福祉の仕事で転職に成功し年収アップを確実にする方法

福祉の仕事は楽しくてやりがいがあるものです!

介護や福祉の転職活動は退職を決意した後の行動で差が出る!

決めたら行動!

 

福祉の仕事がつらい部分があることは

このブログだけでなく

いろいろな所で福祉の仕事が「つらい」情報が流れています

 

全部の福祉の仕事が「つらい」わけではありませんが

「退職」を決意をしたのであれば

次は「楽しい職場をみつけるため」に行動するべきです

 

退職はしたくなかったけども

家庭の事情で退職された方も

次も楽しい職場をみつけるための行動が必要です

 

今回はそれにつながるお話をお伝えします

 

退職を決意したあとの行動

退職を決意したあとにしなければならないことがあります

それは「退職届け」「辞表」を提出することではありませんよ!

 

上司に退職を切り出すことでもありません!

 

上司に相談することは必要でしょう

しかしそれは「退職を決意する前」です

 

退職の決断に至るまえに

相談して「自分が困っていること」についての

改善を考えてもらうことがよいかと思います

 

すぐに転職活動!

以前記事に書きましたが


 

welfare-industry.com

 

これに沿って退職を決意されたのであれば(家庭事情等は除く)

「退職前に転職先を決める!」という行動になります

 

転職をしようと決意しても

すぐ次の仕事に移ることが出来なければ

「貯蓄を減らして生活してしまう」ことになりかねません

 

ですので

退職を決めた後は辞表出す前に

「転職活動」をした方が賢明だとおもいます

 

転職活動について

次の転職先の「探し方」について明確にしておいた方がよいです

 

あなたが転職先に求めることは何でしょうか?

  • 年収を上げることでしょうか?
  • 良好な人間関係でしょうか?
  • 休みが取れるということでしょうか?

 

様々な条件を職場に求めることというのはあるかもしれませんが

全てが揃った職場を見つけるということはかなり難しいです

 

もう一度いいます

全て自分の要望通りの職場を見つけることは至難の業ですよ

 

具体的にすること

何が自分にとって重要で絶対に外せない条件なのか?

いくつか書き出しておくことが必要になります

 

絶対に外せないことを3つぐらい書き出すとよいです

 

例えば

  • 年収は今より上げたい
  • 自宅から通勤30分圏内がいい
  • 新規事業がいい
  • これぐらいが条件でしょうか
  • 他にも綺麗なオフィスがいい
  • 年齢層が若い方がいい
  • 車通勤可能なところがいい
  • ・・・etc

いろいろ自分で条件を出してみて

その中から3つ絞りましょう

 

自分の条件や欲望をどんどん重ねてしまうと

選べるところが少なくなってしまいます

 

妥協した選び方は

入社したとしても納得感がない状態からのスタートになりやすいです

 

自分の条件が3つとも合致したとしても

必ず良い職場だということはありません

 

転職先の選び方で重要なのは

「自分の外せない条件が合致していて

なおかつ自分が合わせられる」ことがポイントです

 

条件を絞る理由

働いてみないとわかりません

働いてみてわかることはたくさんあります

 

例えば

「人間関係は良好ですよ!」とその職場でPRされて

それが事実だとして

「自分にとって良い人間関係である」とは限らないからです

 

だからこそ

自分が転職先を選ぶにあたって

「条件を絞る」ことは必要な工程になります

 

もう一度言いますが

3つぐらいでいいと思います

3つ以上は選択の幅を狭めてしまう可能性があります

 

3つはどうしても外せない条件を明確にしましょう

 

 

情報集めをしよう!

そこから情報集めに入りますが

情報集めを個人で行うというのは限界があります

 

もちろんできないこともありませんが

業界に精通している方の

知識を借りた方が転職成功はしやすいと思います

 

楽な方法として「縁故」での転職活動をされる方がいます

実際に福祉の仕事は縁故採用も多いです

その関係があるがゆえに

トラブルが起きることもあります

 

私生活にまで影響が出る可能性があるので

「縁故採用は不義理にならない事」を覚悟して決めましょう

 

当ブログでも紹介はしていますが

福祉業界をフィールドにした

民間の職場紹介会社に頼ることは

情報を収集する上で強力な武器になります

 

 

民間の職場紹介会社は

求職者側からの要望も応えなければいけない上に

雇用側から合わない人材を紹介された場合はクレームになりかねません

ですのでかなり手厚く転職をサポートしてくれます

 

ここで先に抽出した

3つの絶対に外せない条件を

コンサルタントなどに伝えれば力になってくれるだろうと思います

 

そこからは具体的に

転職の準備をしなければなりません

 

その部分は随時書いていきますね♪

welfare-industry.com

 

決まったら

そして見事内定が決まり

その転職先へ働く日にちを決まったら

職場にそのことを報告し

「退職」にされた方がいいかなと思います

 

ここで注意点があります

 

現在働いている職場の規則を確認し

「いつまでに退職の申し出をすればいいのか」

絶対に確認されたほうがいいと思います

 

いきなりの退職の申し出は

今の職場も困ると思います

 

何より不義理になると

「キャリアにネガティブな点がついてしまう」ことになりかねません

 

その点は注意した方がいいですよ

Copyright © 2022 fugaku29