福祉の仕事で転職に成功し年収アップを確実にする方法

福祉の仕事は楽しくてやりがいがあるものです!

介護だけではない!数え切れないほどの福祉の仕事の種類

福祉の仕事は種類がたくさんあります・・・

 

福祉の仕事は「飴は飴でも種類はたくさん!」

たくさんの仕事があります

きっと「合う仕事」があるはずです!

高齢者の介護だけではない

福祉の仕事というのは高齢者の介護だけではありません

福祉を必要とされる方すべてが対象ですので

多岐にわたります

 

 

主にメディアで話題になるものは

高齢者の介護

障がいのある方の支援

児童の保護・養育・療育

生活困難者の支援・保護

などでしょうか

 

実際にはもっとたくさんの

分野があります

今回はその中でも

児童・障がいのある方へのサポートのお話を簡単にします

 

小さなステップ

小さな成長を見ることがあります

 

障がいのある方をサポートする仕事は

例えば

身体障がいのある方に対して

介護ケアを行うこと

知的障害や精神障害のある方に

社会活動・参加への支援や

社会的な復帰訓練を提供する等

様々にあります

 

また

児童をサポートする仕事は

児童に関しては

保護的な部分だけでなく

発達の遅れへの相談

もしくは

機能の向上などを訓練リハビリ療育したりします

 

具体的なサポートの例

障がいのある方へのサポートという状況は

大きく変化するということはあまりありません

 

長い時間リハビリを行ったり

または

長い時間訓練の中で改善したりします

 

サポートする側が知恵を出し工夫を凝らして

生活の困難さが緩和することだってあります

 

知的障がいのある方にとっては

我々が文字として覚えている

「あ・い・う・え・お」

この意味が20年経ってもなかなかうまく理解できない

ただし書くことだけはできるという方だっているのです

 

知的障がいがあっても

社会に貢献できるように機会を提供する

生活が自立できるように支援を提供する

障がいのある方にとっては

生きるために必要な方々です

 

知的な障がいはなくても

発達に困っているこどもたちもいます

こだわりが強すぎて

社会での生活に支障をきたしている方もいらっしゃいます

 

このこだわりが強いというの

我々の一般常識でいう頑固的なものではなくて

異常な関心を示したり極端だったりします

程度にもよりますけども

対人関係の苦手さが顕著に現れ

保育園や学校生活が非常に厳しいという状況もあります

 

 

児童に関しては

成長期のうちに早くから療育活動に取り組むことにより

困り感を緩和できる可能性は大きいです

 

人の成長

人はいつまでも成長するということは可能です

例えば

パソコンなど無縁だった70歳の方が

「今からパソコンを覚える!」と

意気込んでパソコンを買ってきて勉強する

 

そしてパソコンという機械を使いこなす

そんなことだって可能です

 

障がいのある方でも

これは十分に言えます

特に知的障がいのある方は

「覚える」という部分に苦手意識というのはあるのかもしれませんが

時間をかけてゆっくりと覚えていくことは可能なのです

 

サポートする職員は?

障がいのある方々を

サポートする職員は

その人の障がい特性・個性というのを考えながら

最善の支援方法というのを考えていきます

 

その人の生きづらさというのを理解しながら

支援していくものですから

長く付き合っていく必要があります

 

その長く付き合っていく過程で

信頼関係というのが形成されます

 

ゆっくりなペースで

障がいのない人達も

自立できることが

増えていきます

 

福祉で働く人材は

福祉が嫌になったら

辞めることができます

 

ただし障がいのある方は

「障がい」を

辞めたいと思っても辞めれないのです

寄り添って一緒に考える

そう考えると

その「生きづらさに寄り添って一緒に考える」

 

その人に

とっての人生の最大の味方は

サポートをする職員なのかもしれません

 

劇的に変わるということは少ないですが

その小さなステップを大切に

またはその障がいのある方の支えとして

支援していくことが楽しいと感じることができるのであれば

それはやりがいにつながっていきます

 

Copyright © 2022 fugaku29