福祉の仕事で転職に成功し年収アップを確実にする方法

介護や福祉の仕事は楽しくてやりがいがあるものです!

【今すぐ】『理想の職場』を見つけたい方へ

社会福祉士はやりがいあり!個人にも地域にも幸せを招く仕事です!

社会福祉士のやりがいは、個人と地域に幸せを招く仕事!役に立たない?とんでもない!

社会福祉士は非常に幅広い職種です。

この一つの資格だけで、様々な業界の中で活躍できると言っても過言ではありません。

 

「困っている人たちの力になる」

 

本来の福祉的な仕事の意味を考えると、社会福祉士は非常に対象者が多いということになります。

 

今回は「社会福祉士のやりがいについて」をテーマにお伝えしたいと思います。

 

今回のテーマには下記の記事もオススメです♪★社会福祉士がつらいと感じる原因は明確だった!

★社会福祉士の給料と実態について経験談から解説!

 

こんな方にオススメ♪

・社会福祉士を目指している方へ

・社会福祉士資格を取得された方へ

・スキルアップを考えている方へ

・社会福祉士を活用して転職をお考えの方へ

 

 

結論

・社会福祉士は取得後「何をするか」が重要

・発想が武器になる仕事

・解決策を考えるための常に自己研鑽が必要

・社会の「困った」に福祉的なアプローチする仕事

 

社会福祉士のやりがいのある仕事について

社会福祉士がどんな役割を持っている資格なのかというのは様々なサイトで解説されていますのでここでは割愛したいと思います。

 

社会福祉士を取得して実際に福祉サービスの現場で働く人材もいますし、行政管轄の機関で働いている人材も多いです。

 

社会福祉士というのは国家資格ですが、人気がある資格でもありますので、かなりの福祉専門職の人が持っている資格でもあります。

 

社会福祉士資格を持っているだけで得をするということも多いです。

しかし、実際には持っているだけでは、うまく活用できていないという状況もあります。

 

社会福祉士をうまく活用できない職場も多いです。

 

社会福祉士という仕事は、現場で直接的に仕事することではなく、間接的・関連的な支援が多くなります。

社会福祉士が間接的に支援することにより、直接的な支援に結びつくことができます。

 

高齢福祉サービスのケアマネージャーや、障害福祉サービスのサービス管理責任者なども似たような業務をしますが、根本的に福祉制度について深い知識を持っているのが社会福祉士と言えます。

 

社会福祉士は取得後「何をするか」がやりがいのある仕事のために重要

「社会福祉士の資格は役に立たない!」と聞いたことがある人は、それは全く違います。

 

活用できるような職場であれば、社会福祉士はとても有効な資格です。

 

社会福祉士の資格を持って活躍している人材もたくさんいますし、とんでもなく優秀な能力で第一線で活躍している人たちもたくさんいます。

 

社会福祉士は対人援助職もありますが、福祉制度に長けているということも特徴ですので、経営者や管理者クラスの人たちが社会福祉士を持っていることも多いです。

 

社会福祉士は、社会福祉に特化した資格ではありますが、「仕事の幅がものすごく広い」ために社会福祉士資格を有しているからといって、その職に見合う能力が保障されているわけではありません。

 

もちろん「社会福祉士資格取得者」が福祉制度に一定の知識があることは間違いありませんが、社会福祉士の仕事を体現をするために社会福祉士を取ってから、「何をするか」というのがとても重要なのです。

 

社会福祉士は三福祉士のひとつ

 

福祉の中では比較的主流となっている近くの一つでもあります。

・介護福祉士

・精神保健福祉士

・社会福祉士

上記の資格は三福祉士と言われます。

 

その中でも社会福祉士は、先程述べたように「とてもフィールドが広い仕事」になります。

 

つまり深く一本を深めていくという職人というよりかは、広い世界で仕事をしていく「ジェネラリスト的な仕事」になります。

 

地域で活躍する社会福祉士においては、ひとつの地域に困り事があったら、それをどう解決するかということで、様々な人達と直接協議をしたり、または、新しいサービスを開発したりとそういった途方もない大きなプロジェクトを掲げたりします。

 

社会福祉士の仕事のやりがいは「幅が広い」こと

地域で活躍して、実力をつけた社会福祉士は経営に乗り出したり 、独立して新たなサービスを創る人材もいます。

 

後見人がいない人に、成年後見制度のうち任意後見制度を利用してもらい、社会福祉がその人の後見人になると仕事もかなり多くなっています。

 

後見人になることは、その人の意思決定の代理をすることになりますので、後見人に指定されている資格は限定されています。

 

弁護士もそのうちの一つですが、それくらい社会的信用がある資格でもあります。

 

社会福祉士の仕事をまともに行なっていくと、豊富な人脈を作ることができます。

 

福祉の仕事だけではなくて、例えば建築・銀行業・電気水道などのインフラを生業とする方、 医療福祉以外の業種の方と知り合えることができ、協力してもらうこともあります。

人脈が社会福祉士の武器ともいえます。

 

社会福祉士の仕事は公務員が人気ですが、福祉職の公務員に関しては、生活保護等を担当するケースワーカーで社会福祉士は活躍することが多く、そこでも幅広い人脈づくりを行っていく必要があります。

 

社会福祉士の仕事のやりがいは「対人援助」だけではない!

民間の社会福祉士は高齢者施設では生活相談員とか言われたりすることが多いかと思います。

 

病院では医療ソーシャルワーカーとして地域連携室など呼ばれているで仕事する方が多いです。

 

その人たちが地域でどう暮らしていくかということをも相談に乗るような立場になります。

その人たちの社会復帰を考える重要な役割を担っています。

 

個人個人に焦点を当てた対人援助を提供する大事な仕事です。

 

社会福祉士の仕事のやりがいが「対人援助だけでない」とは?

病気やケガが治ったとしてもその人が健康的な生活に戻るためにはアフターフォローが必要です。

その時に、社会福祉士は大活躍します。

 

社会福祉士のアフターフォローによって、もとの「生活」が戻り、本当の意味で健康を取り戻すことや、それに近い事も可能になります。

 

病気や怪我がない状態が健康というのではありません。

そのため生活環境の相談も受けたりします。

 

対人援助だけではなく、サービス開発に積極的な民間の職場は次々に新しいサービスを開発したりします。

その時にも、社会福祉士が本領を発揮します。

 

社会福祉士の豊富な人脈を活かし、様々な人達に依頼したり頼られたりアイデアを出し、何がその地域にとって最適なサービスかということを考えます。

これは相当にクリエイティブな仕事になります。

 

社会福祉士のやりがいは「社会の困った」に福祉的なアプローチする仕事だから

困った時に助け合える社会にしていくためには社会福祉士の活躍が必要になってきます。

 

「超高齢社会」

「日本は貧困層が増大している」

福祉危機とも言われます。

 

生きていくこと生活していくことに困っていく方はどんどん増えています。

社会福祉士の役割がいかに重要かお分かりになっていると思います。

 

社会福祉士のやりがいは、その世の中が期待している役割を達成していくことです。

地域の力を福祉的な面で底上げすることになります。

このような取り組みは、日本の地域を元気にするプロジェクトにつながっていきます。

 

人々の協力を経て地域の力が向上していくことを感じたとき、社会福祉士はやりがいを感じるのです。

 

まとめ:社会福祉士はやりがいあり!個人にも地域にも幸せを招く仕事

社会福祉士は、色々なことに精通してないと困難なことはもちろん、福祉制度に知見がないと仕事として成立しません。

 

かなり難しい仕事になることが多いですが、新しい仕事を創り出したり対象者に対して最も良いサポートができた時、最高のやりがいや達成感を味わえると思います。

 

ただし、そのためには「幅が広い」ので、常に勉強して知識を蓄えないといけません。

「いろんなことが知りたい!」と知識に貪欲な人ほど向いていると思います

 

マーケティングやコンサルタントをすることもあります。

 

相談支援技術として、個人にケースワークをしていくこともありますが、今現在の社会福祉士に期待される大きな役割は「地域の活力を高めること」です。

 

「地域の活力を高める」ことは、経済的なものだけではなく、福祉的・医療福祉的なものも関わってきます。

 

それが福祉の仕事として、世の中が求めているものです。

 

社会福祉士の資格を有効活用できる職場に勤めることができれば、社会福祉士としてのやりがいを存分に感じながら働くことができると思います。

 

ぜひ下記を参考にしていただいて、福祉の仕事が楽しいと感じてもらえればと思います。

運命は必ず良い方向に変わります♪

参考になれば幸いです。