福祉の仕事で転職に成功し年収アップを確実にする方法

福祉の仕事は楽しくてやりがいがあるものです!

介護や福祉の職場で円満退職するための2つのポイント

円満退職をすると次のスタートにも良い影響がありますよ!

 

退職するときに、「円満に退職したい!」それは普通の考えです。

 

せっかく人生の中で、「一緒に働くことになった職場」です。

できれば、「ケンカ別れ」しないで円満に別れたいものです。

 

今回は

「介護や福祉の職場で円満退職するための2つのポイント」をお伝えしたいと思います。

 

 

結論
  • 職場の不満や不安を理由にしない
  • 個人的なものを退職理由にする

 

円満退職になるための全体的な戦略

GOALは円満退職となりますが、大きなポイントは「引き止め交渉まで発展させない」ことです。

 

引き止め交渉をされると、それを断るという形になりますので、「決裂」になります。円満退職になりづらいということになります。

 

つまりは、引き止め交渉をされる前に、引き止めは無理だと思ってもらうことが必要になります。

 

上司にはこう伝えましょう

もし次の転職先が決まっているかどうかは、聞かれた時に嘘をつくのはやめたほうがよろしいと思います。

 

決まっている場合は、「決まってます」とはっきり言った方がいいです。

 

  • 「次はどんな仕事か?」
  • 「次の職場はどこだ?」

 

と聞かれた時には、それを答えるかどうかは、ご自身の判断でよろしいかと思います。

 

「転職先が決まっているか?」だけは、答えた方が宜しいかと思います。

 

理由として先に述べた通り、「引き止め交渉をしづらくさせる」ことが必要になってきます。

 

つまりは、転職先がもし決まっているのであれば、引き止め交渉は無理だと思ってもらうことができるのです。

 

POINT1 職場の不満や不安は言わない

職場に対する不満や不安で、退職に至ったとしても、それを上司に述べることは

印象が良くありませんので避けるべきです。

 

円満退職のために言わずに我慢しておくことが賢明です。

 

もし「対立」に発展してもよろしいのであれば、それは伝えてもいいとは思いますが

去ることを決意した職場にあなたの意見を反映させる道理はありません。

 

個人的なものを理由にしましょう。

 

POINT2 家庭事情や目標

家庭の事情であれば、どうしようもないこともあり得るので、「引き止め交渉がしづらい」と印象を抱かせることは可能です。

 

ただし、育児や介護休暇に関する制度を、取り入れているところであれば、まず「制度を利用して考えてみたら?」となると思いますので、家庭の事情に関しては言いづらい部分があります。

 

それよりも、個人的な目標として

  • 「こういことをやってみたい!」
  • 「こういう夢がある!」

そのような理由がよろしいかと思います。

 

例えば、「今は高齢者分野での仕事をしているが、知識を深めるために障害分野でも働いてみたい!」

こういった個人のキャリアに対する目標は、実際「引き止めづらい」のです。

 

その目標を、否定するような強引な引き止め交渉をせざるを得なくなります。

 

本人の目標を否定する方法を取るのであれば、そもそも「まともじゃない」可能性があります。

 

一般的な上司というのは、その目標に関して応援する立場に回ると思います。

 

まとめ

円満退職に関しては、「時期」も絡んできます。可能であれば、できるだけ繁忙期には

避けた方が宜しいかと思います。

 

ただし、介護や福祉のサービスでは、繁忙期という概念があまりなく年間を通じて忙しいこともあり得ます。

 

タイミング的には、年末や年度末前。

そこから就業規則に書いてある退職の申し出の時期を逆算すれば宜しいかと思います。

 

多くは「1ヶ月前に退職の申し出をしなければならない」としていると思います。

 

ですので、会計年度が4月から3月までのところは年末と年度末の一か月前。

つまり最低限のマナーとして11月か2月に申し出をすれば宜しいかと思います。

 

ご参考になれば幸いです。

Copyright © 2022 fugaku29