「介護・福祉事業所の管理者がマネジメントのプロになる4つの方法」をテーマにお伝えしたいと思います。

今回のテーマには下記の記事もオススメです♪
こんな方にオススメ♪

・管理職へ新しくなる方へ

・介護・福祉業界のマネジメントが初めての方へ

・管理職待遇で転職をお考えの方へ

 

 

結論

・施設や事業所内での研修が重要

・他団体が行う研修への参加でのスキルアップ

・同じ管理職の悩みを共有する

・自学は経験を積んでからが有効

管理者への教育の重要性

介護・福祉業界で管理者の立場になる人は、多くが「現場のたたき上げ」だと思います。

現場を経験せずに「他業界で管理者」だったからという理由で、管理者に任命される職場もあるのかもしれませんが、基本的には介護・福祉業界の事業所は「法と制度のもと」に運営されるべきです。

ですので、介護・福祉の世界に精通している必要があります。

一般的には管理する責任として、介護・福祉業界を理解している「現場からの出世」が望ましいと考えています。

「現場を知らず」して介護・福祉サービス事業所の管理者は非常に難しいと思います。

 

多くの介護・福祉事業所の管理者は福祉業界のプロではあっても、マネジメントのプロでないことが多いです。

そのためマネジメント業務がうまくいかず、職員に影響を与えることも多いです。

管理者の多くは「マネジメント能力をどうにか身につけたい!」と必死になって勉強はするものの、なかなかその効果も現れないという実態もあります。

 

施設や事業所内での研修が重要

マネジメントの方法は介護・福祉業界と他業界の一般マネジメントを比較すると共通する部分も多くあります。

「職員のやる気を上げるようなモチベーションに関するマネジメント」や、「目標管理に対するマネジメント」などは基本的に同じです。

 

明確に違うことは、「課題をどう解決するか?」仕事の解決に対するマネジメントは違ってくると考えています。

この課題に対しては、介護・福祉業界の「仕事」が数値として現れることが、非常に少ないことによって、「課題解決が単純にしにくい」ことがあげられます。

多くの場合「仕事のあり方について」は、その事業所で考えていく必要があります。

 

そのような理由から、その職場で管理者研修会などが管理能力に対する教育が行われていると「職場の将来性」として非常によろしいかと思います。

管理職は、基本的に学んだ知識を「実践する」ことが大切です。

知識を基盤にはしますが、当てはめようとせず「独自の方法」を作っていくことになると思います。

 

そのことから、その職場の管理者の実践発表会なものが存在すると、未経験の管理者が集まっている職場であっても、研鑽できる方法として有効であると思います。

管理者は、「理論だけ」でなく経験やノウハウとして、個人だけではなく組織も蓄積することができるからです。

・「この取組で、このように職員は感じてくれるようになった!」

・「このケースには、こういう方法をとると良い」

このようなことを職場の管理者同士で研鑽することもよろしいですし、一般職員やその他の役職職員と行ってもよいと思います。

 

他団体が行う研修への参加でのスキルアップ

前提の知識がなくても、実践を繰り返していけば問題なく管理者としてのセンスを高めていけるとは思います。

しかし、全くのゼロの知識からのスタートであれば、他団体が行う研修会への参加も有効な手段であると思います。

 

他団体が行う研修は、例えば自治体が行うものであったり民間企業が行うものなどがありますが、業界ごとでやり方は多少違ってくると思います。

「全く役に立たない知識」はありませんが、研修で得た知識を介護・福祉業界に変換できる受け取り方・学び方は必要です。

なおかつ実践できるアウトプットの力は持つと、管理能力は飛躍的に伸びると思います。

マネジメントの知識だけを学んでも、マネジメントができるわけではありません。

 

同じ管理職の悩みを共有する

介護・福祉業界におけるマネジメントは、「誰かに教えてもらう」ことを主体にしない方が良いと思います。

その理由は、「自身の性格やバックグラウンドが違うため、同じようなことをしようとしても、うまくいかないことが多い」からです。

マネジメントをすることは、自分自身に合わせた方法を行なっていくまたは、作っていく必要があります。

他業界とは多少の違いはあっても、同じ業界で活躍する管理職の悩みは介護・福祉業界では共通することが非常に多いです。

同じような境遇にある他法人や他事業所の管理者同士と、コミュニケーションが取れると情報交換も含め、非常に有効な手段になります。

 

今では SNSを利用することもできます。

許せる範囲で「人脈を増やしながら、相談できる相手を作っていく」とよろしいかと思います。

職場内だけで考えようとすれば、どうしても視野は広がりません。

視野を広げるために知識を学ぶことも必要ですが、マネジメント業務の性質上マネジメントの知識を得たとしても、実践できるまで能力を高めていくには、時間がかかると思います。

 

そのため経験則にはなりますが、管理者の能力もあげながら、人脈を増やせるため同じような悩みを抱える管理者同士とコミュニケーションを取れることは、有効な学習方法だと思います。

 

自学は経験を積んでからが有効

マネジメントは「決められたもの」はあまりなく、試行錯誤していくものだと思います。

その組織や職場に適応するものや、自分に適応するもの、様々な方法があります。

経験の中から、失敗と成功を繰り返していく必要があります。

「挑戦する」ことにポジティブに反応できる方は、管理職に非常に向いているタイプだと言えます。

 

管理職は。「自分のために仕事をすることから、他職員のために仕事をする」事に役割があります。

他の職員に関心を持って対応しなければいけません。

職員との信頼関係ができるまでは、非常に厳しいストレスが溜まることもあるかと思います。

経験したことをさらに理論的に自分で学習すれば、飛躍的にマネジメント力は高まるものだと思います。

 

まとめ

現場での叩き上げが介護・福祉業界の管理者は多い傾向があります。

そのため、マネジメントの専門家というわけではありません。

介護や福祉に関する能力は長けているもの、マネジメントがうまくいかず、職場での「働きやすさ」の構築が難しいこともあります。

その前に管理者自身が「ブラックな状態になりやすい」イメージが今でも残っています。

介護・福祉業界の管理者に、良いイメージがない方もおられるかもしれませんが、まともな介護・福祉事業所には素晴らしい管理者も大勢います。

 

マネジメントをする側の力も、自治体や民間企業等が行う研修も充実してきており伸びてきています。

マネジメントする側も日々努力していますが、管理者自身も悩みながら働いています。

管理職の立場にあるものが、良いマネジメントをできると働きやすい職場になります。そのような職場を見つけると介護・福祉の仕事は、いつまでも楽しく働くことができます。

 

どれだけ管理者が努力したとしても、うまくいかないこともあると思います。

その時は環境を変えることも必要な時もあります。

管理者になる人材は「センス」がありますので、基本的に転職を決意すれば、成功しやすいと思います。

下記の記事のノウハウで転職活動は驚くほど簡単になると思います。

運命は必ず良い方向に変わります♪

ご参考になれば幸いです。