福祉の仕事で転職に成功し年収アップを確実にする方法

福祉の仕事は楽しくてやりがいがあるものです!

こどもに寂しい想いをさせたくない! 保育士の絶対的な活躍!

保育所だけではありません!保育士は児童福祉分野で大活躍です!

 

介護・福祉の仕事を語る上で、「児童福祉分野」も大切な仕事です。

児童福祉分野では、「子どもに関わる福祉を対象」として仕事をしていきます。

児童福祉分野の仕事も多岐にわたっています。

 

児童に携わる資格として、真っ先にイメージする資格に「保育士」があります。

 

今回は、多岐にわたる児童福祉分野でも、主力で大活躍している保育士の実態についてお伝えします。

 

こんな方にオススメ♪

・児童福祉分野で転職を希望の方へ

・保育士資格をお持ちの方へ

・児童福祉分野を知りたい方へ

 

 

結論

・こどもの成長を身近で支える仕事

・保護者との関係も大事

・運営主体によって待遇もかわる

・保育士は保育所以外も「ねらい目」

 

保育士が活躍する児童福祉分野の実態

 

保育士の業種は福祉サービスの一部とされています。

「保育園/保育所」も「第2種社会福祉事業」になります。

(以降、保育所と表記します)

 

保育所も基本的には、一緒のサービスに違いがあるわけではありません。

保育所で働く保育士はそのまま「保育士」と呼ばれます。

 

保育所以外の、児童福祉施設で働く保育士を「施設保育士」呼びます。

児童福祉全般に関しては、下記の記事で詳細に説明していますので、併せて読んでいただければと思います。

 

 

保育士として現在お勤めの方は、「間近で子どもたちの成長や、保育の過程を楽しみながら働いている」と思います。

 

保育士の大きな「やりがい」は、やはり「子どもの成長」ということになると思います。

「子どもたちの成長を、その保護者と一緒に共有していくこと」が必要になっていきます。

ですので、子どもを対象とするだけではなく、保護者との信頼関係を作っていくことが必要になります。

 

こどもの成長を身近で支える仕事

子どもの成長を身近で感じるということは、子どもと常に接するということになっています。

 

ですので、子どもと信頼関係をつくり、子どもから特別な存在になることが必要になってきます。

 

子どもは色々な刺激を受けて成長していきます。

そのため、保育士が提供する刺激は、非常にその子の将来にとって影響をしやすいということが挙げられます。

 

現場の保育士は、そのようなことを自覚していますので「子どもの将来を考えた責任ある仕事」と言えます。

 

保護者との関係も大事

 

保護者との信頼関係も築いていかなければなりません。

保育所の仕事で「保護者との対応は大変である」というイメージがあるかもしれません。

 

基本的に保育所でもチームプレーとして仕事を行っていきます。

 

もちろん担任もありますので、担任を中心ということはありえますが、それをサポートする他の保育士・上司など組織全体で考える職場が多いです。

 

ですので、あまり保護者との関係を難しく考える必要はないかと思います。

それよりも、信頼関係がうまくなってきたら、保護者の方から「保育の相談」であったり「アドバイスを求める」ということが多くなってくると思います。

 

つまり、保護者から感謝されることも多くあり、それがやりがいにつながることも「たくさんある」と思います。

 

施設保育士になってくると、 児童養護施設は事情があって保護者と一緒に暮らしていない児童がいます。

そのため、その子ども達が成人するまで、保護者の代わりとしても、対応していく必要があります。

 

運営主体によって待遇もかわる

経営母体が「行政」ではなくて、民間であったら薄給激務という状態にはなりやすいようです。

経営母体が、行政=公立であれば、福利厚生や待遇面に関しては、それに準じていることが多いです。

比較的、福祉分野では「待遇面」では恵まれている傾向にあります。

 

そのため、経営母体が行政であるということを条件に、採用活動をする保育士は多いと思うのですが、メリットとデメリットがあります。

 

運営主体が「行政」「民間」の違い メリット

簡単に言うとメリットは待遇面です。

サービス残業になることは、比較的少ないと思われます。

 

離職率も、比較的落ち着いている職場であれば、ノウハウが溜まっていることも多いと思います。

 

そのため「業務研鑽をしやすい」といえます。

保育士という業務の性質上、女性が活躍しやすいともいえます。

 

ですので「女性ならではの人生イベント」つまり、結婚や出産育児などの長期の休業も公立であれば取りやすいと言えると思います。

 

民間でいえば「経営方針のあり方」でだいぶ変わってきます。

行政と比べて待遇面が悪くなる傾向にはあるのですが、遜色ないぐらい「待遇が充実している」もしくは「それ以上である」こともありえます。

 

行政管轄である「公立」等では、自由度があまりありませんが、民間では経営方針に合わせて自由な保育ができます。

 

運営主体が「行政」であるデメリット

デメリットに関して言えば、年功序列が強く残っているということです。

そして、職場自体が「縦社会」が多いです。

 

組織の規律上、上司の決定に従うことが基本にあります。

 

民間であれば、職場風土が「年功序列」であっても「意見を発言する」ことは、平等にあることが多いのです。

 

民間の施設であれば、「経営」が中心として考えられますが、行政の施設である場合は「責任と規律」で判断されることが多いです。

 

「合う・合わない」があると思います。

 

保育士は保育所以外も「ねらい目」

保育士が活躍する場として、保育所が主な活躍の場所でしたが、現在の児童福祉分野の動向では、「発達障害に対するサポート」もしくは「療育をする」という観点で福祉サービスを提供する事業所が多くなっています。

 

「子どもの発達に困り感がある方」もしくは「子どもの発達が気がかりの方」が児童福祉施設を利用するという事になります。

 

児童福祉分野の中でも、療育活動がサービスになってきます。

 

保育の専門家が「療育活動」と考えると、イメージが湧かないかもしれませんが、保育士だけではなく、看護師やリハビリの専門家・他にも心理の専門家など、様々な専門職と協力しながら療育活動を行っています。

 

ですので、勉強になることは多いと思います。

 

子どもの発達を支援するだけではなく、その保護者に対してもアドバイス指導を行なっていきます。

 

まとめ

児童福祉分野で保育士の資格を活かそうとすると、主力の資格になりますので、活躍は非常にしやすいと思います。

 

非常にやりがいのある仕事である反面、大変な部分ももちろんあります。

 

大変な部分をなるべく少なくし、責任を分かち合って、チームプレーを遵守する「働きやすい職場」を見つけると、「保育士の仕事が楽しい」と感じやすくなります。

 

そのような職場を是非見つけることです。

 

ブラックな職場であれば、大変な仕事だけになる可能性もあります。

 

★【共通】保育士のブラックな職場!5つの特徴【児童福祉分野】

 

子どもの保育だけではなく、こどもの安全も考えなければなりません。

安心して働ける場所を見つけましょう。

 

そのような職場を見つけやすくするために、無料でエージェントをつけることをお勧めします。

 

保育士を求めている職場はたくさんあります。

 

その中からホワイトな職場を見つけるのは非常に大変です。

「あわなかったら、すぐ退職すればいい」というわけでもありません。

 

それでは後々後悔することにもなります。

そのようなことにならないために是非おすすめです!

 

運命は必ず良い方向に変わります♪★【限定】介護や福祉の仕事で幸せな未来をつかもう!

 

また、いい職場が見つけられたら合わせて下記の記事も参考いただくとよろしいかと思います。

 

 

ご参考になれば幸いです。

Copyright © 2022 fugaku29