福祉の仕事で転職に成功し年収アップを確実にする方法

介護や福祉の仕事は楽しくてやりがいがあるものです!

【今すぐ】『理想の職場』を見つけたい方へ

50代未経験の転職が介護・福祉の仕事では心配ない理由

50代未経験でも介護・福祉職への転職はそれほど難しくない!

「50代で転職を最後にしたい!」

「50代で転職は年齢的には不安だ」

一般的には、50代の転職は「未経験」であれば「非常に厳しい」という実情があります。

理由としては、キャリアを積んできた業界とは違い、未経験の領域に飛び込む年齢ではないことが理由です。

介護や福祉の仕事をするには、常に研鑽をしていかないといけません。

簡単なことではないのです。

本来「介護」は簡単なものではありません。

よく一般の方がイメージされるのは介護ではなくて「介助」です。

未経験で、なおかつ50代となれば、キャリアを今から積んでいこうとしてもなかなか厳しいものがあります。

ただし、介護・福祉業界への転職を心配する必要はありません。

50代は50代なりの転職の強みがあります。

今回は介護・福祉業界における「50代の転職」をテーマにしてお伝えします。

今回のテーマには下記の記事もオススメです♪

 

こんな方にオススメ♪
・50代で介護や福祉の仕事に飛び込んでみようと思っている方へ

 

結論

・学ぶ姿勢を見せよう!

・自分の強みを明確にしていれば未経験でも心配ない!

・待遇については妥協点をみつけるべき!

・セカンドライフでも組織貢献の視点を忘れずに!

50代未経験の転職の介護・福祉職の実態

50代といえば一般的には社会人として「成熟した年代」になります。

つまり、今まで培ってきたキャリアを若い人材に引き継ぐということが必要になってくると思います。

しかし、ここで転職を決意し未経験の分野に飛び込み挑戦することは、「人生の選択肢としてはアリ」です。

新しいことに挑戦しながら、社会貢献をしていくことは人生を豊かにします。

ただし現実問題として50代という年齢的なもので「転職活動が難しいんではないか?」と考える方もいらっしゃいます。

「年齢を気にする職場もある」とは思いますが、大事なことは培ってきたキャリアを活かせることです。

50代未経験の転職:学ぶ姿勢を見せましょう

たとえ転職理由が、セカンドライフでも組織への貢献を忘れずにしましょう。

50代といえば「自身のキャリアや経験がどう生かせるのか?」を考えるべきです。

そのために自己分析はしっかりしておくほうがよろしいかと思います。

どんな理由や事情があれ未経験であれば学ぶ姿勢が大切です。

学ぶ姿勢を見せることが必要です。

例えば、介護や福祉の業界は、人手不足なので50代の方でも転職できる可能性は高いと思います。

ただし介護や福祉業界で働く人たちはプロです。

簡単ではない仕事をアイデアと工夫で日々行なっています。

未経験の方が実際に現場に入ると、いかに難しい仕事をやっているのか。

改めて理解できるはずです。

ですので、介護の仕事が「簡単な仕事である」と思わずに、学ぶ姿勢を見せることが必要です。

可能であれば未経験でも、資格取得にチャレンジするとよろしいかと思います。

未経験の方が取得しやすい資格として介護職員初任者研修があります。

介護職員初任者研修を受けておけば印象もいいはずです。

面接で「資料請求して資格をとる準備をしています」というだけでも印象は良いです。

 

50代未経験の転職:自分の強みを明確化しよう

培ってきたキャリアがあるはずです。

それが現場で役に立つことができれば、未経験だとしても職場の中で自分の立ち位置を確保しやすくなります。

50代は体力や将来性よりも「今持っている強みを活かすべき」です。

例えば、前職で人事の仕事に長年携わってきた方は、「人事関係に強い」という強みがあります。

労務関係の仕事も任せられるはずです。

つまり現場での介護や介助を行う「プラス」他のスキルがあれば、雇うメリットが事業所側にできるのです。

未経験を前面に出すのではなく、「未経験でも自分の強みはこうだ!」「培ってきたキャリアはこうだ!」と自信を見せることが良いと思います。

ただし、自分の強みがあっても、介護・福祉業界は初心者となります。

「学ぶ姿勢」や「顕著な気持ち」は持ち続けてください。

プライドがありすぎても、人間関係が難しくなります。

人間関係が難しくなってくると組織にとって、貢献することが難しいという人材で評価されてしまうと、いくら良い職場でも馴染むことが難しくなってきます。

50代未経験の転職:待遇については妥協すべき

前職で長年頑張ってこられた方は、それなりに待遇も保障されていたと思います。

50代からの転職は、未経験であれば待遇に関しては「初任給から様子を見る」ことになるでしょう。

また、正社員でなく正社員以外の雇用形態での提案をされるかもしれません。

前職を考慮した給与に関しては難しいかもしれませんが、正規雇用に関しては「熱意」や「培ってきたキャリア」が役に立つことをきちんと PR でき評価されれば、正規雇用はそれほど難しくないかもしれません。

同一賃金・同一労働が2020年4月より施行されました。

そのため仕事を任せていくということになれば、正規雇用にしていく必要が事業所側にあります。

有期雇用やアルバイト・パートの方が正規職員並の仕事をしていた場合、待遇に反映させる必要があります。

よって、組織に貢献できる人材と評価されれば正規職員も可能です。

 

50代といえば「まだ生活費がかかる」という実情から、「待遇がなるべく良い職場」を求めることになりがちですが、待遇ばかりに目が行くと、継続勤務をすることが難しくなって結果的に、経済的に豊かにならないということもあります。

50代から転職活動をさらに続けることは、体力的にも「きつく」なってくると思います。チャンスは一般的には減っていく傾向にあります。

ですので、50代で未経験で介護職・福祉職を目指されるのであれば、「一発で良い職場を見つけるぐらいの気持ち」で転職活動する必要があります。

50代未経験の転職:組織に貢献することを忘れずに。

早期退職などをした場合や、それほど働かなくても経済的に自立できている場合、「責任を持たずに働きたい」との思いで介護や福祉の仕事をされる方がおられます。

もちろん構いませんが、組織に所属していることを念頭において採用面接の時にPRしていきましょう。

採用面接官に、「責任感なく働かれる可能性あり」と思われると、内定を出されることが難しくなります。

その「施設の方針」というものがあります。

その方針に従うことが大前提になります。

いくら第一線を退いた「セカンドライフ的な意味合いで仕事をしたい」という理由でも責任感を持って働くべきです。

「少し働くペースを落として、組織に貢献していきたい。」と申し出れば、悪い印象を与えず理解してもらえるはずです。

まとめ:50代未経験の転職が介護・福祉の仕事では心配ない理由

50代の未経験者の転職は、介護・福祉業界においては全く心配する必要がないと思います。

ただし事業所によっては、教育体制が整っていない状況で未経験の方も現場で働くことがあります。

50代での転職のチャンスは、それほど多いわけではありません。

ですので、「一発で良い職場を見つけられるように十分な準備をしていく必要」があります。

キャリアを積んできた人は、それを活かせるように PR していくといいでしょう。

介護職や福祉職をしながら、今まで重ねてきたキャリアを活用し待遇を向上している人もたくさんいらっしゃいます 。

ですので、きちんと転職先を吟味をすることが重要です。

転職先についての選び方は、当ブログでも様々なことが書いてありますので、ご活用下さい。

介護・福祉の業界は常に多くの求人票があります。

その中から「理想の職場」「ホワイトな職場」を見つけることは至難の技です。

下記のノウハウで「理想の職場」を探すことが、『驚くほど簡単』になります。

運命は必ず良い方向に変わります♪

ご参考になれば幸いです。