福祉の仕事で転職に成功し年収アップを確実にする方法

福祉の仕事は楽しくてやりがいがあるものです!

介護や福祉に多い退職理由!家庭事情と体調不良は面接で差が出る!

復帰を交渉しよう!

前職の退職理由が

体調不良や家庭での事情の場合

 

自身の体調の場合は

完治していることなのか?

 

家庭の事情の場合

どのような配慮が必要なのか?

 

採用面接官は

その辺りが判断材料になってきます

 

今回はこのような場合の面接対策についてお伝えしたいと思います

 

プライベート優先が逆に良い!?

 

結論
プライベートや体調を優先することに徹していただければ印象は良いです!

 

背景

退職理由が

家庭の事情や自身の体調の問題によるものは

少なくはありません

 

日本全国で働きながら

「自分の親の介護も行っている方」はたくさんいます

また

「身体的な病だけではなく精神的な病を患う方」も多くなってきています

 

ですので

退職理由としては何も変ではありません

退職理由としては特に問題ないのです

 

ただし

多くの職場は

仕事に耐えれる体力で

なおかつ忙しい時間帯には戦力になってもらいたい

そういった気持ちがあります

 

ですので

これは交渉するべき事柄になってきます

 

理由

まともな事業所は

「働く人材を大切」にしてくれます

 

ですので

働くにあたっては

体調に配慮することや

家庭の時間等で都合をつけてくれることは

柔軟にしてくれるとは思います

 

ただ

配慮にも限度というものが存在します

 

無理やり正規職員を目指すという状況になると

採用する側としては敬遠することになってきます

 

プライベート優先する

あえてここは

プライベートの問題解決を

優先すると良いです

 

「転職活動を控えるべき!」というわけではありません

 

働くことの優先度・頻度を下げるべきです

 

例えば

常勤と同じように毎日働くのではなく

週に3回だとか働くペースを考えましょう

 

状況が改善してきたら

フルタイムに変わる

そういったことを条件としても良いのです

 

そのために採用面接官に要望を伝えましょう

 

冷静に考えよう

経済的に生活が苦しくなってきたり

心に余裕がなくなってくると

焦って「通常の状態に戻りたい!」気持ちが出てきます

 

あたりまえのことです

 

ですが

冷静に考えて判断をしたほうが

事態が好転することも多くなります

 

特にメンタル面を病んだ方は

いくら治療により状態が寛解傾向になっても

すぐに通常の社会復帰はかえって悪くなることもあります

 

ですので

「ゆっくりと働くこと」で

もう一度復活していくべきです

 

採用面接でも

「完治しました」

「精神科の先生からは働いて良いと言われています」

 

許可があるので大丈夫!と話があがることがあります

 

それが「虚偽」とは思いませんが

いきなりフルタイムで働いて

心労がたたって

働きたくても退職せざるを得なくなる可能性はあります

 

生活があるので

焦る気持ちはわかりますが

「働くことに自信がなくなる」ことは最もよくありません

 

メンタル面を患った方は

「徐々に勘を取り戻す」ことが良いです

きっと転職先も理解してくれます

 

こんな職場は気をつけて

まともな職場

まともな採用面接官であれば

 

体調不良があろうが

家庭の事情があろうが

それに対して詳細に聞き取って

「こちらがどれだけ配慮が可能なのか?」ということを検討します

 

これが普通です

 

ただし中には

「人手がすぐ欲しい!」

それが念頭にあって

詳細を聞かずに話を進めてしまう事業所もあります

 

そして入社して

雇用側とトラブルになることもあります

まとめ

基本的に

体調不良や家庭都合の場合の退職は

その状況が改善して働いたほうがよろしいかとは思います

 

ただし

「生活のために働きたい」という理由もあります

 

その場合は

妥協できるところは妥協しましょう

 

内定を取りたいがために

「できないこと」を「できる」と述べると

採用後にトラブルになる可能性もあります

 

雇用側も従業員側も

お互いに仕事ができない可能性もあります

 

採用面接は

「交渉する場にする」と良いでしょう

Copyright © 2022 fugaku29